青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「ティム・バートンの世界展」開催! | main | 『かわいい琳派』 >>

「ぐるっとパス」に“ぐるっとパスナビ”が誕生!

1冊2,000円で都内78の美術館や博物館などの入場券または割引券がつづられた便利でお得なチケットブック「東京・ミュージアム ぐるっとパス2014

今更ご紹介するまでもなく、都内の美術館・博物館を巡る人なら必ず持っている超お得な一冊が「ぐるっとパス」です。今年も勿論使っています。


「ぐるっとパス」公式サイト:
http://www.rekibun.or.jp/grutto/

年度により若干の変更はありますが、都内78の美術館や博物など入場券または割引がつづられた1冊2,000円の便利でお得なチケットブック「ぐるっとパス」。(消費税率が上がっても決して便乗値上げしないのが嬉しいですよね!)

例えば1泊2日の予定で都内のミュージアム巡りを予定している方でも、2000円ですから十分元が取れちゃいます。また有効期限は2ヶ月もあるので、とことん使い果たす方なら一体どれだけお得になることでしょう。

美術館・博物館だけでなく東京都内にあるの水族園 ・植物園 ・動物園でも使えちゃいます。

そんなお得な「ぐるっとパス」を更に有効に使える心強い“ツール”が誕生しました。その名は「ぐっるっとパスナビ」。



これまでは、小冊子状の「ぐるっとパス」に記載されている情報しかありませんでした。あの美術館で今どんな展覧会が開催されているのか?また会期はいつまでなのか?といった大事なことはコンパクトな「ぐるっとパス」には全て掲載しきれません。

そんな唯一のマイナスとも呼べる点を解消すべく満を持してオープンしたのが「ぐっるっとパスなび」です。

このサイトは、「ぐるっとパス2014」に参加する東京の美術館・博物館を、もっと便利に楽しんでいただくためのものです。
でも、美術館・博物館は都内にたくさんありますよね?展示物も、もちろんたくさんあります。
そんな時、ぐるっとパスをもっと便利に使えるようにするのが、「ぐるっとパスなび」です。
ぐるっとパスなびを使えば、行きたい展示や施設も簡単検索。ぐるっとパスが対象になる展示をすべて網羅しており、さらに、ユーザー登録(個人情報は不要)して頂ければ、もっと便利な機能が使えてパワーアップ。
ぐっるっとパスナビ

利用可能な施設一覧、チケット一覧は当然として、「ぐるっとパスナビ」はおすすめ、条件から探す、キーワードで探すなど多彩な検索機能も搭載。

またページに表示される施設の並び替えも楽々出来ます。(「ぐるっとパス」本体と対応した館番号順から、開催日純、終了日順など)


中でも便利だな〜と感じたのは終了日が迫っている展覧会順(終了日が近い順)に並べ替えてくれる機能。

行こう行こうと思いつつ、行き逃してしまう展覧会数知れず…でもこれさえあれば容易にチェックできますよね。

ぐっるっとパスナビ


条件検索

条件検索もエリア、施設、展示からそれぞれ探すことが可能。これが思いのほか優れ物でです。行こうと思っていたミュージアム周辺に「ぐるっとパス」で入場出来る別の施設があることが一目で分かります。

ついでに立ち寄った施設で思わぬ感動との出会いが待っているかもしれません。

まだまだ便利な機能満載の「ぐっるっとパスナビ」。パソコンやiPhone、スマホ、タブレット等で誰でも簡単に直観的に使える「ぐるっとパス」専用ポータルサイトです。

早速、明日のお出かけから使ってみましょう!!
そうそう肝心の「ぐるっとパス」もお忘れなく!!


東京・ミュージアム ぐるっとパス2014

対象施設:都内78の美術館・博物館・動物園・水族園・植物園
販売価格:2000円
販売期間:平成26年4月1日〜平成27年1月31日
有効期間:最初に利用した日から2ヶ月間
販売場所:「ぐるっとパス2014」78対象施設窓口

「ぐるっとパス」公式サイト:
http://www.rekibun.or.jp/grutto/

「ぐっるっとパスナビ」:http://grut.to/

さぁ、明日からGW後半戦。まずはどこから行きましょう?!ぐるパス片手に。

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3593

JUGEMテーマ:アート・デザイン


その他 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

これは知りませんでした。迂闊だった〜。早速使わなきゃです(^_−)−☆
高橋かおる | 2014/05/03 9:56 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/3593
この記事に対するトラックバック