青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 展覧会を今よりもっと楽しむ為の5つの秘訣。 | main | 『白洲家の晩ごはん』 >>

「国宝 一遍聖絵」が全巻全段展示されます!

一遍の行状を描いた鎌倉時代の名品で国内最古の絹本著色絵巻である「国宝 一遍聖絵」が、遊行寺宝物館の全面リニューアルオープンを記念し、全巻全段(12巻48段)が展示公開されます。



何編でも「国宝 一遍聖絵」

チラシ紙面に、こんなおやじギャグがさく裂するほど浮かれています。それもそのはず、国宝「一遍聖絵」を全巻同時の一般公開は本邦初のことだそうです。

しかも、遊行寺宝物館、神奈川県立歴史博物館、神奈川県立金沢文庫の三館での共同展示も初の試みです。スペースの関係や混雑緩和の面からもこれは賢明な方策かと。

観に行く我々もあちこち足を運べるのは悪くないことです。(Ingress的にも)

↓それぞれの画像はクリックで拡大します。



1会場 遊行寺宝物館
開催日:2015年10月10日(土)〜12月14日(月)
休館日:毎週火・水・木曜日(祝日は除く)
*11月16日までは全12巻の展示(*全段ではありません)
11月20日より1・7・11・12巻を展示します。
http://www.jishu.or.jp/



第2会場 神奈川県立歴史博物館
開館日:2015年11月21日(土)〜12月13日(日)
休館日:毎週月曜日(11月23日は開館)
*4・5・6・10巻を展示します。
http://ch.kanagawa-museum.jp/



第3会場 神奈川県立金沢文庫 

開館日:2015年11月19日(木)〜12月13日(日)
休館日:毎週月曜日(11月23日は開館)・11月24日
*2・3・8・9巻を展示します。
https://www.planet.pref.kanagawa.jp/city/kanazawa.htm

各開場での関連行事、特別講演会、セミナーについてはこちらのページで確認して下さい。

― 連携企画(東京国立博物館 本館特別1・2室)―
「一遍と歩く 一遍聖絵にみる聖地と信仰」
かつて分かれた第7巻と関連作品を展示


開催日:11月3日(火・祝)〜12月13日(日)
休館日:毎週月曜日、11月4日(水)・24日(火)
*11月23日(月・祝)は開館

トーハク所蔵の「一遍上人伝絵巻 巻第七」は文化庁が運営する「e国宝」で全て観ることが可能です。
http://www.emuseum.jp/

会期が短いので一気に観ておきたいものです。さていつ頃にしましょう。悩むな〜


遊行寺宝物館リニューアル記念特別展「国宝 一遍聖絵」

主催:遊行寺宝物館、神奈川県立歴史博物館、神奈川県立金沢文庫
特別協力:藤沢市、藤沢市教育委員会、東京国立博物館
協賛:江ノ島電鉄株式会社、公益社団法人藤沢市観光協会、藤沢商工会議所、高志書院、東芝ライテック
後援:時宗、神奈川県文化財協会、神奈川県博物館協会

それにしても、こういう何館かにまたがっての展示となると、やはり全部観に行かねば!と誰にも頼まれたわけでもなしにコンプリート欲がふつふつと湧いてきます。

そんな自分向けにか、一遍聖絵4館共同スタンプラリーが企画されています。

「一遍上人と歩こう」11月3日(火・祝)より
「国宝一遍聖絵」展を全館制覇してみませんか。11月3日より東京国立博物館、藤沢コンシェルジュ(藤沢駅観光案内所)で台紙を配布いたします。遊行寺宝物館、神奈川県立歴史博物館、神奈川県立金沢文庫では11月3日以降の会期中対応。全館制覇された方には遊行寺宝物館で景品を贈呈いたします。(台紙、景品ともになくなり次第終了)。


君はオンラインで文化遺産を楽しめるサービスを知っているか。
http://ima.goo.ne.jp/column/article/3623.html

神奈川県立歴史博物館で今月から始まるこちらの展覧会も超必見です!
五姓田義松(ごせだ よしまつ)展。


http://ch.kanagawa-museum.jp

「没後100年 五姓田義松 〜最後の天才〜」

会期:2015年(平成27年)9月19日(土)〜11月8日(日)
会場:神奈川県立歴史博物館 特別展示室・コレクション展示室

あなたは五姓田義松を知っていますか?
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4091

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4097

JUGEMテーマ:アート・デザイン


国宝「一遍聖絵」は、宗教者一遍の行状を描いた鎌倉時代の名品で国内最古の絹本著色絵巻です。一遍は念仏(南無阿弥陀仏)を唱えることで誰でもが往生を遂げることができると民衆に説いた僧侶で、鎌倉時代に新しく成立した仏教宗派のひとつ、時衆(時宗)の誕生に大きな役割を果たしました。
このたび、この絵巻を所蔵する時宗総本山清浄光寺(遊行寺・神奈川県藤沢市)に所属し、「一遍聖絵」の維持管理を行う遊行寺宝物館が全面的にリニューアルオープンします。その記念事業として、全十二巻を遊行寺宝物館、第2会場として県立歴史博物館、第3会場として県立金沢文庫の三館で共同展示することと致しました。各館の展示巻にはそれぞれ特色があり、各館を巡ることにより全巻を鑑賞していただけます。国宝「一遍聖絵」全巻同時の一般公開は本邦初であり、三館での展示も初の試みです。
また本展では、鎌倉時代絵巻の至宝「一遍聖絵」に描かれた世界をよりわかりやすくご覧いただくために、聖絵にまつわる名品を精選して展示いたします。この機会に、ぜひご観覧ください。
展覧会 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

そう、この秋私が一番気になっている展覧会ってこれなんですよ。
なんとか時間を作ってコンプリートしたいと思っています。
一遍上人絵詞が全巻展示される機会なんて、
動植采絵が全部揃う以上にレアですよね。
次にいつ見られるかなんて見当もつきません。
遊行寺は近いんで何回か行っていますが、宝物館まで入ったことはないので、
これまた楽しみです。
鉄平ちゃん | 2015/09/17 7:14 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/4097
この記事に対するトラックバック