弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
「ヴァロットン展」
三菱一号館美術館で開催中の
「ヴァロットン― 冷たい炎の画家」展に行って来ました。


「ヴァロットン展」特設サイト:http://mimt.jp/vallotton/

開催されるのを今か今かと、首を長くして待っていた「ヴァロットン展」が、パリ、オランダを巡回しいよいよ日本でもスタートしました!

日本での知名度はほぼゼロに近いかと思うかもしれませんが、実は我々は何度か展覧会でヴァロットン作品と見えています。(2000年・新潟県立近代美術館「ナビ派と日本」展、2007年・東京都美術館他「オルセー美術館展」、2010年・国立新美術館「オルセー美術館展」、2010年・世田谷美術館他「ヴィンタートゥール」展)

とりわけ、2007年と2010年の「オルセー美術館展」では、今回の「ヴァロットン展」のチラシにも採用されているこちらの作品が公開されていたので、記憶に残っている方もいるのではないでしょうか。たとえ画家の名前を忘れてしまっても。


フェリックス・ヴァロットン「ボール」1899年
油彩/板に貼り付けた厚紙
パリ、オルセー美術館
© Rmn-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowsky

一見、ボールを無邪気においかける可愛らしい少女を描いた作品ですが、全体をよく見渡してみると、複数の視点(少なくとも2つ)がこの絵の中に存在していることに気が付きます。

緑色の大きな影のあちらとこちらでは明らかに視点が違っています。あたかも「此岸」と「彼岸」のようです。幼子を亡くしてしまった親が「此岸」で悲しむ姿と、「彼岸」つまりあの世で元気よく遊ぶ子供…

ヴァロットンはこの絵を描くにあたり、2枚の写真を用いたそうです。敢えて複数の視点を混在さどこか観る者落ちつかない気分にさせます。そしてそれに気付かづとも深く印象に残ります。

モネやゴッホの名画に交じりひっそり展示されていた「ボール」のことを今でも多くの人が覚えているのもそんな理由からかもしれません。(因みに2010年オルセー展のショップではこの絵を用いたiPhoneケースがよく売れたそうです)

さて、そんな忘れられない(忘れさせない)絵を描くヴァロットンとはどんな画家なのでしょう。


フェリックス・ヴァロットン「10歳の自画像」1885年
油彩/カンヴァス
ローザンヌ州立美術館
Photo: J.-C. Ducret, Musée cantonal des Beaux-Arts, Lausanne

フェリックス・ヴァロットン(Félix Edouard Vallotton, 1865年12月28日 - 1925年12月29日)
フェリックス・ヴァロットンは、スイス・ローザンヌに生まれ、16歳でフランスに移住し、19世紀末のパリで活躍した画家です。白と黒のみの鮮烈なコントラストで表現した革新的な木版画によって、ヨーロッパにおける創作版画としての木版画を復活させました。一方、ボナールやヴュイヤールなどナビ派(※)の仲間たちと交流し、「外国人のナビ」と呼ばれて数多くの油彩画を残した他、挿絵、批評、演劇まで幅広い芸術分野で活動し、20世紀以降の様々な芸術流派にも影響を及ぼしました。

日本があと3年で江戸から明治へ大きく時代が変化する1865年(夏目漱石よりも数年早い)に生まれ、ヒトラーがナチス親衛隊を設立した1925年に亡くなるまで、まさに世界を巻き込んで時代が大きく揺れ動いた時代に生きた画家です。

弥が上にも戦争を意識せざるを得ない時代です。それを端緒とする不安で閉塞的な気分がヴァロットンの周りにも暗い影を落としていたはずです。しかし、彼は決して直接的にそれを表現はしていない点も意外な見どころのひとつだと思いました。


ヴァロットン「秋」1908年
ヴァロットン旧蔵「漫画挿絵」(浮世絵)
ヴァロットン「猫と裸婦」1897-98年頃

展覧会の構成は以下の通りです。

1:線の純粋さと理想主義
2:平坦な空間表現
3:抑圧と嘘
4:「黒い染みが生む悲痛な激しさ」
5:冷たいエロティズム
6:マティエールの豊かさ
7:神話と戦争


どの流派にも属さず、独自路線を静かに着実に進んでいったヴァロットンですが、ボナールやヴュイヤールなどナビ派の仲間たちとの交わりはあったようです。


フェリックス・ヴァロットン「肘掛椅子に座る裸婦」1897年
油彩/合板に貼り付けた厚紙
グルノーブル美術館

ナビ派の造形的特徴として以下の4点があげれれます。

1:奥行き感のない空間表現
2:人物・モティーフの単純化と省略
3:彩色と光の表現
4:画面構成と装飾的効果


確かに前半に展示されていた油彩画はほとんど日本画と見まごうばかりに奥行きが無くフラットな画面でした。とりわけ風景画においてはその傾向が顕著です。

美術史家の山下裕二先生は、「肘掛椅子に座る裸婦」の前で、これは熊谷守一じゃないか!と仰っていました。確かに。並べて観たいですね。ヴァロットンと熊谷守一。

当時の多くのヨーロッパの画家がそうだったように、ヴァロットンも浮世絵から大きな影響を受けています。実際に自分でも相当数の浮世絵を所有していました。


ヴァロットン「フェリックス・ヴァロットンのアトリエにいるマックス・ロドリーグ=アンリーク」1900年

アトリエに義理の息子を迎え入れ描かれた一枚。しっかり浮世絵も描かれています。この絵の隣にはヴァロットンが実際に所有してた喜多川歌麿の浮世絵が展示されています。

展覧会図録に掲載されている杉山菜穂子学芸員の「ヴァロットンと浮世絵」に関する論文は必読です。国貞との深い関連性とは果たして…

と、ここまでごくごく真面目に初めて開催される「ヴァロットン展」について語って来ましたが、このフェリックス・ヴァロットンというスイス人画家ただ者ではありません。他の同時代のみならず、今ままで美術館で観てきたどんな画家よりもです。


ヴァロットン「立ち上がるアンドロメダとペルセウス」1918年
ヴァロットン「ロッジェーロとアンジェリカ」1896年
ヴァロットン「竜を退治するペルセウス」1910年

ギリシャ神話に登場する英雄ペルセウスとその妻アンドロメダを描いた作品だとはキャプションを見る前も、そして見た後でも誰一人として納得しないはずです。

映画に出てくる詐欺師のような風貌の男に、三段腹のむちむちしたマッシュルームヘアの女性。コントにしか見えないこの場面。しばし笑いをこらえるのが大変です。

ヴァロットンはこの絵で何を表したかったのでしょう。単なる変人と容易に片付けられない、そんな後ろ髪を引かれる作家です。


ヴァロットン「トルコ風呂」1907年

敬愛するアングルへのオマージュ的な作品だそうですが、、、山下先生曰く「ホントの変態だな。」

それはさておき、左の女性が背中を拭いているタオルの模様がまるで血管のようです。それに何故か風呂に犬とオレンジを持ちこんで抱えている右側の女性の視線が何を見ているのでしょう。

もう謎だらけの一枚です。

ひとつだけ、確信したのは、彼が胸(おっぱい)フェチではなく、尻フェチであることです。6章にある「臀部の習作」1884年を見ればそれは明らかです。18歳の少年が描く絵でないことは確かです。


第2章展示風景(裏側の視線。も楽しめます!)

因みに展覧会タイトル「ヴァロット〜冷たい炎の画家」は、クロード・ロジェ=マルクスが1955年にヴァロットンについて語った「フェリックス・ヴァロットン、あるいは氷の下の炎」から取られたものだそうです。

間違いなく今年の年間展覧会ベスト3に入ります。色々な感想が持てるはずです。一度観たら二度観たくなる性質の悪い作家なのかもしれません。変人は癖になるものです。

「ヴァロットン展」は9月23日までです。是非是非!!

そうそう、「ヴァロットン展」@三菱一号館美術館の公式音声ガイドアプリ(iPhone・iPad用)は、日本で初めて展示室内でも利用可能なアプリです。詳しくはこちら


ヴァロットン—冷たい炎の画家

会期:2014年6月14日(土)〜9月23日(火・祝)
開館時間:10:00 〜18:00(金曜(祝日除く)のみ20:00まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館:月曜休館
(但し、祝日・振替休日の場合は開館/9月22日(月)は18時まで開館)
会場:三菱一号館美術館
http://mimt.jp/

主催:オルセー美術館、RMN-グラン・パレ、ゴッホ美術館、三菱一号館美術館、日本経済新聞社、テレビ朝日
特別協力:ジュネーヴ美術・歴史博物館、ローザンヌ州立美術館
後援:スイス大使館、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
助成:スイス・プロ・ヘルヴェティア文化財団 prohelvetia
協賛:大日本印刷
協力:スイス インターナショナル エアラインズ ルフトハンザ カーゴ AG
総合監修:ギ・コジュヴァル(オルセー美術館 館長)
監修:イザベル・カーン(オルセー美術館 学芸員) マリナ・デュクレ(フェリックス・ヴァロットン財団 学芸員) カティア・ポレッティ(同)

巡回先:
パリ、グラン・パレ 2013年10月2日〜2014年1月20日
アムステルダム、ゴッホ美術館 2014年2月14日〜6月1日


ミュージアムショップにはこの展覧会に向け新しく作った什器が。表は色つきの商品、裏面へ回るとモノクロの商品が並んでいます。

【三菱一号館美術館今後の展覧会開催予定】


ボストン美術館 ミレー展
― 傑作の数々と画家の真実

10月17日(金)〜 2015年 1月12日(月・祝)


ワシントン・ナショナル・ギャラリー展
― アメリカ合衆国が誇る印象派コレクションから

2015年2月7日(土)〜 5月24日(日)

画鬼・暁斎
―KYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル

2015年6月26日(土)〜9月6日(日)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3638

JUGEMテーマ:アート・デザイン


誰もが良く知るこの本『にんじん』の挿画も実はヴァロットンの版画作品だったりします。本棚の奥から引っ張り出して来ましょう。そして新鮮な気持ちで再読を。
ヴァロットンの芸術は、単純な線描による正確なデッサンや、浮世絵や写真から影響を受けた大胆なフレーミングと平坦な画面構成、洗練された色彩表現などが特徴です。しかし、その研ぎ澄まされた観察眼を通して描かれた世界には、神秘的な虚構性や抑圧された暴力性が見え隠れし、その多面性と現代性が観る者を魅了します。

本展では、肖像画や風景画、毒のあるユーモアが漂う風刺画、男女の怪しい緊張関係を暗示する室内画、冷やかなエロスをまとう裸婦像、そして神話や戦争を主題にした作品など、個性豊かな作品群をテーマに沿って展観し、冷淡な表現の裏に炎のような情熱を秘めた芸術家像を浮かび上がらせます。

| 展覧会 | 23:21 | comments(2) | trackbacks(3) |
本日、ヴァロットン見て参りました。のっけからトルコ風呂の灰青と肌色の美しさにやられ、その場に倒れそうになりました。クールな画ですが、見ているとある種の暗喩が感じられてきました。すでに言及なされている方がいらっしゃるかもしれませんが、私には左に立っている女はおそらく日本人として描かれているようにおもわれます。若干くすんだ肌色、おしりのかたちから彼女が東洋人であることがわかります。髪の毛は日本髪風ですし、うなじの細い
毛のタッチは浮世絵を思わせます。よくみると頭頂に毛が無いようにみえるのは男の髷から?タオルの紋様は手ぬぐい?好奇の視線が彼女の裸体に注がれる。
| akakichi | 2014/08/12 6:25 PM |

コメントを掲載いただきありがとうございます。ヴァロットン以前から気にはなっていたのですが、現物があまりにも素晴らしいので、思わず
投稿させて頂きました。トルコ風呂は白眉で、わたしとしては屈折したジャポニスムとでも云うべきものを感じました。犬を男(画家?)と置き換えると、女たちの視線の強さとともに、当時のの欧州人の日本人への見方の一面を感じました。トルコという東西をわける場所を題名に入れたことも考えさせますね。絵は色彩配置が見事で、ブロンド、赤毛、黒髪の使い分け
、立体的な手ぬぐいの紋様に呼応するカーペットの赤、
女たちの演出、見事なだと思います。左の女はおそらく画の中での納まりから本写真があるでしょう。そんなことを考えつつも全体のデカダンスな雰囲気に圧倒されます。すごい作品です。
| akakichi | 2014/08/13 12:11 AM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/3638
ヴァロットン展 @三菱一号館美術館
 フェリックス・ヴァロットン(1865-1925)は、スイス・ローザンヌの大学卒業後、1882年にパリに移住して肖像画の勉強を続けた。しかし、彼が国際的に有名になったのは白黒のコントラストが強い木版画を制作したためだった。  パリでは、ナビ派のボナールやヴュイ
| Art & Bell by Tora | 2014/06/17 4:07 PM |
“結界”の画家 −ヴァロットン展−
奥さんとはずっと不仲だったようです。
| 神奈川絵美の「えみごのみ」 | 2014/07/07 11:30 AM |
ヴァロットン展
三菱一号館美術館で開催中の『ヴァロットン展』のブロガー特別内覧会がありましたので参加してまいりました。(といっても既に半月前のことですが…)フェリックス・ヴァロットンは19世紀末から20世紀頭にかけて活躍したフランスの画家。本展は2013年にパリ、グラン・パ
| the Salon of Vertigo | 2014/07/13 9:35 PM |
編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」連載中


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
山口晃 平等院養林庵書院奉納襖絵
ゴッホの幻の「ヒマワリ」
黒田記念館リニューアルオープン
日本美術ちらし寿司
「オスカー・ニーマイヤー展」
「ディン・Q・レ展:明日への記憶」
特別展「白鳳」
「森本美由紀展」
「クレオパトラとエジプトの王妃展」
「メカニックデザイナー 大河原邦男展」
「青樹うめ展」開催!
「藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美」
「伝説の洋画家たち 二科100年展」
「動きのカガク展」
「ボルドー展」
「シカゴ ウェストンコレクション 肉筆浮世絵」開催!
「芸術の秋」、「琳派の秋」。
特別展「蔵王権現と修験の秘宝」
「teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe」
特別展「生命大躍進」
「SHIBUYA」
「琳派と秋の彩り」
「箱根で琳派 大公開〜岡田美術館のRIMPAすべて見せます〜」
あなたは五姓田義松を知っていますか?
「風景画の誕生展」
「国宝 一遍聖絵」が全巻全段展示されます!
美術館でコスプレ!
Ingress(イングレス)でミュージアム巡り。
2015年、都内で観られる西洋絵画の展覧会
プロが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
かみさんが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
2014年 展覧会ベスト10


パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
軽いのでいつも持ち歩いています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...