青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」記念シンポジウム | main | NANA >>

夏目漱石「モナリサ」

文学の秋でもあります。月
ということで、今夜は「ダ・ヴィンチと日本文学」と勝手に命名し夏目漱石の知る人ぞ知る短編『永日小品』からその名も「モナリサ」を全文掲載!!
(疲れた〜漱石って当て字多過ぎ…)

それに加えて、昨日のダ・ヴィンチ展記念シンポジウム「レオナルド/天才の挑戦」の残りのレポートも簡単ですが書いてみました。

それでは、夏目漱石『永日小品』所収「モナリサ」じっくりご堪能あれ。

 井深は日曜になると、襟巻に懐手で、そこいらの古道具屋をのぞ覗き込んで歩く。そのうちでもっとも汚らしい、前代の廃物ばかり並んでいそうな店をよ選っては、あれの、これのとひね捻くり回す。もとより茶人でないから、い好いの悪いのがわか解る次第ではないが、安くて面白そうなものを、ちょいちょい買って帰るうちには、一年に一度ぐらい掘り出し物に、あたるだろうとひそかに考えている。
 井深は一か月ほどまえに十五銭で鉄瓶の蓋だけを買って文鎮にした。このあいだの日曜には二十五銭で鉄の鍔を買って、これまた文鎮にした。今日はもう少し大きな物を目懸けている。懸物でも額でもすぐ人の目に付くような、書斎の装飾が一つ欲しいと思って、見廻りしていると、色刷りの西洋の女の画が、埃だらけになって、横に立て懸けてあった。溝の磨れた井戸車の上に、なんとも知れぬ花瓶が載っていて、その中から黄色い尺八の歌口がこの画の邪魔をしている。
 西洋の画はこの古道具屋に似合わない。ただその色具合が、とくに現代を超越して、上昔の空気のなかに黒く埋まっている。いかにもこの古道具屋にあってしかるべき調子である。井深はきっと安いものだと鑑定した。聞いてみると一円と言うのに、少し首を捻ったが、ガラス硝子も割れていないし、額縁もたしかだから、じい爺さんに談判して、八十銭までに負けさせた。
 井深がこの半身の画像を抱いて、うち家へ帰ったのは、寒い日の暮れ方であった。薄暗い部屋へ入って、さっそく額を裸にして、壁へ立て掛けて、じっとその前へ座り込んでいると、洋燈をもって細君がやって来た。井深は細君に灯を画の傍へ翳さして、もう一遍とっくりと八十銭の額を眺めた。総体に渋く黒ずんでいる中に、顔だけが黄ばんで見える。これも時代のせいだろう。井深は座ったまま細君を顧みて、どうだと聞いた。細君は洋燈を翳した片手を少し上に上げて、しばらく物も言わずに黄ばんだ女の顔を眺めていたが、やがて、気味の悪い顔です事ねえと言った。井深はただ笑って、八十銭だよと答えたぎりである。
 飯を食ってから、踏み台をして欄間に釘を打って、買って来た額を頭の上へ掛けた。その時細君は、この女は何をするか分からない人相だ、見ていると変な心持ちになるから掛けるのは廃すが好いと言ってしきりに止めたけれども、井深はなあにお前の神経だと言って聞かなかった。
 細君は茶の間へ下がる。井深は机に向かって調べものを始めた。十分ばかりすると、ふと首を上げて、額の中が見たくなった。筆を休めて、目を転ずると、黄色い女が、額の中で薄笑いをしている。井深はじっとその口元を見詰めた。まったく画工の光線の付け方である。薄い唇が両方の端で少し反り返って、その反り返った所にちょっと凹みを見せている。結んだ口をこれから明けようとするようにもとれる。または開いた口をわざと、閉じたようにもとれる。ただしなぜだか分からない。井深は変な心持ちがしたが、また机に向かった。
 調べものとは言い条、半分は写しものである。大して注意を払う必要もないので、少した経ったら、また首を挙げて画の方を見た。やはり口元に何かいわ曰くがある。けれども非常に落ち付いている。切れ長の一重瞼の中から静かな眸が座敷の下に落ちた。井深はまた机の方に向き直った。
 その晩井深は何遍となくこの画を見た。そうして、どことなく細君の評が当っているような気がしだした。けれども明くる日になったら、そうでもないような顔をして役所へ出勤した。四時ごろ家へ帰ってみると、ゆうべ昨夕の額は仰向けに机の上に乗せてある。午少し過ぎに、欄間の上から突然落ちたのだという。道理で硝子がめちゃめちゃに壊れている。井深は額の裏を返して見た。昨夕紐を通した環が、どうした具合か抜けている。井深はそのついでに額の裏を開けて見た。すると画と背中合わせに、四つ折りの西洋紙が出た。開けて見ると、インキで妙な事が書いてある。
 「モナリサの唇には女性の謎がある。原始以降この謎を描きえたものはダ・ヴィンチだけである。この謎を解きえたものは一人もない。」
 翌日井深は役所へ行って、モナリサとはなんだと言って、皆に聞いた。しかし誰も分からなかった。じゃ、ダ・ヴィンチとはなんだと尋ねたが、やっぱり誰も分からなかった。井深は細君の勧めに任せてこの縁起の悪い画を、五銭で売り払った。
 (夏目漱石『永日小品』所収「モナリサ」)
文鳥・夢十夜・永日小品

『永日小品』

夏目 漱石

モナリザの秘密
モナリザの秘密

さて、昨日のダ・ヴィンチ展の記念シンポジウムのレポートの残りを以下にupしておきます。まとまりのない文ですがご勘弁下さい。
「ハイパーテキストとしてのレオナルドの手稿
   ートスカーナの大地から宇宙のかなたへ」
アレッサンドロ・ヴェッツォージ
(1950年生まれ。レオナルド・ダ・ヴィンチ理想博物館長。)
・ダ・ヴィンチの指紋やDNAの研究も現在積極的に進められている。
(参考「ダヴィンチの指紋は語る」)
・ダ・ヴィンチの絵画の修復はもうこれ以上やって欲しくない。修復によって改悪されることを危惧する。(修復に関しては理念が今まで統一されていなかった)
・球技をする人々の姿から人体の構造や筋肉の付き方を学んだ。
・八角形の植物(ヴィンチ草?)がラビリンスを形成した文様。これは陰陽の哲学に通ずるものが表されている。
・手稿には想像による多くのアイディアが描かれている。現在の我々が見ても驚くものが多くある。
・多くのアイディアや発想がつまった「レスター手稿」はまさに「ハイパーテキスト」と呼ぶにふさわしいものだ。

レオナルド・ダ・ヴィンチ理想博物館
Museo Ideale Leonardo Da Vinci

「レオナルド:天才とメソッド」
クラウディオ・ジョルジョーネ
(1973年ミラノ生まれ。国立レオナルド・ダ・ヴィンチ科学技術博物館勤務)
ウィンザー手稿、パリ手稿、アトランティック手稿、マドリッド手稿などからのデッサンをパワーポイントを巧に用いて解説。
・天然、自然の中からヒントを得た発想。
・空気遠近法なども、自然を観察するところからの発想だと思われる。
・風速、傾斜、湿度などの計測器を考案。
・鳥の飛翔に非常に高い関心を持った。(飛ぶことへの憧れ)

レオナルド・ダ・ヴィンチ国立科学技術博物館(ミラノ)
Museo Nazionale della Scienza e della Tecnica Leonardo da Vinci


「レオナルドの技術としての訓練といくつかの発明」
フラヴィオ・クリッパ
(物理学者・機械設計者。国立レオナルド・ダ・ヴィンチ科学技術博物館アドバイザー)
18000-20000枚のデッサンが残されている。
・1300年代―1400年代のイスラム世界の機械にインスパイアされダ・ヴィンチは糸縒り機(糸巻き機)、機織機のアイディアを生んだ。
・ダ・ヴィンチは非常に「オートマティック」に執着した人であった。
・ダ・ヴィンチのデッサンを再現することによって初めて分かることがある。模型を作るということは大変重要な意味を持っている。
読書 | permalink | comments(6) | trackbacks(3)

この記事に対するコメント

Takさん

漱石の味わいのあるモナリザの小品をご紹介して
下さりありがとうございました。

漱石も英国へ留学していた頃、美術書に
描かれていた女性画などを模写して日本の
知人へ送っていたようです。

漱石は日本の作家でも一番好きなので、このように
レオナルド関係でアップしていただいて感激しました。

私も昨日偶然購入しましたイタリア関連の雑誌を読んで
いましたら、池先生の素晴らしいコラムが書かれていて
嬉しくなり早速アップいたしました。

この記事へTBさせていただきますね。
レオナルド展も早く観にいきたいですね!!
(この連休中は無理でしょうか・・混みますね〜(/_ ;)
Julia | 2005/09/23 10:03 AM
@Juliaさん
こんばんは。

TBありがとうございます。
漱石は短編とか随想とか言わずに
小品と表現するのが「らしい」なーと思います。
この作品以外にも沢山収録されています。
文庫本で買える隠れた名作です。

漱石は私も大好きな作家です。
annexでは何度も取り上げています。
「また漱石?」と辟易されそうですが
好きなものは仕方ありません。

ロンドンでラファエル前派の作品も
きっと目にして漱石も感動したはずです。
いつかまた、機会があったら
記事としてupしたいと思います。

レオナルド展はゆっくり行くつもりです。
連休はおとなしくしています!?
Tak管理人 | 2005/09/23 11:57 PM
TBありがとうございます。
女性の謎というキーワードは、漱石らしいですね。

それにしても、BLOGのおかげで、講演会に出席もしていないのに、多少レオナルド展の予習少しできました。

URLは、アルテ・ピナコテークのレオナルドです。

P.S.日経新聞も出張から帰ってきて、ようやく拝見させていただきました。
ak96 | 2005/09/30 6:10 AM
@ak96さん
こんばんは。

TB&コメントありがとうございます。

漱石の「モナリサ」を知った時は
ちょっと嬉しい気持ちになりました。
大好きな漱石がこういう文章書いているの知らなかったもので。

ダ・ヴィンチ展の予習は池上先生のblogが最適かと。

日経さん、先日掲載した新聞送ってきました。
このタイムラグが素敵です!
Tak管理人 | 2005/09/30 10:30 PM
石原千秋さん、はじめて知りました。手ごろな新書もありそうなので、読んでみようと思います。
ak96 | 2005/10/19 2:53 PM
@ak96さん
こんばんは。

石原千秋さんの文章は気取っていなくて
とても読みやすいです。
大学教授のイメージが払拭されます、きっと。
Tak管理人 | 2005/10/20 11:36 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
今日は久しぶりに歯の検診を娘が以前勤めていた八重洲口方面にある「PAUL」と
ルネサンス街道の旅 1 - ヴィンチ村 | Floral Musée | 2005/09/23 10:05 AM
Juliaさまの、9月の行きたい展覧会で紹介されている レオナルド・ダ・ヴィンチ展 直筆ノート「レスター手稿」日本初公開。シンポジウムもあるそうだ。教えていただいたが、参加できず残念。と、 レオナルド・ダ・ヴィンチの話題が盛り上がりそうですが、 AF277便で機内
Amboiseアンボワーズは、ダ・ヴィンチ終焉の地 | 徒然なるまままに | 2005/09/30 5:48 AM
ジョン・コンスタブル @ フリック・コレクション 二人の偉大なイギリスのロマン主義風景画家、J.M.W.ターナーとジョン・コンスタブル John Constable(1776-1837)。前者については、夏目漱石も言及 していたが、後者も言及していただろうか。*1 ジョン・コンスタブルに
ジョン・コンスタブル @ フリック・コレクション | 徒然なるまままに | 2005/10/13 12:15 AM