弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」
森アーツセンターギャラリーで開催中の『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』
天才の予言「ダ・ヴィンチノート」(直筆ノート「レスター手稿」日本初公開)に
行って来ました。



今回の展覧会を観に行く前に、池上先生やイタリアのダ・ヴィンチ研究家の面々が集ったシンポジウムを運良く拝聴する機会に恵まれました。
久々に学生気分に戻り机でペンを走らせダ・ヴィンチ自身に関することや、レスター手稿についての「予習」が出来たことは何ものにも代え難い経験でした。

・池上先生のblogはこちらです。
・私が必至に聞き取ったわりにはイマイチなシンポジウムのレポートはこちらこちらです。

というのも、そこで得られた知識がなく、もしこの展覧会にいつもと同じような気持ちで行ったとしたら、きっと感激することもなく、下手をすると損をしたとも思いかねないな〜と思ったからです。

普段、展覧会にはある程度の下調べはして行きます。皆さんも貴重な時間を割いて行かれるわけですから、多かれ少なかれまた然りかと。

何もせずにただ六本木の52階までエレベーターで上がって
森アーツセンターに行かれると、肩透かしを食らうどころか
「これって何なの??」と疑問符だけが残る展覧会です。

この展覧会は何を観に行くのか
この展覧会は何が展示されているのか
この展覧会はどんなに得難いものなのか

もう一度再確認してからお出かけになるのが宜しいかと。


レオナルド・ダ・ヴィンチは左利きだったそうです。
左利きの人、皆さんの中にもいらしゃるかと思います。
文字書きにくいですよね。友達が左利きでいつも苦労してました。
ノートを90度傾けて器用に文字を書いていました。

外国語の筆記体だとその苦労は更に…
ダ・ヴィンチのノートに残された文字は鏡面文字です。
左利きのダ・ヴィンチがメモ魔のダ・ヴィンチが
書きやすいように自身で選択した「技」です。

展覧会では百聞は一見に如かずとばかりに
鏡に写された鏡面文字が展示されています。
しかも日本語の翻訳付きで。そしてその日本語もまた鏡面文字で。
この展示を見て初めて実感として鏡面文字とはこういうものなのかと分ります。
丁寧な、気の利いた展示だと思います。

レスター手稿には水に関する記述が多くあるそうです。
身近にある水の流れを観察・考察した記述です。
手稿に書かれているスケッチを参考にして
水の波紋の研究を再現した装置や水流の中に障害物を置いた際の変化を見る装置などが再現され、実際に目にすることが出来ます。

一見するとこういった装置は、お台場の科学未来館などの実験装置よりもチンケなものに見えてしまうかもしれませんが、豈言わんや。

これは展覧会の後半に展示されている復元模型についても同じ事が言えるのですが・・・・・・
国立レオナルド・ダ・ヴィンチ科学技術博物館アドバイザーで歴史的な機械の復元・再現を手がけていらっしゃるフラヴィオ・クリッパ氏が先日のシンポジウムの際にお話されていました。「復元」と一言でいっても大変な労力を要するそうです。

2次元のメモを3次元の物にするだけでもその苦労は容易に想像できますが、ダ・ヴィンチの場合はスケールについては手稿で何も触れていない為、再現するのが大変なのだそうです。

500年前のメモを元に再現された装置。ここをしっかり観察しておくと今回の展示の中心である「レスター手稿」もより一層興味を持って見られる仕掛けになっています。時間をかけてゆっくりと。

さて、肝心のレスター手稿ですが・・・
個人でダ・ヴィンチの手稿を所有しているのが今回貸し出してくれたアメリカMicrosoft会長、ビル・ゲイツ氏。「年に1度、1カ国だけに実物展示が許されている」なんて聞くと、お金持ちのくせにケチだな〜と思うかもしれませんが、これはビル・ゲイツ氏がケチなわけでなく、保存・管理上の問題でそれ以上展示することが出来ないからなのです。

全18枚、72ページから成る「レスター手稿」以前の所有者レスター卿の名前を取って一般にこう呼ばれているそうです。

ダ・ヴィンチが残した手稿は約3,800枚と言われています。その中の18枚がこの「レスター手稿」と呼ばれ唯一定期的に一般公開されているものです。今回の展覧会はこの全てを見ることが可能です。

本物が展示してある部屋は保存状態を保つ為、真っ暗。夏ならさしずめお化け屋敷のよう。そこにガラスケースに一枚一枚丁寧に飾られた手稿が墓標の如く規則正しく並べて展示されています。しかも連続して明りをあてること、時間をあてる総時間数の制限などから明りが点いては消え、消えては点いての繰り返しです。

声を出さずにカウントしてみると、どうやら約1分おきに点いたり消えたりしているようです。その点灯消灯の仕方も蛍光灯などの点き方とは違いぼんやり手稿が浮かんで見えてくるように点き、60秒後にはフェイドアウトするかのように消えていきます。

展示ケース全てが一斉に明りが点いたり消えたりするわけではありません。
半分ごとに点いたり消えたりの繰り返しです。ランダムでもないので、しばらくすると見るコツやタイミングが掴めてきます。そして目も暗さに慣れてきます。いつもの黒服の監視員も。。。

しかし、書いてあることは、さっぱり分りません。
でもそれでいいのかと。読めたところでどうなるものでもありません。
本当に書いてあることが知りたいなら本を買えばいいわけで、
ここで千載一遇のチャンスを生かしなるべく本物と対峙し
色々な思いを馳せるのがこの展覧会の醍醐味ではないかと思いました。

ダ・ヴィンチは、1452年4月15日に生まれ、1519年5月2日に没しています。
同じ頃、京都では応仁の乱が繰り広げられ、ヨーロッパではスペイン王国が誕生し、また南アメリカ大陸が発見され、バスコ・ダ・ガマがインドまでの航海に成功しています。(私のご先祖様は何をしていたのでしょう? )

平安時代に書かれた和歌が現存していたりします。
遥か昔、1000年も前に都人たちはどんなことを考えどんな生活を営んでいたのでしょう。そしてそこに書かれてある歌はどんな場面で詠まれたものなのでしょう。
同じ国の中でもあれこれ、想うことはでき、その場から離れづらくなります。
季節は秋、虫の音は今も昔も同じかな〜

そして、レスター手稿。縦軸となる時の差は500年と短いですが、そこに横軸である国、場所の要素が加わってきます。当時のイタリアは・・・はっきりと想像はできないまでもぼんやりとしたイメージは浮かんでくるはずです。

一枚の紙の前でどれだけのイメージを膨らませ、イマジネーションをその空間で育てることができるか。そんな勝負の場でもあるかもしれません。

よって生半可な気持ちで行くと、何度も言いますがしっぺ返しを喰らいます。

「レスター手稿」を見終えて、また明るい空間に出るとそこには、レオナルド・ダ・ヴィンチ理想博物館所蔵の再現模型が展示されています。空を飛ぶことに感心を強く抱いていたダ・ヴィンチの夢の一端を垣間見ることができます。

また、チラシやポスターにも使われている「ミラノ手稿」のファクシミリ版も展示してあります。実物を見ることがほとんど不可能な今、ファクシミリ版の占める位置は大変重要なものがあるそうです。
(因みにこのファクシミリ版をお持ちなのは学習院大の裾分先生です。)

出口付近に10台近いパソコンが置いてあり、そこではダ・ヴィンチのほかの手稿も見ることが出来ます。
「アトランティコ手稿」「トリヴルツィオ手稿」「パリ手稿」「ウィンザー手稿」「アランデル手稿」「フォスター手稿」「マドリッド手稿」「鳥の飛翔に関する手稿」などなど。いくら時間があっても見きれません、こんなに。CD−ROMにして販売してくれないかな〜

「レスター手稿」は1ページ毎に解説がしてあります。
その中でも興味深かったことを一箇所ご紹介します。

第4紙葉表
絵画論に関するページ
タイトル「空気の色について」
遠くの山の明部と暗部はコントラストが強くなく、全体に青味がかって見える


「モナリザ」「岩窟の聖母」「受胎告知」・・・
なるほどね〜

11月13日までです。ジョギング

展覧会会場の様子やより詳しいレポートは、こちらのページが秀逸かと。

Leonardo Da Vinci 2006 Calendar
Leonardo Da Vinci 2006 Calendar

Leonardo Da Vinci Notebooks Of A Genius 2006 Calendar 

Leonardo Da Vinci Notebooks Of A Genius 2006 Calendar

人類史上最も偉大な天才、レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452〜1519年)。
真理を追い求めた知の巨人が、研究の集大成として遺した直筆ノート「レスター手稿」が、いよいよ日本で初公開されます。
マイクロソフト社のビル・ゲイツ会長が所蔵し、一年に一度、一カ国だけしか公開されない手稿であり、世界でも稀少な展覧会となります。
今なお謎に包まれ、世界中で議論を呼んでいるダ・ヴィンチの実像が、レスター手稿を通じて明らかになります。天才の息づかいを伝える直筆ノートの迫力と、ダ・ヴィンチが遺した現代へのメッセージをお楽しみください。
| 展覧会 | 23:02 | comments(34) | trackbacks(23) |
Takさん

「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」の感想文、大変お疲れ様でした(*- -)(*_ _)
本当にこの展覧会を観るにあたっては予習が必要ですね。
私もシンポジューム、池先生の講演会、本3冊など自分の
中で消化した後に鑑賞したので、それだけ実際にノートを
観た時に感動も大きかったです!!

リンク先の詳しい頁にもビックリしましたが、またこちらも参考に読ませていただきます。TBさせて頂きます。
| Julia | 2005/10/03 11:22 PM |

詳しい感想を、ありがとうございます。いつもお世話になっています。
>ここで千載一遇のチャンスを生かしなるべく本物と対峙し
>色々な思いを馳せるのがこの展覧会の醍醐味ではないかと>思いました。
ホンモノに対面できる事だけでも幸せと、出かけましたが、仰るとおりでした。展示の仕方も、なかなか親切でしたね。
再度ですが、TBさせていただきます。
| mari | 2005/10/04 3:40 AM |

記事中でご紹介いただき恐縮です。
すばらしく詳細な記事ですね!Takさんだともうあたりまえだという感じですが。

リンク先の頁も知りませんでした。あちこちで採り上げられているので(さすがレオナルド)、いったいこの展覧会にあわせてネット上を流れている情報量ってどれくらいになるのだろう、と唖然とします。
| ike | 2005/10/04 8:14 AM |

@Juliaさん
こんばんは。

土日と仕事だと自由を奪われた鳥のようで
何にもできないですね。更新も。
慣れない仕事だと帰宅してからもぐたっと
寝てしまうだけです。。。
そうして熟成?させておいた記事を
一気に月曜日に書き上げました。

だらだら書くより、やっぱり勢いがあった方が
筆が進みますね。

@mariさん
こんばんは。

TBありがとうございました。
年をとったせいか、何にでも「ありがたや〜」と
感動してしまいがちな自分ですが、この展覧会に
出展されているレスター手稿はまた格別なものがあります。
次にもう一度行く時は、CGなどを使った解説映像も
じっくり読み勉強してきたいと思います。

@ikeさん
こんばんは。

記事は展覧会の質の高さを伝えたい一心で書いただけです。
疲れていたので改行とかいい加減で読み難い点もちらほら。
推敲全然していないのでお恥ずかしいかぎりです。

リンクのページ画像も豊富で雰囲気伝わってきます。
仰るとおり膨大な情報量が流れていることでしょう。
かくいう自分も結構ここ何日かダ・ヴィンチねた書いています。
| Tak管理人 | 2005/10/04 9:59 PM |

Takさん、

同じ日に記事を書いていらしゃったのですね!
いつもながら素晴らしい内容ですね。
拝見したらまた観にいきたくなってきました^^

こちらの記事にTBトライしてみます。
(時間的に今日は大丈夫かも)

| インフォシェルジュ | 2005/10/05 8:16 AM |

@インフォシェルジュさん
こんばんは。

タイミング一緒でしたね!
内容は・・・一気に書き上げたので
ミス多くて、、、後で誤字訂正しました。
こっそりと。(^_^;)

TBできるといいのですが。。。
| Tak管理人 | 2005/10/05 9:35 PM |

こんばんわ!「美術館・博物館 展示情報」コミュからまいりました。

すごいレポートですね。感動が甦ってくるようです。
ぼくは、展示会に行く前の予習はほとんどしないです。なんか、先にイメージ持っちゃうと、実際に観た時とのイメージの違いに押しつぶされそうで。。。本物が与えてくれる「なにか」を大切にしたいななんて。。

今後ともよろしくお願いします。
| すた | 2005/10/05 10:59 PM |

Takさん、こんばんは
大変詳しいレポート、興味深く読ませていただきました。
特に、「復元」に関する苦労は、僕のような素人は考えたこともありませんでした。言われてみれば、当然なのですが、なかなかそこまで考えが及びません。
こちらからも、TB返しさせていただきましたので、よろしくお願いいたします。
| lapis | 2005/10/06 1:08 AM |

@すたさん
こんにちは。

わざわざお越しいただき恐縮です。
今回だけは何が展示されていて
それがどんなに凄いものなのか理解だけでもして
52階へ上がらないと無駄足に思えたりもするでしょうね。
(53階もとってもいい展覧会ですが)

500年前の紙の前で何をイメージできるか
見る側に勝負を挑んでいるダ・ヴィンチがそこにあります。
こちらこそ宜しくお願い致します。

@lapisさん
こんにちは。

「復元」についての苦労を知らずに私もこの展覧会に
出向いたら、子供だましの場所埋め的な展示にしか
思えなかったはずです。機会を与えてくださった方々に感謝です。
仕事などで疲れていない日にこっそり半休取って
出かけてのんびりじっくりまた観られたら幸せです。
TBありがとうございました。
| Tak管理人 | 2005/10/06 8:03 AM |

トラックバックありがとうございました。

こちらを「ブログヘッドライン」の推奨ブログにノミネートさせて頂きました。許可頂ける場合は、下記のページをご確認のうえメールでご通知ください。
http://www.blog-headline.jp/committee/

当サイトの推奨ブログ一覧にリストアップさせて頂きます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ブログ生活向上委員会(ブログ・ヘッドライン)

 〒101-0021千代田区外神田3−13−2リナックスビル3F
(株)フォーナイン・ストラテジーズ(実現屋)内
           http://www.blog-headline.jp/
            mail:comm@blog-headline.jp
           
■■■■■■■■■■■■■■■■■99.99■■■■
| Blog-Headline | 2005/10/08 7:59 PM |

@Blog-Headlineさん
こんばんは。

拙blog推奨していただきありがとうございます。
光栄です。

のんびり出来た頃登録させていただきます。
| Tak管理人 | 2005/10/08 11:10 PM |

TB有り難うございました。ふむふむ、そうなんだ〜と興味深く読ませて頂きました。最近でも頻繁にダ・ヴィンチの記事を目にしますが、自分なりにも少し調べてから行ってみたいなあ〜という気持ちになりました。なんとか会期中までには是非、見に行きたいなあ〜。大変参考になりました。
| alice-room | 2005/10/09 12:47 AM |

Takさんはじめまして。
TBさせていただいきました。ありがとうございます。
かなり詳しく報告がされていて、いいですね。
また遊びによります。
| マサキ | 2005/10/09 12:00 PM |

@alice-roomさん
こんにちは。

私も知らないでいったらきっとがっかりしたと思います。
ダ・ヴィンチの絵画は一枚もないですし、
理科の実験道具のようなものしか並んでいませんから。
でも、それも「レスター手稿」を観る最低の礼儀なような気がしました。
行かれたら記事TBしてくださいね!!

@マサキさん
こんにちは。

TBありがとうございます。
ご丁寧にコメントまで頂戴し恐縮です。
文系人間なのでまだまだです。もう一度時間をかけ
ゆっくり映像も含めて鑑賞してきたいと思います。
今後とも宜しくお願いします。
| Tak管理人 | 2005/10/10 11:22 AM |

行って参りました!
念願のダヴィンチ展。
始まる前はそこまで執着してなかったのですが、
Takさんのblogを拝読したらもう
絶対行かなきゃ!!!
でした。あは。
ダヴィンチの大きさというか、科学の歴史、みたいなものを
肌で感じることができて幸せでした☆
Takさんが参加なさったシンポジウムのエントリ、
blogの中で紹介させて戴きました。
もちろんTakさんのお名前つきで。
事後報告ですみません。
| はな | 2005/10/11 9:09 PM |

@はなさん
こんばんは。

あれれ、、、いつの間に。
素早いな〜
展覧会って始まる前と始まってからでは
テンション明らかに違いますよね。
前売りを買うか買わないか迷って
結局買わず、始まってからいつも後悔。
これの繰り返しです。

しかし、はなさん、いつの間に。。。
blogも拝読させていただきましたが
えらく丁寧にレポートされていますね〜
感心感心。
私も読んだらまた行きたくなってきたので
来週にでも六本木へいざ!

記事紹介していただきありがとうございました。
「渾身のレポート」確かに。。。
調べなおしたら聞き間違い(固有名詞)などあったのですが
そのままにしてあります。
| Tak管理人 | 2005/10/11 9:39 PM |

先日はコメントとトラックバック、ありがとうございました。
地方在住で遠いのですが、読ませていただいてますます行きたくなりました。

その日のために、少し予習しておこうかなぁと思います。
| hatch | 2005/10/13 1:52 AM |

@hatchさん
こんばんは。

私が言うのもなんですが
是非機会がありましたら
ご覧になってください。

予習は会場でもかなりできます。
まずは行動力!!
| Tak管理人 | 2005/10/14 12:22 AM |

こんばんわ。

すいません。なにもいわずにTBしてしまいまして。
コメントありがとうございます。
本当に1分って短いですね。
読んでわかるというわけではないですが、じっと見てても飽きないのですから、もうちょっと見てたいですよね。
| pucci | 2005/10/23 9:05 PM |

@pucciさん
こんばんは。

とんでもない!!
TB大歓迎です。ありがとうございました。
頭文字を大文字で書いてありましたが
「Q」がとてもお茶目に見えました。
金曜日にもまた行ってきたのですが
思っていたより混雑していなくてゆっくり見られました。
| Tak管理人 | 2005/10/23 10:23 PM |

Takさんの更新頻度がすごいので、ずいぶんと以前の記事へのTBになってしまいました。

いつもありがとうございます。いただいたメールへのお返事を先ほどしておきました。
| ike | 2005/10/29 12:24 PM |

@ikeさん
こんばんは。

メールの回答ありがとうございました。
助かりました。

TBしていただいた記事
凄いですね!!!!!
前々からお話は伺っていましたが
現実となると私まで嬉しくなってしまいます。
| Tak管理人 | 2005/10/29 11:20 PM |

TBさせて頂きます。
そしてTBありがとうございます。
連絡遅くなってしまい申し訳アリマセン。

レオナルドダヴィンチ展
今もう一度行こうか検討中ですw
| ゆうた | 2005/11/02 12:27 PM |

@ゆうたさん
こんばんは。

TB&コメントありがとうございます。
2度行きました。
次はどうしましょう。。。
誰かに「行こう!」と誘われたら
間違いなく行ってしまいそうです。
スギモトさんも見なくては!
| Tak管理人 | 2005/11/02 11:57 PM |

こんばんは!TBありがとうございます!
詳細なレポートで驚きました。
わたしなんかは、へー、そー、なんてすたすた通り過ぎただけでした。
皆さんの熱の入り方を拝読して、終わっちゃう前にもう一度行ってみようと思います!
| azabutime | 2005/11/08 10:49 PM |

@azabutimeさん
こんばんは。

美味しいお店見つけていて
偶然貴blog発見しました。
ダ・ヴィンチ展のことも書かれてあったので
TB送らせていただきました。
コメントいただきありがとうございました!!
| Tak管理人 | 2005/11/09 11:26 PM |

はじめまして。
>ここで千載一遇のチャンスを生かしなるべく本物と対峙し
色々な思いを馳せるのがこの展覧会の醍醐味ではないかと思いました。

私もまったくそのとおりではないかと感じた展覧会でした。
500年も前の大天才の思考の一部に直接触れることができる機会と、これだけで感動してしまいました。
TBさせていただきました。これからも寄らせていただきますね。
| みどり | 2005/11/11 12:37 PM |

@みどりさん
こんばんは。

コメントありがとうございます。
まだちょっと前に書いた文なのに
今改めて読むと恥ずかしいです。。。
この時は「勢い」で一気に書いてしまいました。

今日たまたま「枕草子」を読む機会があったのですが
窓から見える秋の空を眺め、平安の昔に心馳せていました。

これからもどうぞ宜しくお願いいたします。
| Tak管理人 | 2005/11/11 11:47 PM |

TBありがとうございます
ここはすいている時に行きたかったです
実験やパソコンはそうでないと見れないですものね・・
人多すぎ!森美術館!
| zattchi | 2005/11/15 11:49 AM |

@zattchiさん
こんばんは。

展望台の観光客やカップルさんと
同じ流れの中に美術館がありますから
混雑しますよねーー特に土日。。。
分けること出来ないのでしょうか?
美術館は観たい人だけでいいかと思います。
| Tak管理人 | 2005/11/15 10:36 PM |

30年ほど前、新宿図書館に当時出版されたばかりの
「ミラノ手稿」を購入リクエストし、今でも本棚に収まって
いると思うのですが、検索しても出てきません。
あの本は存在してたのでしょうか?
何か記憶違いなのでしょうか?
明日新宿図書館に問い合わせてみようと思います。
| 海野鯛子 | 2007/03/24 9:31 PM |

@海野鯛子さん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

新宿図書館が「ミラノ手稿」の
ファクシミリ版を持っているのですか!!
全く存じ上げておりませんでした。
現在でもありますよね。多分。。

裾分先生ならきっとお持ちでしょうが。
| Tak管理人 | 2007/03/25 12:11 AM |

>ファクシミリ版を持っているのですか!!
いいえ。出版された「本」です。
図書館に問い合わせたら「ない」のです。

わたしは1949年生まれで、22,3才の頃ですから
1972年前後です。当時「ミラノ手稿」は発見された
ばかりですぐ日本でも出版化され、わたしはたしかに
見た覚えがあるのですが、、

残念です(泣)

記憶違いなのでしょうか、それとも。

ハワイ、そして今は沖縄に引越しした過程で
何もかも捨て去りました。。。

余談ですが
なかでも「世界名詩集大成全巻」が
忘れられません。青い布の装丁の手触りも
はっきりエピソード記憶にあります。

それなのに。

「ミラノ手稿」は何だったのでしょうか?
夢だったのでしょうか?

| 鯛子改めAECTON | 2007/03/31 5:19 PM |

@鯛子改めAECTONさん
こんにちは。

ミラノ手稿が「発見」された時に
ファクシミリ版も発売になったのですね。
どれくらの数出たのでしょうね。

実は私の同僚にもどの手稿かは
分りませんが、お持ちの方いるようで
見せてもらいたいなーと思いつつ
中々切り出せずにいます。話。

引越しの時に、本は一番「重荷」となりますからね。
捨てることが出来ずに、いつかは見るはずと思い
本は増えていく一方です。
| Tak管理人 | 2007/04/01 11:15 AM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/400
レオナルド・ダ.ヴィンチ展 −直筆ノート「レスター手稿」 No.7
今日はついに500年前のレオナルドによる直筆のレスター手稿を「森アーツギャラ
| Floral Musée | 2005/10/03 11:28 PM |
GLOBAL PLAYERS
みなさん、こんにちは。 今日は、みなとみらい線馬車道駅近くにあるBankART1929と言うギャラリーに日本とドイツの現代アートの展覧会に行って来ました。 このギャラリーは、2箇所にあります。一つは、馬車道駅の1b出口の側にあるんですがなかなか見つけられません
| Hodiauxa Lignponto | 2005/10/04 12:14 AM |
レオナルド・ダ・ヴィンチ展
素晴らしい展示物があると、ヒルズのメルマガで知って、もっと早く行きたかったのですが、やっと行かれました
| まぁ、お茶でも | 2005/10/04 3:41 AM |
レオナルド・ダ・ヴィンチ展
生きてる内に一度は見たかったモノの一つ、レオナルドの手槁。今回、六本木ヒルズにて
| WaDSblog | 2005/10/05 11:09 PM |
レオナルド・ダ・ヴィンチ展
北川イベントで東京に行った最後の日、六本木に寄って レオナルド・ダ・ヴィンチ展 を見てきました。ビル・ゲイツが所蔵する「レスター手稿」の日本初公開という話題以外は地味な展示ではあったが、なかなか堪能しました。  ダ・ヴィンチといえば「モナ=リザ」や「
| マゾヒズムに花束を! | 2005/10/06 12:02 AM |
Leonardo Da Vince, The Codex Leicester
仕事の合間にレオナルドダビィンチ展に出かけた。
| Milano Design blog | 2005/10/06 12:21 AM |
レオナルド・ダ・ヴィンチの鏡面文字について
mironさんの「ダ・ヴィンチの鏡面文字についての補足」についてのトラックバックです。 mironさんから、「ダ・ヴィンチが鏡面文字を書いた理由は、印刷原稿とする為」という説は、高津道昭『レオナルド・ダ・ヴィンチ 鏡面文字の謎』(新潮社 1990年)によると教えてい
| カイエ | 2005/10/06 12:56 AM |
「ダ・ヴィンチ・コード」の予習にいかが?ダ・ヴィンチ展が開幕
「ダ・ヴィンチ・コード」の予習にいかが?ダ・ヴィンチ展が開幕eiga.comより 【以下、転載】 レオナルド・ダ・ヴィンチの作品群とその名画に隠された謎を描いた同名ベストセラーの映画化で、来年度最大の話題作「ダ・ヴィンチ・コード」。その作品世界に大きな影響を
| 叡智の禁書図書館 | 2005/10/09 12:39 AM |
レオナルド・ダ・ヴィンチ展
森アーツセンターギャラリーで開催中の 「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」に行ってきました!!!    ESTNATIONでANAYIのお洋服売ってる〜      (読む人が読んだらわかるよね。。)    バナ・リパ、ここにできたんだ〜    それにしてもヒルズって何
| 花のいろ | 2005/10/11 9:03 PM |
レオナルド・ダ・ヴィンチ展
レオナルド・ダ・ヴィンチ展 人類史上最も偉大な天才、レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452〜1519年)。 真理を追い求めた知の巨人が、研究の集大成として遺した直筆ノート「レスター手稿」が、いよいよ日本で初公開されます。 マイクロソフト社のビル・ゲイツ会長が所蔵
| hatchblog | 2005/10/13 1:42 AM |
レオナルド・ダ・ヴィンチ展に行ってきました
といっても、昨日。笑 合格してうきうきしながら、 会社に戻るのはしゃくだったので、 そのまま六本木ヒルズの森美術館へ。 実はこの間MOMAの会員になったので、 特別展示展でも500円の追加料金で見れるのです! 今回やってきているのは、マイクロソ
| 紅まぐろむっしゃり日記 | 2005/10/23 12:24 AM |
レオナルド・ダ・ヴィンチ展 ★★★★☆
>レオナルド・ダ・ヴィンチ展 ★★★★☆ 前回、前々回と期日に背中を押されまくりの何とも慌しい美術館探訪になってしまったので今回は日時ともに余裕を持って出陣。六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーにて公開されている(→11月13日まで)「レオナルド・ダ
| TRUE−TIME WEB−LOG | 2005/10/26 9:15 PM |
レオナルド展公式HP
レオナルド・ダ・ヴィンチ展の公式HPに、インタビュー記事がUPされたのでご紹介させていただきます。 アレッサンドロ・ヴェッツォージ氏や裾分一弘氏といった世界的なレオナルドの大家、養老孟司氏やビル・ゲイツ氏といった錚々たる面子の中にいるので、若輩者の私だ
| 池上英洋の第弐研究室 | 2005/10/29 12:10 PM |
レスター手稿   Codex Leicester
Leonardo da Vinci (レオナルド・ダ・ヴィンチ)が書き残した研究ノートで「レスター手稿」というのがある。イギリスの貴族レスター(Leicester)卿が1717年に入手して持っていたことで名づけられた。研究ノートは直筆で18枚、1枚の紙に4 ページ(1枚に2ページ分の筆記、
| 普通でない普段 Unusualness of Us... | 2005/11/01 10:36 AM |
レオナルド・ダ・ヴィンチ展
今日の空
| 日替わり生活 | 2005/11/01 6:46 PM |
2005/11/03(Thu.)
「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」を見に六本木ヒルズへ。 今回は、レオナルド・ダ・ヴィンチが残した直筆ノート、「レスター手稿」の日本初公開ってのがウリ。ちなみに、この「レスター手稿」の持ち主はマイクロソフトのビル・ゲイツ夫妻。年に一度、世界のどこか一国で
| ヒキガタリスト の ひとりごと (nemshima's ... | 2005/11/03 10:08 PM |
Meridiana (メリディアーナ)
ジャンル:イタリアン 時間:Tea time   「Meridiana 」は、森タワー51Fです。   「眺望レストランに旨いところなし」とは、よく耳にする言葉です。 こちらもファミレス並みです、なんて書いちゃうと話が終わっちゃいますので、まずは概要から・・  
| 麻布TIME | 2005/11/06 5:49 PM |
レオナルド・ダ・ヴィンチ展
レオナルド・ダ・ヴィンチ展  直筆ノート「レスター手稿」日本初公開 平日割引で表記に行く。まずは、レオナルド・ダ・ヴィンチLeonardo da Vinci(1452〜1519年)レスター手稿The Codex Leicester(1505、1507ー1508年)の解説のコーナ。ここは池上先生のビデオ解説、
| 徒然なるまままに | 2005/11/06 10:48 PM |
レオナルド・ダ・ヴィンチ展
あまりに有名な絵画モナリザや最後の晩餐で知られるダヴィンチ展。今週まででしたので、あ
| 女王様の耳 | 2005/11/08 10:42 PM |
レオナルド・ダ・ヴィンチ展
レオナルド・ダ・ヴィンチ展行ってきました。 メインはレスター手稿の展示で、「画家」レオナルドではなく、「万能の天才」レオナルドにフォーカスが当てられています。 画家業がレオナルドの幅広い芸才の、ほんの一角に過ぎなかったことがよくわかる展示。 天文学、
| 紫崎式子日記β | 2005/11/10 5:41 PM |
レオナルド・ダ・ヴィンチ展 直筆ノート「レスター手稿」日本初公開
レオナルド・ダ・ヴィンチ展 直筆ノート「レスター手稿」日本初公開 @六本木ヒルズ森タワー52階 森アーツセンターギャラリー ~11月13日まで 11月4日(金)観に行ってます。とても印象深かったので早めに書き留めておきます。 現在夜10時まで開
| みどりのアート鑑賞日記 | 2005/11/11 12:29 PM |
11/12:MORI ART MUSEUM
週末の仕事帰り。 立ち寄っりました、六本木ヒルズ。。。 けやき坂通りのイルミネーションは年々激しくなってる気がします。。。 そんな秋冷の幻想的な通りを、寄り添って歩くカップルを見ながら。。。 「ケッ!」 。。。もとい、微笑ましく思うワタクシです。
| +3 | 2005/11/12 12:32 PM |
「杉本博司 時間の終わり」、「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」
「杉本博司 時間の終わり」 「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」 六本木ヒルズ 森美術館 両展示会に行ってきました。ダ・ヴィンチ展のほうが人が多かったかな。 「杉本博司 時間の終わり」 日本を代表するアーティスト。1975-2005までの仕事 「レオナルド
| ミチミチ | 2005/11/15 11:48 AM |
編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」連載中


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
山口晃 平等院養林庵書院奉納襖絵
ゴッホの幻の「ヒマワリ」
黒田記念館リニューアルオープン
日本美術ちらし寿司
「オスカー・ニーマイヤー展」
「ディン・Q・レ展:明日への記憶」
特別展「白鳳」
「森本美由紀展」
「クレオパトラとエジプトの王妃展」
「メカニックデザイナー 大河原邦男展」
「青樹うめ展」開催!
「藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美」
「伝説の洋画家たち 二科100年展」
「動きのカガク展」
「ボルドー展」
「シカゴ ウェストンコレクション 肉筆浮世絵」開催!
「芸術の秋」、「琳派の秋」。
特別展「蔵王権現と修験の秘宝」
「teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe」
特別展「生命大躍進」
「SHIBUYA」
「琳派と秋の彩り」
「箱根で琳派 大公開〜岡田美術館のRIMPAすべて見せます〜」
あなたは五姓田義松を知っていますか?
「風景画の誕生展」
「国宝 一遍聖絵」が全巻全段展示されます!
美術館でコスプレ!
Ingress(イングレス)でミュージアム巡り。
2015年、都内で観られる西洋絵画の展覧会
プロが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
かみさんが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
2014年 展覧会ベスト10


パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
軽いのでいつも持ち歩いています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...