青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
2014年 展覧会ベスト10
午年もあと残すところ2日となりました。

「青い日記帳」を書き始めて、今年で10年を迎えることが出来た一年であると共に、様々なことにチャレンジした一年でもありました。応援して下さる皆さまあってのこととあらためて感謝申し上げます。

さて、昨年同様公私ともに何かと身の回りが慌ただしく、中々思うように展覧会に足を運ぶことの出来ない一年ではありましたが、やはり展覧会総括として「2014年 展覧会ベスト10」書きまとめておきませんと、新しい年を迎えられません。

葛飾北斎

同様にブログにまとめられた方いらっしゃいましたら、是非TB(トラックバック)送って頂ければ幸いです。(コメントでも結構です) Facebookページ「青い日記帳」でも大歓迎です。

「ベスト10」と称し、拝見した展覧会に順位を付けるのはどうかと思いつつも、それでも毎年恒例の縁起もの。これやらないと年を越せないので僭越ながら発表させて頂きます。素人の分際で恐縮では御座いますが、何卒お付き合い頂ければ幸いです。

王冠22014年 私が観た展覧会ベスト10王冠2

undefined1位:特別展「東山御物の美−足利将軍家の至宝−」

三井記念美術館
開催期間:2014年10月4日〜11月24日

例年1位をどの展覧会にするか迷うものですが、今年に限っては「東山御物展」しか頭に思い浮かばないほど他を圧倒してぶっちぎりの1位です。日本美術ブームの昨今ですが、基盤となった中国絵画・工芸の一級品が一堂に会した展覧会ですので、これを観ずして日本美術は語れません。安村敏信先生をして「逃げ場のない展覧会」と言わしめるほどの充実ぶりでした。

そのほとんどが、国宝、重要文化財に指定され、また個人蔵も多いことから会期中毎週展示替えが行われました。単なる入れ替えだけでなく、展示する場所(作品と作品の組み合わせ)も変えるなど、贅を尽くした内容でした。「東山御物展」の企画委員を務めていらっしゃる板倉聖哲先生に、無理にお願いして週ごとの見どころを説明して頂きもしました。

第一週目の見どころ
第二週目の見どころ
第三週目の見どころ
第四週目の見どころ
第五週目の見どころ
第六週目の見どころ
第七週目の見どころ

undefined2位:「ヴァロットン― 冷たい炎の画家

三菱一号館美術館
開催期間:2014年6月14日〜9月23日

日本での開催を心待ちにしていたスイスの画家ヴァロットンの初の回顧展。「ヴァロットンって何者?」知名度の極端に低い画家ですが、誰もが良く知るこの本『にんじん』の挿画も実はヴァロットンの版画作品です。これまで知る西洋絵画の枠組みの中にあてはめることが難しいところこそ、ヴァロットンの魅力でした。一言で言ってしまえば「変な画家」です。しかしそれがいちいち心に引っかかるのです。衝動が収まったと思ったら「チューリヒ美術館展」で主要な4作品に出会い、再び火が付いてしまった画家でした。


undefined3位:「フェルディナント・ホドラー展

国立西洋美術館
開催期間:2014年10月7日〜2015年1月12日

国立西洋美術館研究員の新藤淳氏による講演会「リズムの震源地―ホドラーの芸術思想とその余波」を拝聴した後、2度目の鑑賞で初回では観えなかったこと、ホドラーが何を描こうとしていたか、また彼が美術以外にも大きな影響を与えていたことを知り、一気にベスト3入りした展覧会です。「ヴァロットン展」や「チューリヒ美術館展」と同じく日本とスイスの国交樹立150周年を記念して開催された展覧会。単なる友好展に堕していないのが学芸員さんの腕の良さを表していました。今年の西洋絵画のキーワードは「スイス」であったこと間違いありません。


undefined4位:「名画を切り、名器を継ぐ 美術にみる愛蔵のかたち

根津美術館
開催期間:2014年9月20日〜11月3日

美術品の「改変」をテーマとした初めての意欲的な展覧会。ある意味タブー視されている点に敢えて切り込んで行った素晴らしい企画展でした。今現在我々が目にしている国宝や重文の中には、歴史の過程で切断されたりし、姿を変えてしまったものがこんなにもあるのかと驚かされました。人間(主として権力者)のエゴが丸出しになった展覧会でもあったので、時としてその非道な行為に忿怒することもありましたが、もし自分が同じ立場であったら…と想像すると理解までは至らずともある程度は首肯出来るのではと。割れたりひびが入ってしまった物を捨てずに継いで大事に使い続けるという良い面も。普段、美術館や博物館で目にしている日本美術もこうした手が加えられていることを知り、今までとは違った新たな見方、接し方が出来るようになりました。ただ作品を並べるだけではないとても丁寧な展示でした。(「技法サンプル」は図録にも掲載されています。)


undefined5位:「あしたのジョー、の時代展

練馬区立美術館
開催期間:2014年7月20日〜9月21日

子供から大人まで幅広く人気のあるアニメや漫画を扱ったイベント色の強い展覧会とは明らかに一線を画す内容の展覧会でした。「あしたのジョー」が展示されているのは第1章のみで、残りの大部分(第2章〜第4章)はジョーの時代である1960、70年代の芸術活動を紹介していました。高松次郎、赤瀬川原平、中西夏之らの活動を紹介した「ハイレッド・センター:「直接行動」の軌跡展」や横尾忠則、篠原有司男らの作品から、三島由紀夫や寺山修二まで文学、音楽、演劇、CM、社会情勢(安保闘争など)から当時の街の様子をカメラに収めた貴重な写真まで幅広く丁寧に紹介した充実した内容の展覧会でした。


undefined6位:「輝ける金と銀―琳派から加山又造まで―

山種美術館
2014年9月23日〜11月16日

金と銀が用いられた日本画を紹介した展覧会でしたが、一つとして同じ金色、銀色が存在しないこと、画家によって様々な工夫がなされ画中に効果的に用いられていることを紹介した好企画展でした。日本画家・並木秀俊氏による金属材料・技法についての解説がキャプションとして添えられているだけでなく、「技法サンプル」により一目でその違いが分かるような丁寧な展示がなされていました。例えば速水御水「名樹散椿」の金地部分には「撒きつぶし」が用いられていますが、「箔押し」や「金泥」といった技法によるサンプルも提示しその違いを明らかにしていました。


undefined7位:「星を賣る店 クラフト・エヴィング商會のおかしな展覧会

世田谷文学館
開催期間:2014年1月25日〜3月30日

吉田浩美さんと吉田篤弘さんが「屋号」として用いている“クラフト・エヴィング商會(craft ebbing & co.)”の展覧会。想像することでしか新しいものは創造出来ないという至極当たり前のことを、極上の空間で見せて(魅せて)くれました。クラフト・エヴィング商會の目指す世界観にどっぷりと身をゆだねて会場内を歩く幸せ。人々に夢を売る仕事がもしあるとするならば、その一つの完成形がまさにこの展覧会でした。虚構と現実をアートとデザインに置き換えつつ、物語を編んでいるクラフト・エヴィング商會。別世界に迷い込んだ気分にさせる展覧会でした。


undefined8位:「歌川国貞展

太田記念美術館
開催期間:2014年10月1日 〜 11月24日


幕末最大の人気絵師であり、トップランナーであった歌川国貞の没後150年を記念し開催された大回顧展。江戸時代最も人気のあった浮世絵師であったにも関わらず、研究者が少なく現在では知名度が低く、またかなり不当な低い評価をされているため、これまで日本国内で一度も大規模な「歌川国貞展」が開催されませんでした。歌川広重も歌川国芳も皆、この国貞あっての活躍をしたというのに……。「国貞展」担当学芸員 渡邉晃氏と新藤茂氏(「国貞展」企画協力・国際浮世絵学会常任理事)の熱い熱い国貞愛のこもった超充実した内容の展覧会でした。


undefined9位:「超絶技巧!明治工芸の粋

三井記念美術館
開催期間:2014年4月19日〜7月13日

日本ではほとんど顧みられず、不当な低い評価を受けてきた幕末から明治期の工芸品(金工、七宝、蒔絵、薩摩焼など)の美に光を当てた展覧会。京都、清水三年坂美術館の館長を務める村田理如氏が、個人で集めた作品はそれはそれは驚きの連続でした。江戸から明治にかけ、とんでもなくスゴイ日本人たちがいたこと。そして彼らのことを世界中の人々が称賛していたことをまざまざと見せつけられました。格調高い三井記念美術館の展示室1に不当に低く扱われてきた作品が展示された姿を観るだけで感無量でした。


undefined10位:「さわ ひらき展

東京オペラシティ アートギャラリー
開催期間:2014年1月18日〜3月30日

ロンドン在住の映像作家さわ ひらき氏の待望の回顧展。幾度となく見たことのある作品もオペラシティが用意した展示により、まるで別の作品に思えるほどの新たな感動が得られました。さわ ひらき氏自身も会場構成には大きく関わっただけあり、世界観をそのまま、オペラシティの空間内に具現化しているようでした。映像作品の中に自分たちが迷い込んでしまったような気持ちにさえなる得も言われぬ、期待と喜びと恐れがごっちゃになった興奮を味わえた極上の展覧会でした。



歌川広重

以上、独断と偏った嗜好により選んだベスト10です。ギャラリーでの個展やイベント系の展覧会はランキングから除外しました。

評論家や美術に深く携わっていらっしゃるプロの方が選ばれたベストな展覧会もご参考までに→プロが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」

10年間で自分の趣味もかなり変わってきたような、変わらないような…
2004年 展覧会ベスト10
2005年 展覧会ベスト10
2006年 展覧会ベスト10
2007年 展覧会ベスト10
2008年 展覧会ベスト10

2009年 展覧会ベスト10
2010年 展覧会ベスト10
2011年 展覧会ベスト10
2012年 展覧会ベスト10
2013年 展覧会ベスト10

こちらもご参考までに。
かみさんが選ぶ「2014年 展覧会ベスト10」

※皆さんもご自身のブログで同じように今年の展覧会を振り返るような記事書かれた方いらっしゃいましたら是非是非トラックバック送って下さい!

Facebookページ「青い日記帳」でも大歓迎です。

来年(2015年)はどんな素晴らしい展覧会に出逢えることでしょう。11年目に突入した「青い日記帳」共々引き続き宜しくお願い致します。

尚、展覧会や講演会、執筆その他お手伝い致します。お気軽にメール下さいませ。メールアドレスはこちらに記載されたgmailです。

Takeshi Nakamura | バナーを作成



朝日マリオン・コム連載中


青い日記帳「出前ブログ」連載中

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3835

JUGEMテーマ:アート・デザイン


| 展覧会 | 23:22 | comments(5) | trackbacks(19) |
おはようございます。
今年のTakさんの一位はやはり東山御物でしたか。
いい展覧会でしたね。私も茶器など見て、本当にいいなと思いました。
TBもはらせていただこうと思います。

よい年をお迎え下さい。
| 道楽ねずみことFrederick Maus | 2014/12/31 5:32 AM |

Takさん、こんにちは。

少々しつこくて申し訳ありませんが、かみさんが選ぶ「2014年 展覧会ベスト10」に続いて、こちらの記事にもトラックバックさせていただきました。
東京在住ではないため、東京の展覧会を見るには限界があり、いつも年を振り返る上で参考にさせていただいています。
| SH | 2014/12/31 6:56 AM |

こんにちは。
ヴァロットン、名画名器、さわひらきと重なりました。振り返れば興味深い展覧会ばかりでしたね。
超絶技巧では観客の殆どが「凄い凄い!」と言いながら作品を見ていたのが印象的でした。
クラフト・エヴィング展を見損ねたのが心残りです。

今年もたくさんお世話になりました。
それでは良いお年を!
| はろるど | 2014/12/31 1:20 PM |

 東山御物、切り継ぐ、超絶技巧が重なりました。というか、ベスト10の半分しか観ていないことが分かり、ガックリです。今年はもう少しコンスタントに足を伸ばしたいと思います。

本年も宜しくお願い致します!
| mizdesign | 2015/01/01 10:15 AM |

TAKさん はじめまして。
以前からブログを拝見させていただいてます。

1年ちょっと前から美術展を観に行き始めて、今は自分の知らないたくさんのことに出会えるのを楽しみながら、学ばせていただいている状態です。

2015年も、美術展や美術にまつわる様々な事をあれこれ紹介してくださるのを楽しみにしています。

どうぞよろしくお願いいたします。
| ホライズン | 2015/01/01 4:02 PM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/3835
2014年 展覧会ベスト5
恒例の今年行った展覧会の中で印象に残ったものをあげて行きます。 一応順位は付けますが、あまり関係ないかな。1位 ヴァロットン展開催発表があった時から待ちこがれてた展覧会。期待以上の内容でした。多くの皆さんがおっしゃってるように版画がなにしろ素晴らしかっ
| What's up, Luke ? | 2014/12/30 11:28 PM |
観てきた展覧会ベストテン2014
今年は投稿が殆ど出来ず反省です
| 雑感ノート | 2014/12/31 3:08 AM |
2014大回顧展その2(印象に残った美術展10)
恒例の美術ランキングのシーズンになりました。 私のような美術に詳しくもない好事家がランキングをつけること自体が傲岸というほかないのですが、それでも自分の好みだけを基準にメモを作成する程度の趣旨で、今年も行ってみようかと思います。 中にはブログの中で紹介
| 道楽ねずみ | 2014/12/31 5:39 AM |
2014年のアート
今年の展覧会で印象に残ったものは以下である。感心や感動の度合いに応じて「!」マークを付けて見た。 新国立美術館「チューリッヒ美術館展」 松濤美術館「醍醐寺」!! 東京都美術館「ウフイツィ美術館展」! 東京国立博物館「日本国宝展」!! 北海道大学総合博物館
| 散歩日記X | 2014/12/31 6:46 AM |
2014年 私のお気に入り アート
毎年恒例、今年一年の美術鑑賞振り返りであるけれど、家人の病気・介護などで外出の機会の制限された今年は、例年のように美術展に通うことがままならなかった。それでも鑑賞する ...
| 中年とオブジェ | 2014/12/31 7:29 AM |
2014年の「美術散歩ベストテン by とら」
 「師走」も X'mas が過ぎると、あちこちで その年の "TOP10" が話題となる「年の瀬」である。  2004年に始めた「美術散歩ベストテン by とら」も今回で11年目となった。ベスト10 X 11年=ベスト110の展覧会を選んでしまったことになる(参照)。  今年も比較
| Art & Bell by Tora | 2014/12/31 8:30 AM |
2014年 展覧会ベスト10
毎年恒例、今年見た展覧会を振り返って、私的ベスト10を選んでみます。あくまでも私的ですし、見逃しているものもいろいろあるので、よろしく…。去年だと『山楽・山雪』のような圧倒的なものがあったんですが、今年は図抜けたものがなかったなあ…と思いつつ、改めて
| 日毎に敵と懶惰に戦う | 2014/12/31 9:15 AM |
かってに選ぶ BEST展覧会 -2014。
今年も、一年足を運ばせていただいた展覧会を振り返りたいなと思います。今年足を運んだ展覧会・アートイベントは大小合わせて98。 これはおすすめしたいな!と思ったものをnoteで紹介するようになり、紹介するのに適当なことは書けないぞ、と、アーティストやテーマに
| **plastic_cake** | 2014/12/31 12:07 PM |
2014年の展覧会、今年の10本
毎年恒例、今年見た展覧会から10本選びました。 ちなみに、去年までの10本エント
| 今日の献立ev. | 2014/12/31 12:09 PM |
2014年 私が観た展覧会 ベスト10
年末恒例、独断と偏見による私的ベスト企画です。今年私が観た展覧会のベスト10をあげてみました。 2014年 私が観た展覧会 ベスト10 1.「ジャン・フォートリエ展」 東京ステーションギャラリー 前々から惹かれていたフォートリエの回顧展にようやく接することが
| はろるど | 2014/12/31 1:16 PM |
2014年 展覧会で心惹かれたベスト15作品
今年もあともう少し。 巷では今年の展覧会ベスト的なエントリーが盛ん。 >2014年 展覧会ベスト10( 弐代目・青い日記帳 ) 自分はどうだろうと、ふと考えてみたが、展覧会より作品そのものの方が先に思い浮かんだ。 ということで、今年で初めて出
| B サイエンスコミュニケーション | 2014/12/31 5:05 PM |
今年の展覧会ベスト10(2014)
今年も早いもので、今日で終わりです。 すっかりブログの方もご無沙汰になってしまいました。 この一年は、以前のお仕事のに復帰し、派遣先にも恵まれ、充実した一年だったと思います。 体が疲れやすくなってきてるのは、歳のせいにしておきましょう。 さて、恒
| 朱奈のつぶやき | 2014/12/31 5:34 PM |
2014年 展覧会ベスト10
早いもので今年もあと24時間を切りました。この1年を振り返り、今年の展覧会ベスト10を出してみました。展覧会というキーワードで絞ってみると、今年は64のエントリーがありました。現代アートの展覧会や写真展、ギャラリーの個展などは観ていてもブログに書いてなかっ
| the Salon of Vertigo | 2014/12/31 5:45 PM |
キーワード2014
 今年のアート・建築・街関連を三つのキーワードで振り返ってみます。(過去ログはこ...
| Life with Art | 2014/12/31 11:29 PM |
極私的2014年展覧会TOP10
何の因果か知らないが突如、美術館巡りにはまって1年2か月しか経たないにもかかわらず、大それたことをしたくなった。今年観に出かけた展覧会は、30本。自分的に2014年の”お気 ...
| 美術散策の休日 | 2015/01/01 4:03 PM |
2014年 アート展覧会ベスト10 
   悩ましい年一度のベストテンの年末恒例イベントを越年してしまいましたが、  印象の強かった展覧を思い、振り返りたいと思います。  10 内藤礼 信の感情  東京都庭園美術館    リニューアルで休館中だった庭園美が戻ってきたそのうれしさを    
| あべまつ行脚 | 2015/01/02 4:19 PM |
『えこう版 <2014年 展覧会ベスト10>』
2014年に見に行った64の展覧会の中から 私(えこう)が選んだ<2014年 展覧会ベスト10>を発表します。(リンク付き)第1位 『オルセー美術館展 印象派の誕生 −描くことの自由−@国立新美術館』ベタですけど、オルセー美術館展がNo.1です!!<
| どるち & えこう の 『美術館・博物館めぐり』 & 『美味しいもの』日記なのだ | 2015/01/02 10:37 PM |
2014 ベスト展覧会
 今年も多くの展覧会に出かけましたが、小生なりのベスト10を選んでみました。1.栄西と建仁寺展2.チューリヒ美術館展3.デュフィ展4.クリーブランド美術館展5.シャヴァンヌ展6.法隆寺ー祈りとかたち 7.ミレー展8.ミラノ ポルディ・ペッツォー
| Star Prince JUGEM | 2015/01/16 8:43 AM |
#Extra HashigoProject Archive 2014 Best展
今回のHashigoProjectは、Archive 2014 の中から麿呂(ダメ人間)が好き勝手にRankingした美術展・展覧会をCountdown方式で発表していきます。 HashigoProject 2014で訪れた美術展・展覧会はTotalで33展(1展HashigoProject Archive未掲載)の中からRankingするのは
| 麿呂(ダメ人間)のHashigoProject | 2015/07/11 8:34 PM |
【お知らせ】

↑単眼鏡紹介記事書きました。

おかげさまで重版となりました!


いちばんやさしい美術鑑賞』 (ちくま新書)


編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 感動の余韻を味わう』(世界文化社)12月に発売となりました。


編集・執筆を務めた『フェルメール会議』10月2日発売です!

編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「2018年 展覧会ベスト10」
かみさんが選ぶ「2018年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2018年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック)
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック) (JUGEMレビュー »)
朝日新聞出版
記事書いています。是非お手に取ってみて下さい。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...