青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「観音の里の祈りとくらし展」 | main | Bunkamura「オープン!ヴィレッジ」4月開講! >>

緊急開催決定!「バルテュス最後の写真 −密室の対話」展

三菱一号館美術館にて、2014年6月7日(土)〜9月7日(日)まで、写真展「バルテュス最後の写真−密室の対話」が開催されることとなりました。

ピカソをして「20世紀最後の巨匠」と言わしめた画家バルテュス。彼は、最晩年に手の自由がきかなくなると、鉛筆をポラロイドに持ち替え、デッサンに代えてモデルを撮影するようになりました。

バルテュスが撮影したポラロイド写真を日本で初めて公開し、遺作を描く為に撮影した写真を含む約150点により、バルテュスの静謐で謎めいた創造の秘密に迫る写真展です。


BALTHUS
Untitled, c. 1999–2000
Color Polaroid
4 x 4 inches (10.2 x 10.2 cm)
© Harumi Klossowska de Rola

出展作品の中にはバルテュスが、遺作を描くために撮影した写真も含まれているそうです。

生前バルテュスが“赤レンガの美術館”で自分の展覧会を開催することを希望し、東京ステーションギャラリーで開催された「バルテュス展」(1993年)から20年の歳月を経て、今度は三菱一号館美術館で開催されることに。

個人的にも非常に興味関心のある写真展です。

「バルテュス最後の写真 −密室の対話」展開催概要
The Last Studies ; Balthus in Tokyo

会場:三菱一号館美術館 歴史資料室 (東京都千代田区丸の内2-6-2)
会期:2014年6月7日(土)〜9月7日(日)
休館日:6月13日(金)のみ
営業時間:10:00〜18:00(金曜は20:00 まで)
主催:三菱一号館美術館(東京・丸の内)
入館料:500円(税込)


東京都美術館での「バルテュス展」、三菱一号館美術館での「ヴァロットン展」と会期が重なります。(不思議なことに二人ともスイスにゆかりのある画家です。)


「バルテュス展」http://balthus2014.jp/
Balthus: A Retrospective
会期:2014年4月19日(土) 〜 6月22日(日)
東京都美術館

お得な「バルテュスW相互割引」を実施。

下記の入館券半券をお持ち頂くとそれぞれの入館料が100円引きとなるお得なW相互割引を実施します。同時期に開催される3つの展覧会を併せてお楽しみください。

1.「バルテュス」展 ⇔「バルテュス最後の写真」展 100円引き
【バルテュス展会期】
東京都美術館:2014年4月19日(土)〜6月22日(日)
京都市美術館:2014年7月5日(土)〜9月7日(日)

2.「ヴァロットン」展 ⇔「バルテュス最後の写真」展 100円引き
【ヴァロットン ー冷たい炎の画家展会期】
三菱一号館美術館:2014年6月14日(土)〜9月23日(火・祝)

※持参されたご本人のみ、他の展覧会それぞれ1 回限り割引の対象となります。
※他の割引との併用不可


「フェリックス・ヴァロットン−冷たい炎の画家」
会期:2014年6月14日(土)〜2014年9月23日(火・祝)
http://mimt.jp/vallotton/
三菱一号館美術館



Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3551

JUGEMテーマ:アート・デザイン


会田誠,平野啓一郎,松井冬子,スタニスラス・クロソウスキー・ド・ローラ,春美・クロソフスカ・ド・ローラ
青土社
(2014-03-27)

お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック