青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Ingress(イングレス)でミュージアム巡り。 | main | 『美術館で働くということ』 >>

「オスカー・ニーマイヤー展」

東京都現代美術館で開催中の
「オスカー・ニーマイヤー展 ブラジルの世界遺産をつくった男」に行って来ました。


http://www.mot-art-museum.jp/

建築家の名前は知らずとも、そのインパクトのある建物は写真やwebで何度も目にしているはずです。1987年に世界遺産に登録された、ブラジルの首都ブラジリア。
歴史的な街並みを持つ都市が世界遺産に登録されることは多いが、建設されて40年未満という若い都市が登録されたのは、当時としては異例のことであった。のちに世界遺産委員会の「世界遺産条約履行のための作業指針」において、20世紀建築の登録は推進されるべき分野のひとつと位置づけられた。

オスカー・ニーマイヤー「ブラジリア大聖堂

その首都ブラジリアの主要な建築物の設計に携わったオスカー・ニーマイヤー(1907-2012)の日本初の大回顧展が東京都現代美術館で開催されています。

折しも、東京に巨大建造物を新たに建てることについて喧喧囂囂としている最中。ニーマイヤーの手掛けた建造物やグランドデザインに触れると辟易した気持ちがスッキリします。

そうした意味では、未経験の愉快痛快な建築展です。


オシカー・ニーマイヤー「カノアスの邸宅

会場構成は以下の通りです。

1:プロローグ
2:パンプーリャ・コンプレックス、カノアスの邸宅、国連本部ビル
3:ブラジリア大聖堂、アウヴォラーダ宮の柱
4:ドキュメンタリー映像
5:ニテロイ現代美術館、コンスタンティーヌ大学
6:イビラプエラ公園
7:エピローグ


ニーマイヤーから影響を受けている日本を代表する建築集団SANAAが、今回の会場構成を手掛けています。建築模型が置かれた展示台(什器)からしてらしさが出ています。


「オスカー・ニーマイヤー展」展示風景

刮眼すべきは、ニーマイヤーの代表作のひとつ、イビラプエラ公園の30分の1の模型です。何と、東京都現代美術館地下2階の約500屬離▲肇螢Ε爐鬚曚楞管使い展示しているのです。

しかも、巨大な展示作品の中へ入り、建築模型の周りを歩けるようになっています。推奨鑑賞ルート通りに観て歩くのもよし、自由気ままに公園の中をぶらぶらするのもよし。

やっぱり、未経験の愉快痛快な建築展です。


オスカー・ニーマイヤー「イビラプエラ公園



「イビラプエラ公園」の展示を上から眺めるとこんな感じです。ここから見てやっと公園の全体像がつかめます。

因みに、床はカーペットとなっているので靴を脱いで「イビラプエラ公園」模型内を散策、そして時に腰をおろし低い目線から模型を眺めてみたりするなど、楽しみ方は色々。


オスカー・ニーマイヤー「ニテロイ現代美術館」

花をイメージして作ったそうですが、どう見ても岸壁に不時着したUFOにしか見えないニテロイ現代美術館。一生に一度はこの目でこの建物見てみたいものです。

ニテロイ現代美術館(Museu de Arte Contemporânea de Niterói)
http://www.macniteroi.com.br/

ニーマイヤーの手掛けた建物、ひとつも見たことないな〜と思っていると、目の前に国連本部ビルが!


オスカー・ニーマイヤー「国連本部ビル

これは観たことある唯一のニーマイヤー建築かも。もうかれこれ20年以上前ですが、国連本部ビル内も見学してきたことがあります。薄らと記憶にある大会議場などもニーマイヤーによるものだったのでしょうか。

お盆休みにでも、旧い写真あさってみることとしましょう。

「オスカー・ニーマイヤー展」は10月12日までです。建築って自由で楽しいものだと再認識させてくれる展覧会です。お勧めです!


オスカー・ニーマイヤー展 ブラジルの世界遺産をつくった男

会期:2015年7月18日(土)〜10月12日(月・祝)
時間:10:00〜18:00
(7月〜9月の金曜は21:00まで、入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(7月20日、9月21日、10月12日は開館)7月21日、9月24日
会場:東京都現代美術館 企画展示室地下2F

主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館、 駐日ブラジル大使館、ブラジル文化省、日本経済新聞社
ブラジル・エクゼクティブ・プロダクション:Base7
会場構成:SANAA
模型企画・制作:野口直人建築設計事務所




オスカー・ニーマイヤー 形と空間―Oscar Niemeiyer Form&Space

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4036

JUGEMテーマ:アート・デザイン


ニーマイヤーは1950年代、祖国の大プロジェクトである、首都ブラジリアの主要な建物設計にたずさわり、荒涼とした土地に創造性豊かな都市をつくりあげました。この成功は建築という概念を超えた歴史的イベントとなり、ブラジリアは1987年世界遺産に登録されました。104歳で亡くなる直前まで多くの建築設計を手掛けており、その有機的でダイナミックな曲線とモダニズムの幾何学の調和を特徴とするデザインは今なお多くの建築家に影響を与えています。本展では、2016年のリオ・デ・ジャネイロでのオリンピック開催を前に、日伯外交樹立120周年を記念して、リオが生んだ偉大な建築家の約1世紀にわたる軌跡を紹介いたします。
展覧会 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック