青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「あしたのジョー、の時代 展」 練馬区立美術館で開催! | main | TNM & TOPPANミュージアムシアター「伊能忠敬の日本図」 >>

中村屋サロン美術館10月29日オープン!

明治末から昭和初期に新宿で花開いた日本の美術を伝える中村屋サロン美術館が、2014年10月29日にオープンします。



現在、新宿中村屋本社ビルは建替え工事を行っていますが、完成予定の(仮称)新宿中村屋ビル3階に、中村屋ゆかりの芸術家・文化人の作品展示を行う美術館を開設するそうです。

明治末から大正、昭和にかけ、中村屋の創業者である相馬愛蔵・黒光夫妻は生前多くの芸術家・文化人を支援してきました。


中村彝 《麦藁帽子の自画像》 明治44年(1911)年
中村屋サロン美術館

その中には、画家の中村彝や、彫刻家の荻原守衛(碌山)、書家・美術史家の會津八一などが居ました。彼らは中村屋を「サロン」として集い芸術話しに花を咲かました。

中村屋に芸術・文化の香りを添えた当時の「中村屋サロン」を本社社屋建替えにあたり復活させ、新しいメセナ活動の実践の場にすべく、中村屋サロン美術館の開設を決めたそうです。


荻原守衛(碌山) アトリエにて

新宿にはバブルの頃、小田急、伊勢丹、三越の美術館がありましたが、現在では商業スペースとなってしまっています。

東口側に新たに文化発信の地が誕生することは新宿の街にとっても我々にとっても喜ばしいことです。

10月29日のオープンを今から指折り数え待つことにしましょう。

中村屋サロン美術館
東京都新宿区新宿3丁目26番13号(仮称)新宿中村屋ビル3階
2014年10月29日オープン



中村屋サロン美術館展示室イメージ図


Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3653

JUGEMテーマ:アート・デザイン


その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/3653
この記事に対するトラックバック