青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展」とクチュリエがコラボレーション | main | 「Seed 山種美術館 日本画アワード 2016」 >>

『大妖怪展Walker』コメント大募集!

この夏、東京都江戸東京博物館及び、あべのハルカス美術館で開催される注目の展覧会「大妖怪展―土偶から妖怪ウォッチまで

土偶から妖怪ウォッチまで大集合!「大妖怪展」開催


http://yo-kai2016.com/

公式サイトを見ただけで、これは絶対に外せない大好物な展覧会であることがすぐに分かります。これまで開催されてきた妖怪展の中でも突出したスケールのものとなっています。

国宝、重文が次々と! 妖怪展の決定版 !!

これまで観たくても中々機会に恵まれなかった作品も含まれており、もう今からそわそわワクワクしています。

この展覧会に合わせ、 KADOKAWAより『大妖怪展Walker』(大妖怪展ウォーカー)がウォーカームックとして発売されることが決まりました。

そこで、『若冲Walker』でも行ったように、皆さんの声を紙面で紹介して行きたいと思います。

【参考】
君も『若冲ウォーカー』で雑誌デビューをしよう!

今回は、「大妖怪展」にその姿を現すこの3作品について、皆さんの「声」を募集します。率直に言ってイメージしている「妖怪」とは随分と違うものばかりかと思いますが、敢えてこのゆるい妖怪3点について自由に語って下さい。(画像はクリックすると拡大します)


「針聞書」


「別世界巻」


「姫国山海録」

3作品について皆さんの声は、ツイッターで募集しています。ツイートは一作品ずつ作品名(「針聞書」・「別世界巻」・「姫国山海録」)と、ハッシュタグ「#大妖怪w」を必ず付けて下さい。

締切は、6月15(水)までとさせていただきます。既にツイートして下さっている方もいます。一言、二言簡単で結構です。ゆるい妖怪たちに向けたコメントお待ちしています!


大妖怪展―土偶から妖怪ウォッチまで

《東京会場》
会期:2016年7月5日(火)〜8月28日(日)
会場:東京都江戸東京博物館 1階特別展示室
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

《大阪会場》
会期:2016年9月10日(土)〜11月6日(日)
会場:あべのハルカス美術館
http://www.aham.jp/


戦国時代のハラノムシ―『針聞書』のゆかいな病魔たち

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4369

JUGEMテーマ:アート・デザイン


お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/4369
この記事に対するトラックバック