青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「Traces of Disappearance」 | main | 山下裕二&井浦新、日本美術応援団入団記念トークショー >>

「観音の里の祈りとくらし展」web特別内覧会

「観音の里の祈りとくらし展−びわ湖・長浜のホトケたち−」(東京藝術大学大学美術館)のweb特別内覧会を開催します。


http://kitabiwako.jp/kannon/

“観音の里”で守られてきた仏様18体が、東京に集結!奈良・平安時代から受け継がれる“湖北(滋賀県)の観音文化”を紹介する展覧会です。
「奧琵琶湖」と呼ばれる琵琶湖の北岸地域では、古くから多くの観音像がお寺やお堂に祀られ、とくに滋賀県長浜市には平安時代の作を中心にすぐれた観音像が集中しています。これらを生み出した古代寺院はすでに廃絶したものも多く、その後は地域の人々によって、大切に、ひそやかに現代まで守り継がれてきました。今回はこの「観音の里」から約20体のお像をお迎えし、信仰とともに生きる人々の祈りとくらしをご紹介いたします。


今回、一般公開に先駆けて、ブログ・フェイスブック・ツイッターで発信されている様向けweb特別内覧会を開催します。当日は、企画担当者による展示作品の解説に加え、撮影も自由に行っていただけます。(三脚・ストロボはNGです。)

【「観音の里の祈りとくらし展」web特別内覧会開催概要】

開催日:2014年3月20日(木)18時〜19時15分
※18時〜18時20分(予定) 長浜城歴史博物館 太田副館長による展覧会の解説
※その後、19時15分まで自由内覧会となります。

開催場所:東京藝術大学大学美術館 展示室2(東京都台東区上野12−8)

定員:30名(抽選で決定します。)

参加費:無料(会場までの交通費はご負担下さい。)

参加資格:美術展・文化・歴史等の情報をブログ・フェイスブック・ツイッターで発信されている方。

申込方法:kannon2014@tm-office.co.jp まで、
.屮蹈哀▲疋譽后↓▲侫Дぅ好屮奪アカウント、ツイッターアカウント( 銑のいずれか)と、連絡の取れるメールアドレス、お名前をご明記の上、メールをお送りください。

申込締切日:3月12日(水)

当選連絡:抽選の上、3月15日(土)までに、当選者のみ記載のメールアドレスにご連絡します。


観音の里の祈りとくらし展CM


観音の里の祈りとくらし展−びわ湖・長浜のホトケたち−

会期: 2014年3月21日(金・祝)- 4月13日(日)
午前10時 - 午後5時 (入館は午後4時30分まで)
ただし、4月11日(金)は午後8時まで開館(入館は午後7時30分まで)
休館日: 毎週月曜日
会場: 東京藝術大学大学美術館 展示室2
http://www.geidai.ac.jp/museum/
後援: 総務省、滋賀県
助成: 藝大フレンズ賛助金助成事業

【関連事業】
・ギャラリートーク 担当学芸員によるギャラリートークを行います(各回20分程度)。
日時:3月29日(土)、4月5日(土)、4月12日(土)・・・午後2時開始
    4月11日(金)・・・午後6時開始

・滝田 栄氏(俳優・仏師)講演会
日時:4月6日(日)午後2時開始

会場:東京藝術大学美術学部 中央棟1階 第1講義室
定員:150名
※講演会の参加は無料ですが、本展の観覧券(半券可)が必要となります。
 当日、美術館受付にて午後1時より入場整理券を配布します。

「藝大コレクション展―春の名品選―」を同時開催。

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3540

JUGEMテーマ:アート・デザイン


お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/3540
この記事に対するトラックバック