青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「あなたが選ぶ展覧会2015」:今年は皆さんの投票で決めましょう! | main | 『アトピーの夫と暮らしています』 >>

「東北画は可能か?」:『地方之国現代美術展』&『地方之国構想博物館』

東北芸術工科大学教授の三瀬夏之介さんが中心となり2010年より東北を中心に開催されている展覧会「東北画は可能か?」。


「東方画は可能か?」公式サイト:http://tohokuga.com/

今月(11月)下旬から、都内で開催されることになりました。これまで行きたくても観に行けなかった方には朗報かと。

しかも、東京都美術館とT-Art Galleryの2か所で開催されます!


「東北画は可能か?〜地方之国現代美術展〜」
https://www.facebook.com/terrada.art.award/

会場:T-Art Gallery
住所:東京都品川区東品川2-6-10 寺田倉庫本社ビル2Fギャラリースペース
会期:2015年11月28日(土)〜12月11日(金)月曜休廊
時間:火〜水 11:00〜18:00 / 木〜日11:00〜19:00
オープニングパーティー トーク&ライブイベント:11月28日(土)17:00〜

<出品作家>
青山ひろゆき、浅野友理子、あるがあく、石原葉、近江谷沙里、金子富之、金子朋樹、木村 良、鴻崎正武、齋藤正和、坂本大三郎、瀬川千晶、瀬島匠、眦長平、睫邁炭據高橋洋一、高松和樹、多田さやか、多田由美子、田中望、長沢明、ハタユキコ、久松知子、福崎翼、三瀬夏之介、山口裕子、山田正一郎、ほか

「地方之国」で生まれる作品が並ぶ現代美術展を興します。「地方之国」の複雑なカタチがそこには透けて見えるでしょう。東京からは遠く離れた、ここからしか見えない風景の数々をご覧ください。


「東北画は可能か?〜地方之国構想博物館〜」
https://www.facebook.com/touhokuga?

会場:東京都美術館 ギャラリーB
住所:東京都台東区上野公園8-36
会期:2015年11月26日(木)〜12月6日(日)
休館:休館日なし
時間:9:30〜17:30 (入室は閉室の30分前まで)
但し金曜日(11月27日、12月4日)は20時まで

・音楽+ライブイベント「でんでらでん」:11月27日(金)17:00〜19:00

<出品作家>
青木みのり、石原葉、海藤千紗音、金子拓、辛遊里、川合南菜子、鴻崎正武、小堀実穂、是恒さくら、サイトウケイスケ、坂本大三郎、佐々木優衣、佐藤和佳子、佐々木綾子、塩澤清志、武田卓、高橋洸平、多田さやか、番場三雄、久松知子、三瀬夏之介、渡辺綾、ほか /キュレーション:石原葉、久松知子

2011年に東日本を襲った大震災は、それ以前は朧げであった地方と中央の関係性を露にし、この地に古くから伝わる文化を見直すきっかけともなりました。私たちは一つの理想郷としての東北像の提示を試みます。



T-Art Gallery「東北画は可能か?〜地方之国現代美術展〜」、 東京都美術館「東北画は可能か?〜地方之国構想博物館〜」共に入場無料です。

会期中開催されるギャラリートークやライブパフォーマンスも受付不要。参加費無料で楽しめます。お時間ある方是非是非!

「東方画は可能か?」とは?
2009年より活動を開始した、東北芸術工科大学チュートリアノレ「東北画は可能か?」。東北芸術工科大学の教員、三瀬夏之介と鴻崎正武をはじめ、在学生、卒業生、思いを同じくする作家たちを中心に活動しています。山形を拠点に、福島や青森でのフィールドワークを重ね、東北のみならず東京、京都などでも作品を発表し、東北の多様なあり方を、全国から集まったメンバーで議論と制作を重ねながら模索しています。


三瀬夏之介作品集 日本の絵

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4158

JUGEMテーマ:アート・デザイン


展覧会告知 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/4158
この記事に対するトラックバック