青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ミュージアムグッズ初の3Dプリンターで制作したバルテュス・フィギュア | main | 「バルテュス最後の写真 −密室の対話」 >>

國立故宮博物院の素敵カフェ「三希堂」

2011年2月にリニューアルされた國立故宮博物院。4階には「三希堂」(サンシータン)というお洒落な茶芸館(カフェ)がオープン!

多くの見学者(主に団体客)で混雑している展示室とはまるで別世界のような落ち着いた雰囲気の「秘密にしたい」カフェです。



専用エレベーターで4階へあがると…



「三希堂」の名前の由来となっているのは、紫禁城養心殿の西暖閣に位置する乾隆帝の書斎。

乾隆帝は王羲之の「快雪時晴帖」、王献之の「中秋帖」、王┐痢崘豈鹹 廚鮃腓錣擦董峪梓」と称し、三希堂に大切に収蔵したそうです。



「世にも希なる至宝を特別に合わせて大切に保管する」という意味が込められている「三希堂」。店内を見上げると確かに本棚らしくものがありますね。


とても落ち着いた雰囲気の店内。

あくまでも一観光客として、鑑賞に疲れたので(「白菜」なんて驚くほど大行列を作っています)立ち寄ったカフェ。館内の喧騒がまるで嘘のようです。


空いているなら、窓側の席がおススメです。


窓からの見晴らしの良さも「三希堂」の大きな魅力です。


落ち着いた、とても美しい店内。

団体客から隔離された特別の空間です。


クッションひとつひとつも雰囲気ありますね。


「三希堂」では台湾式のお茶が楽しめます。

かみさんは、ここで初めて烏龍茶の美味しさに目覚めたそうです。


ビジュアル的にとてもキレイな蓮心茶。

身も心も美しく!

飲み物だけでなく、飲茶やデザートも用意されています。


店内のディスプレイもお洒落ですよね〜


お洒落な商品はお土産にぴったり!

日本にも長居したくなるミュージアム・カフェたくさんありますが、台湾に行かれた際は「三希堂」でゆっくりとした時間を過ごしてみるのも良いです。


「三希堂」

場所:台湾 國立故宮博物院4階
営業時間:8:30〜18:30(熱食ラストオーダーは17:00まで)
休業日:年中無休

故宮博物院
http://www.npm.gov.tw/


大勢の来館者で賑わう故宮博物院。

そしていよいよ始まりますね!


特別展「台北 國立故宮博物院−神品至宝−」

2014年6月24日(火) 〜 2014年9月15日(月)
東京国立博物館
http://taipei2014.jp/tokyo.html

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3628

JUGEMテーマ:アート・デザイン


その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック