青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「魔女の秘密展」に、特別展示「現代日本人作家が描く『魔女』出品決定! | main | 「ホイッスラー展」 >>

「パスキン展」web内覧会&アートトークを開催します。

東京・汐留のパナソニック 汐留ミュージアムにて1月10日(土)から「生誕130年 エコール・ド・パリの貴公子 パスキン展」が開催されます。


http://panasonic.co.jp/es/museum/

パリにあるコミテ・パスキンの全面的な協力のもと国内では16年ぶりとなるパスキンの本格的な回顧展です。

ジュール・パスキン(1885-1930)は、「エコール・ド・パリ」といわれる主に1920年代にパリに集った異邦人芸術家たちを代表する画家です。

フジタやキスリングを親友に持ち、ピカソやシャガールらも活躍した第一次大戦後の「狂乱の時代」に、パリで高い評価を受けて、次々と作品が売れた時代の寵児でした。


ジュール・パスキン ≪テーブルのリュシーの肖像
1928年 油彩、カンヴァス 個人蔵

なかでも、繊細で震えるような輪郭線と、真珠のような輝きを放つ淡く柔らかな色合いで描かれた女性や子どもたちの作品で人気を博しました。

今回汐留のパナソニック 汐留ミュージアムにて開催される「パスキン展」では、まず20世紀初頭のミュンヘンで時代と風俗を鋭く写し取った風刺画を雑誌に寄稿しながら、デッサンの修練に余念がなかった時代の作品を紹介。


ジュール・パスキン ≪エルミーヌ・ダヴィッドの肖像
1908年 油彩、カンヴァス グルノーブル美術館蔵
©Musée Grenoble

また、その後パリに移住し、本格的に油彩画に取り組んだ時代の意欲作や書籍の挿絵風の水彩が並びます。さらに第一次大戦を回避し渡ったアメリカで生まれた、精鋭な仲間たちや旅した中米各地の風土から影響を受けた作品が出品されます。

最終コーナーでは、パスキンの全盛期である1920年代後半の充実した真珠母色の油彩作品群に加えて版画やパステル、コラージュなど多彩な作品が揃います。


ジュール・パスキン ≪ダンス
1925年 ミクストメディア、布 アクティス・ギャラリー蔵、ロンドン

ポンピドゥー・センター、パリ市立近代美術館、ヨーロッパ個人コレクション…珠玉のセレクションによるパスキンの回顧展です。

エコール・ド・パリの貴公子、パスキンの名品の数々をより深く味わって頂くために、「パスキン展」web内覧会&アートトークを2015年1月20日に行います。

パナソニック汐留ミュージアムの宮内真理子学芸員から、波乱にとんだパスキンの人生やパスキンの魅力や様々なエピソードについて、作品を観ながらのアートトークです。

美術関係のブログを開設している方(美術系以外のブログでも大歓迎です)や、Twitter、Facebookで本展のレビュー記事や魅力を紹介頂ける方、50名様を「web内覧会&アートトーク」にご招待させていただきますので、ふるってご応募ください。


ジュール・パスキン ≪ミレイユ
1930年 パステル、厚紙 ポンピドゥー・センター蔵
©Centre Pompidou, MNAM-CCI, Dist. RMN-Grand Palais/ Philippe Migeat/ distributed by AMF

       パナソニック 汐留ミュージアム
 『生誕130年 エコール・ド・パリの貴公子 パスキン展』展
          web内覧会概要


・日時:2015年1月20日(火) 受付 18:00〜

・会場:パナソニック 汐留ミュージアム
   (東京都港区東新橋1-5-1)
http://panasonic.co.jp/es/museum/access/

・スケジュール
 18:15〜18:45 自由内覧
 18:45〜19:30 パスキンアートトーク
        パナソニック汐留ミュージアム
        学芸員 宮内 真理子
        青い日記帳主宰 Tak
 19:30〜20:00 自由内覧

・展覧会の概要
公式サイト
http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/15/150117/

■参加資格 ブログ、Faceboook、Twitterを開設していらっしゃる方
(ブログの内容は問いません。アート以外でもOK。)

■参加費/無料

■定員:50名
定員を超えてお申し込みがあった場合は、抽選にて決定させていただきます。

■お申込み
『生誕130年 エコール・ド・パリの貴公子 パスキン展』展web内覧会に参加を
ご希望の方は下記URLよりお申込みください。

申込みフォーム >>>https://admin.prius-pro.jp/m/win/form.php?f=6

■申し込み締め切り:1月13日(火)24:00まで。なお、応募者多数の場合は、事務局で選考させていただきます。
※当選者には1月15日(木)までにメールでお知らせします。当選者への通知をもって、発表に代えます。
※落選者の方への連絡はありません。ご了承願います。


ジュール・パスキン ≪幼い女優
1927年 油彩、カンヴァス 個人蔵、パリ

「パスキン展」web内覧会&アートトーク
【ご参加の特典】  
 
                          
1.参加の皆様だけの閉館後の貸切観覧会です。       
2.担当学芸員と青い日記帳takさんのアートトークに参加できます。                   
3.パナソニック 汐留ミュージアムの特製グッズをプレゼントします。                    
4.展覧会の会場内を撮影することができます。       
 (撮影については、当日の指示に従って撮影いただきます。)



生誕130年 エコール・ド・パリの貴公子 パスキン展」 

会期:2015年1月17日(土)〜3月29日(日)
会場:パナソニック 汐留ミュージアム
(東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4F)
http://panasonic.co.jp/es/museum/
主催:パナソニック 汐留ミュージアム、東京新聞

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3843

JUGEMテーマ:アート・デザイン


イベント | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/3843
この記事に対するトラックバック
パナソニック汐留ミュージアムで開催中の『生誕130年 パスキン展』のWEB内覧会に行ってきました。エコール・ド・パリを代表する画家、ジュール・パスキン。繊細な輪郭線や、淡く真珠のように柔らかな色合いで描かれた女性や子どもの絵で人気を博し、時代の寵児として持
パスキン展 | the Salon of Vertigo | 2015/02/02 10:49 PM