青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 六円八十銭のダ・ヴィンチ | main | 「杉本博司展」 >>

キツネどん美術館へ行く。

ロンドンにあるNational Portrait Gallery
予期せぬ訪問者がいらしたそうです。

THE NATIONAL PORTRAIT Gallery had an artful nocturnal visitor this week. Watch the bank of CCTV screens now installed in the foyer and you will find that they monitor a mysterious intruder. The long Tudor galleries are stalked by a fox.
I know that this mammal has become pretty metropolitan these days. But this particular creature hadn’t simply popped in to admire a few portraits, to sniff at the sables and ermines of Elizabethan forebears. It was part of an artwork by Francis Alÿs.


分かりますか?大きな集団肖像画を鑑賞していらっしゃいます。
この適度な距離が玄人っぽいですね〜

 
こちらの展示室では中央の立派な貴族の肖像画に興味があるようです。
左斜めから鑑賞するなんてこれまた玄人筋。やりますね〜

  
 この壁紙の美しい展示室はあまりお気に召さないようで素通り。
 好みが決まっているのでしょうね、きっと。


真夜中の美術館に迷い込んでしまったのは一匹のキツネさん。
その姿は監視カメラによってばっちり捉えられていました。

18分にも及ぶその映像はこちら「Fox TV」で観られます。
Watch the whole fox film

最後はついにzzz
絵画鑑賞に疲れたこの訪問者はなんと、こともあろうに中央のアーチ状の木枠のある絵画展示スペース前でお休み。。。zzz
あんまり近寄ると…絵に触れてしまいますよ!!

猫や犬でなくてキツネというのがイギリスらしいといえばイギリスらしいですね。
その昔「キツネ狩り」でハントされたキツネの末裔・子孫が絵に描かれている貴族たちに報復に来たわけじゃーないですよね・・・

それにしてもこの大胆な闖入者いったい何処から迷い込んだのでしょうね?

監視カメラの映像を初めは驚きと共に観ていたのですが、
途中からこのキツネどんのことが、羨ましくなってきました。
だって真夜中の美術館独り占めですよ!

今度迷い込む時は教えてね。マル秘キツネどん!!

「マーカス・フィスター絵本原画展」
「アジアのキュビスム展」
「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」
「杉本博司展」

既に観てきた展覧会これだけあるにもかかわらず
この狐君の『活躍』には勝てず、エントリしてしまいました。。。

明日から神無月ですね。
その他 | permalink | comments(7) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

うわ〜!狐さんすごいですね!!
素通りする部屋もあれば、ベンチに登ったりしてじっくり見ている部屋もありますね。
頭いい〜〜。かなり通のようですね(^^)

ひょっとしたら、美術館ゲリラの為の下見でしょうか??
| 2005/10/01 12:51 AM
>このキツネどんのことが、羨ましくなってきました。
この気持ち分かります(^^;
キツネなら夜中に忍び込み一人で楽しんでも犯罪にならないのね・・
一人、心行くまで眺めてみたいものですね〜

それにしても、絵でカリコリなんてしないキツネくんで良かった^^
| 2005/10/01 9:28 PM
狐どんすごい!
一体どうやって入ったのでしょう???
都会のナショナルポートレートギャラリーの辺りに狐がいるのもびっくりです。
夜ゆっくり独り占め出来てうらやましいですね。
ところでキツネどんって呼び方はどこかで聞いたような気がするのですが…?(私の思い違いかも)
こちらに来るとびっくりするような情報が入るので楽しいです☆
mizuiro | 2005/10/01 10:53 PM
すいません!一番上のコメント、名前が抜けてました。。。
失礼いたしましたm(__)m
muro | 2005/10/01 11:22 PM
@muroさん
こんにちは。

ついつい見てしまう映像?ですよね。
ただ通り過ぎるだけでなく、立ち止まっていたり
終いには絵の前で寝てしまったり。かわいいです。

美術館ゲリラやりかねませんね。。。確かに。

@| | 2005/10/01 9:28 PM | さん
こんにちは。

>一人、心行くまで眺めてみたいものですね〜
ですね。
羨ましいです。
とても空いている美術館を独り占めしたのと
またちょっと感じが違うのでしょうね。
たまらないだろうなー

この後何処からか出たのでしょうかね??

@mizuiroさん
こんにちは。

>ところでキツネどんって呼び方はどこかで聞いたような気がするのですが…?
スプラッシュマウンテンの「きつねどん」を思い出して書きました。
しばらく乗っていないので。。。懐かしくて。

何処から侵入したのか
そして何処から出て行ったのか・・・
もしこれが森美術館なら、、、なんてことはないですよね。
Tak管理人 | 2005/10/02 5:23 PM
あけましておめでとうございます。

いつも、素敵なコメント
拝見しております。
驚きました!きつねさん。
私はMOMAにいったとき
に詩を書いて、そのなかに

「…この大きな芸術の森に
 迷い込んだのは狐の子供
 私の化身…」

というのがありまして。
震えるほど驚きました☆
ナショナルギャラリーも
コートルードも素敵でしたが
National Portrait Gallery
はガラスの壁、素敵です。。

ありがとうございます!
seto.y | 2006/01/10 12:08 PM
@seto.yさん
あけましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。

ご覧頂感謝です。
読んで下さる方がいるだけで幸せです。
きつねどんの記事随分昔ですね。
まだ最近のような気がします。

月日のたつのは本当に早いです。

詩をお書きになるのですね。
いいなーー想像力豊かな方は。

それにしても、ぴったりの詩ですね。
私も驚きました。

また今後とも宜しくお願いいたします。
きつねどんに感謝です。

Tak管理人 | 2006/01/10 11:51 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック