青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「デュフィ展」 | main | 『季節を知らせる花』 >>

「中村誠の資生堂」

資生堂ギャラリーで開催中の
「中村誠の資生堂 美人を創る」展に行って来ました。


https://www.shiseidogroup.jp/gallery/

昨年この世を去ったグラフィックデザイナーでアートディレクターの中村誠(1926-2013年)の回顧展が、銀座の資生堂ギャラリーで開催されています。

1948年に東京美術学校(現・東京芸術大学)デザイン科を卒業し、資生堂宣伝部に入社。アートディレクターとして数々のポスターを手掛けてきました。


(クリックで拡大)

1960年代から80年代の長きに渡り第一線で活躍してきた中村誠の足跡を辿ることは、すなわち資生堂の歴史を辿ることでもあります。

展覧会の構成は以下の通りです。

プロローグ
修行時代
温故創新
美の職人たち
イメージの源泉
エピローグ


自分が生まれる以前に作られたポスターも中にはありましたが、ひとつとして「古さ」を感じさせないところに中村誠の「普遍性」が在ります。

現在、我々が資生堂という企業に抱いているイメージの土台は、中村誠によって創り出されたと言っても決して言い過ぎではないかと思います。


内覧会の日にちを一日勘違いしていて会場の写真が撮れなかったので、フクヘン。さんのツイート使わせてもらいます。

「このポスター懐かしい!」とか「これとっても印象に残っている!」もの会場内に数多あります。男の自分でさえも記憶に残っているのですから、況や女性をやです。


再現された仕事場には勿論、デジカメやCDカードはありません。机上にあるのはプリントされた写真と紙やペン、そしてハサミと糊といったアナログなツールだけです。

何でもパソコンの画面上でお気軽にデザイン出来てしまう今の時代では、決して養えない感性を長い時間かけこの机の上で築き上げてきた中村誠。

1970年代、モデルに山口小夜子を起用するなど、女性以上に女性の美しさについて精通していたような気さえします。

銀座に行かれた際は是非、立ち寄ってみて下さい。懐かしく新しいポスターたちが待っています。「中村誠の資生堂 美人を創る」展は6月29日までです。入場無料です。


中村誠の資生堂 美人を創る
MAKOTO NAKAMURA, SHISEIDO AD ARTWORKS

会期:2014年6月3日(火)〜 6月29日(日)
開館時間:11:00-19:00 (日曜のみ11:00-18:00)
休館日:毎週月曜休
入場無料
会場:資生堂ギャラリー
(〒104-0061東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階)
http://www.shiseidogroup.jp/gallery/
主催:株式会社 資生堂
企画協力:柏木博(武蔵野美術大学 教授)

【同時開催】
「Beauty Graphics 2014 3人の資生堂アートディレクター展」


現在の資生堂宣伝・デザイン部に在籍するアートディレクター、志賀玲子・花原正基・西本歩の3名が、自由なイメージで次代の美人像を表現するポスター展です。

会期:2014年6月2日(月)〜 6月28 日(土)
開館時間:平日9:00〜19:00 土曜11:00〜18:00
休館日:毎週日曜休
入場無料
会場:資生堂銀座ビル2階 (中央区銀座7-5-5)
主催:株式会社 資生堂
協力:凸版印刷株式会社


こちらの会場にも中村誠の作品が数点展示されています。

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3631

JUGEMテーマ:アート・デザイン


資生堂ギャラリーでは、2014年6月3日(火)から6月29日(日)まで、昨年永眠したグラフィックデザイナーでアートディレクターの中村誠(1926-2013年)の回顧展「中村誠の資生堂 美人を創る」を開催します。

中村は1949年に資生堂に入社。1950年代半ばから80年代にかけて数多くの広告を手がけてきました。国内外で多数の賞を受賞しているほか、MoMA(ニューヨーク近代美術館)に作品がコレクションされるなど、世界的にも高い評価を受けています。本展は、中村誠の資生堂時代の仕事を詳細に振り返る、没後初めての回顧展となります。

中村の功績は、戦前に確立された資生堂のイラスト広告を写真広告へと転換させたこととされてきましたが、その仕事をつぶさに見ていくと、戦前のイラスト表現の伝統を色濃く受け継ぎながら、製版の工夫や大胆なトリミングなどの手法を用いて、写真を素材とする独自の表現スタイルを確立していったことがわかります。

また、中村は「一業、一社、一生、一広告」をモットーに企業デザイナーという立場を貫き、「企業のアイデンティティーをビジュアライズするのがアートディレクターの仕事」と語っていた通り、生涯、企業イメージの創出に力を注ぎました。「計数に表現することのできない表情とか、雰囲気、空気感」を大切にしてきたという中村のデザインには、すべてを描き切らないことで生まれる「間」や「気配」が存在し、その美しさが企業のアイデンティティーを宿していたのだと考えられます。

本展では、中村の創作プロセスを自宅に遺されていた未公開資料を交えながら明らかにし、彼が生涯追求し続けた美の世界と、企業とデザインの豊かな関係を紹介します。

展覧会 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/3631
この記事に対するトラックバック