青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「水の音 ― 広重から千住博まで ―」展関連イベント:青い日記帳×山種美術館 ブロガー内覧会 | main | 『日本美術全集』編集部さんに逆インタビュー受けました。 >>

「あしたのジョー、の時代展」

練馬区立美術館で開催中の
「あしたのジョー、の時代展」に行って来ました。


練馬区立美術館公式サイト

高森朝雄(梶原一騎の別名義)原作、ちばてつやの作画で1967年暮れから1973年まで『週刊少年マガジン』に連載されたボクシング漫画「あしたのジョー」。

リアルタイムでは読んではいませんが、後にアニメ化、映画化され「あしたのジョー」の世界に遅ればせながら入っていきました。連載終了から40年が経過した今でも根強いファンを多く抱えています。



そんな一種神話化された「あしたのジョー」を、ちばてつや氏による100点以上におよぶ魅力的な原画の数々によって構成し、アニメやレコードなど同時代の関連資料から本作のひろがりを紹介します。

これだけですと、最近よく目にするアニメや漫画の展覧会と変わりがなさそうに思えます。しかし、それだけに終わらないのが練馬区立美術館さんです。

漫画、アニメ「あしたのジョー」が展示されているのは1階展示室の第1章のみです。残りの大部分(第2章〜第4章)は1960、70年代の芸術活動を紹介しているのです。

展覧会の構成は以下の通りです。

1:「あしたのジョー、の世界」
2:「あしたのジョー、の時代」
3:「あしたのジョー、肉体の叛乱」
4:「あしたのジョー、あしたはどっちだ」



秋山祐徳太子使用万博破壊共闘派ヘルメット」作家蔵

展覧会タイトル「あしたのジョー、の時代展」とあるように、「あしたのジョー」を柱として、日本の1970年代(昭和40年代)を振り返る展覧会でもあります。

それは、ちばてつや氏の言葉を借りるなら「当時の日本の国全体が『高度成長』という熱にうかされてある意味、不思議な空気感をひしひしと感じていた」時代です。

具体的には、自らの肉体と格闘し暗黒舞踏を立ち上げた土方巽、既成の芸術に反し己の肉体によるパフォーマンスをおこなった秋山祐徳太子ら、ジョーと同じ時代の空気を共有した芸術家たちの活動をたどり、紹介されています。


篠原有司男「モーターサイクル・ママ」1973年
栃木県立美術館蔵
(後方に見えるのは、及川正通、粟津潔デザインのポスター)

矢吹丈や力石徹が紙面やブラウン管で拳を交えた時代が、同時代に制作されたアート作品を通じ、リアルに伝わって来ます。話でしか聞いたことの無い事柄も多く、写真や映像をいつも以上に興味深く魅入ってしまいました。

あの三島由紀夫も「あしたのジョー」の大ファンでした。


嗚呼 三島由紀夫』1970年
(キャニオンレコード)
古沢岩美「三島由紀夫市ヶ谷駐屯地にて」1970-97年
練馬区立美術館蔵

三島由紀夫には「あしたのジョー」にまつわる逸話が残されているのでも有名です。翌朝発売の『週刊少年マガジン』が待てず、講談社編集部に深夜訪ねて行った等々。

また、ボクシングをこよなく愛し「あしたのジョー」に深く関わった寺山修司も紹介し「あしたのジョー」をキーワードにこの時代を振り返っています。


「あしたのジョー、の時代」の音楽、演劇、CM、社会情勢(安保闘争など)から当時の街の様子をカメラに収めた貴重な写真まで。(流しの写真家、渡辺克己が写した写真は必見です!)

更に、当時実際に講談社で行われた「力石徹の葬儀」も展示会場に再現されています。漫画やアニメのキャラクターの葬儀をリアルに行うことのまさに最初の事例です。

今とは違いネットなど無かった時代。情報が限られていた時代にあってもこうしたイベントが行われたことに驚きを禁じ得ません。如何に、この漫画が当時の若者に影響を与えたのかがよく分かります。


山田卓司「泪橋の丹下拳闘クラブ」ジオラマ 2014年 
作家蔵

他のアニメ展や漫画展とは明らかに一線を画す内容の「あしたのジョー、の時代展」は9月21日までです。

1968年に日本青年館で公演された土方巽による激しいパフォーマンス『土方巽と日本人−肉体の叛乱』の映像を観るだけでも価値があります。


あしたのジョー、の時代展

会期:2014年7月20日(日)〜9月21日(日)
会場:練馬区立美術館(東京都練馬区貫井1-36-16)
http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/
休館日:月曜日(ただし、7月21日、9月15日【月・祝】は開館、翌日休館)
開館時間:午前10時〜午後6時 ※入館は午後5時30分まで
主催:練馬区立美術館/朝日新聞社
特別協力:高森篤子/ちばてつやプロダクション/講談社


注:会場内の画像は主催者の許可を得て撮影したものです。

展覧会公式図録兼書籍が求龍堂より発売になっています。


あしたのジョー、の時代

「あしたのジョー、の時代展」関連イベント盛り沢山です!!
→詳細はこちらで!
http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3680

JUGEMテーマ:アート・デザイン


「あしたのジョー」は、高森朝雄(梶原一騎の別名義)原作、ちばてつやの作画で1967年暮れから1973年まで『週刊少年マガジン』に連載されたボクシング漫画です。連載当初から人気を博し、アニメ化、実写映画化が行われ、連載終了から40年が経過した今なお、新たなファンを獲得し続けています。
主人公「ジョー」こと矢吹丈は、打たれても打たれても決して相手に屈せず、血反吐にまみれながら強敵に立ち向かいました。その姿は、大人が作り上げた社会体制の矛盾に対し異議申し立てを行った同時代の青年の共感を呼びます。「我々は明日のジョーである」と声明を出し、日本航空「よど号」をハイジャックした赤軍派。ジョーのライバル力石徹の劇中での死に、現実に告別式を執り行った寺山修司たち。本作は様々な事件や人々と結びついて社会現象を呼び起こし、一フィクションをこえ、時代のシンボルとして多くの人々の心に受けいれられていきました。
本展では「あしたのジョー」の作品世界を、ちばてつやによる百点以上におよぶ魅力的な原画の数々によって構成し、アニメやレコードなど同時代の関連資料から本作のひろがりを紹介します。また、ボクシングをこよなく愛し「あしたのジョー」に深く関わった寺山修司、自らの肉体と格闘し暗黒舞踏を立ち上げた土方巽、既成の芸術に反し己の肉体によるパフォーマンスをおこなった秋山祐徳太子ら、ジョーと同じ時代の空気を共有した芸術家たちの活動をたどり、「あしたのジョー」をキーワードにこの時代を振り返ります。
展覧会 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/3680
この記事に対するトラックバック