青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「村上隆の五百羅漢図展」 | main | 現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』 >>

新感覚アートパフォーマンス「ペインターズ:HERO」を見逃すな!

様々な技法で、世界中の英雄(HERO)を描き上げる、韓国発のアートパフォーマンスの“The Painters :HERO”が来年春に来日公演することが決定しました。


公式サイト:http://paintershero2016.jp/
The Painters:HERO東京公演FB
https://www.facebook.com/paintershero/
Twitter
https://twitter.com/painters2016
The Paintersはノンバーバル(台詞なし)パフォーマンス先進国の韓国で2007年からロングラン公演をスタートし、今や、韓国国内3つの常設劇場で、ロングラン公演を継続中。さらに世界30都市でツアー公演をするなど、世界的なアートパフォーマンスへとして今なお成長を続けています。
日本での初公演は、Zeppブルーシアター六本木にて2016年3月から、限定16公演!



「ペインターズ:HERO」は、4人のパフォーマーが、お客さんの目の前で単にライブペインティングを行うわけではありません。

観客席にまで「乱入」してきたり、時にマジックのようにいつの間にか作品を描き上げていたりとまさにノンバーバルなパフォーマンスが会場全体で繰り広げられます。



ど派手なパフォーマンスだけでなく、墨の膜と水が弾きあう性質を利用した日本古来の画法の“墨流し”に、彩りと映像技術を組み合わせて、独自のエンターテイメントへと昇華させた演目などもありアートファンも存分に楽しめます。

アート、コメディ、ダンスを融合したまさに新感覚のアートパフォーマンス。劇場全体がインスタレーション作品と化し、観客を笑わせ、驚かせるノンストップの80分間。



映像を観ると、絵具が床や衣服に激しく飛び散っている様子が見て取れます。「どことなくポロックのようだな〜」と思っていたら、案の定かなり意識しているそうです。
抽象表現主義の代表的な画家であるジャクソン・ポロックのように、4人のパフォーマーは“描く”中に、“滴らす”や“投げる”などの技法を取り入れたまさに「アクションペインティング」をステージで体現する。
こう聞くと益々興味関心がわいてきますよね。

先日、彼らのパフォーマンスを実際に観てきた人曰く「呆気にとられていると、いつの間にかひとつの作品が完成していて、まるで狐につままれたようだった。」と。



老若男女、どの国の人も楽しめるノンバーバル公演というのが大きなポイントですね。直感的にまさに五感で感じ取るアートエンターテイメント。

大声で笑いしながら、音楽、絵画(色彩)、ダンスなどのアートを深く楽しめる公演です。Zeppブルーシアター六本木での公演では日本をショウの中で表現する演目も加えられる予定もあるそうです。

2016年3月24日(木)〜4月3日(日)の限定16公演!チケットはすでに発売開始されています。たまには動きのある「絵画」を体感しに行くのも悪くありませんよね。


The PAINTERS:HERO(ペインターズ:HERO)

会場:Zeppブルーシアター六本木
日程:2016年3月24日(木)〜4月3日(日)
2015年10月24日(土)からぴあでチケット単独先行販売開始
お問合せ:Zeppブルーシアター六本木 03-5414-3255
公式サイト:http://paintershero2016.jp/

The Painters:HERO東京公演FB
https://www.facebook.com/paintershero/
Twitter
https://twitter.com/painters2016


「ペインターズ:HERO」東京公演のサポーターはAKB48のこじはること小嶋陽菜さんです!
アートをさらに身近に。そしてクリエイティブな人生に。こじはる画伯こと小嶋陽菜さんとの前衛アートにも注目。世界で最も招かれるアートパフォーマンス、限定16公演をみんなで楽しもう!


Art 2016 Gallery Calendar

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4162

JUGEMテーマ:アート・デザイン


『ペインターズ:HERO』は2008年より韓国でスタートし、アートを題材とした斬新なパフォーマンスとして人気を博している作品。4人のパフォーマーがステージ全体を駆け巡り、ダンスやパントマイムを取り入れながら、さまざまな技法で絵を描いていく、言葉を一切発さない爛離鵐弌璽丱襯僖侫ーマンス”で、タイトルにも入っている「ヒーロー」をテーマに古今東西、様々なヒーローの絵が登場する。現在は韓国に3つの常設シアターがあり、過去にはアメリカ、ヨーロッパ、中国、東南アジアなど、世界30都市以上でも公演が行われ、来年3月24日Zeppブルーシアター六本木にて来日公演が行われる。
映画・観劇 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック