青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「キアロスクーロ展」 | main | 3度目はみんなと一緒! >>

贋作?真作?Vermeer

明後日、日曜日のNHK「迷宮美術館」で
フェルメールの「ヴァージナルの前に座る女」が取り上げられます。



去年の7月、ロンドンのサザビーズ オークション(Sotheby's auction)にかけられ、£16,245,600びっくりで落札された作品です。

    

Vermeer's Young Woman seated at the
Virginals sells for a record 」16.2 million
($30 million) at Sotheby's

(当時の記事やプレスリリースは↑)
(この時はまだ落札者が匿名だったので誰だか分かりませんでしたが、現在は判明しています。アメリカ、ラスベガスのカジノ王です The Wynn Collection

ところで、、、ん?ん??「ヴァージナルの前に座る女」??
それって、ロンドンナショナルギャラリーにある作品と同じ??


ヴァージナルの前に座る女」A lady seated at the virginals

名称は一緒でも別物です。
フェルメールの作品がオークションに今の時代出されるなんてないですからね。

では、どこから、サザビーズの「ヴァージナルの前に座る女」は出てきたのか?
この作品は何も急に世に出てきたわけではありません。
実際に私も以前メトロポリタン美術館でたまたま目にする機会に恵まれました。
この時は「参考作品」として展示してありました。

でも、贋作扱いされてきた作品なんですね。これ。
確かに本物のフェルメールの作品と比べてしまうとあまりにも弱いです。
生気が感じ取れない作品ですよね。

実際にMETで観た時の感想は・・・
説によるとその作品もフェルメールのものとする人もいるそうです。でも、私は違うと感じました。この絵の寂しさに加えて、空間的な圧迫感があるフェルメールらしからぬ絵だったからです。

ワシントンナショナルギャラリー所蔵のこの作品も
フェルメールの作品とする説もありますがあまりにも怪しい。
そして同じく生気がないんです。顔に。死んだ魚のようです。

フルートを持つ女」Girl with a Flute, probably 1665/1670 
サッカー日本代表のシュンシュンこと中村俊輔に何処となく似ています。
(え〜と悪気はありません。シュンスケ君汗

それでもサザビーズはあきらめることなく直感を信じ
11年も費やしてこの作品「ヴァージナルの前に座る女」の調査をしたそうです。

この時のオークションのカタログをtoshi館長から見せていただきましたが、
「これでもかーーー」と言うくらいに膨大な量の研究調査結果が載せられ
この作品がフェルメールの真作である。ということを語っていました。
(逆にあれだけやられると余計に疑わしくなったりもします)

フェルメールの世界的権威者アーサー・ウィーロック氏も「本物」と
認めたようですので(というか一枚かんでいる様子・・・)
一応一般的にはフェルメールの真作なのでしょう。きっと。

お墨付きをもらったこの作品を次に観る時は
いかに色眼鏡外して観られるか楽しみではあります。

アートエンターテインメント 迷宮美術館
 NHK衛星第2  ▽午後11時〜深夜0時
「華麗なるオークションの世界」
 1日で、数億円の絵画が何枚も落札されるオークションの世界を知る。昨年7月、ロンドンのオークションにかけられ、1620ポンドで落札されたフェルメールの「ヴァージナルの前に座る女」は、長い間「贋作」の烙印を押されていた作品で、発見者であるサザビーズのオークショニア、グレゴリー・ルービンスタインは絵の発する不思議なオーラを感じ、調査。その後11年の歳月を経て真作であることを証明した。贋作とされ続けた悲劇の作品と、それを甦らせたオークショニアの姿を描く。


ついでに、この日のTBS「世界遺産」はブリュッセルのグランプラスです。
ベルギーの首都ブリュッセルにあるこの広場。確かに何時間でもいられそう。



3月に行った時の印象が鮮明に今でも残っています。
グランプラスの花屋」(画像もあります)

世界遺産  TBSテレビ/毎日放送  
▽午後11時30分〜深夜0時
「ブリュッセルの大広場〜ベルギー〜」
 ベルギーの首都ブリュッセルの中心にあるグラン・プラスは、文豪ヴィクトル・ユゴーが「世界で一番美しい広場」とたたえた大広場だ。広場を囲む視聴者やギルドハウスなどの33の建物群や、1年を通じて広場で開催されるカーニバルなどの情報を紹介する。
TV番組 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

Takさん、お久しぶりです。
TBSの「世界遺産」、大好きな番組で、Takさんもご覧になっているようで嬉しい〜。今夜も観ます。
ゆっくす | 2005/11/13 9:41 PM
@ゆっくすさん
こんばんは。

コメントありがとうございます(^_-)-☆
世界遺産のナレーションの渋さが好きです。
ビデオ撮って昼間見ると何故か合いませんが・・・
Tak管理人 | 2005/11/14 12:16 AM
贋作かどうかを追求する仕事は、面白そうです、が大変ですね。
お墨付きになった絵であっても納得いかないなあ,と思うよう作品もありますが、本当の所どうなのかなあ?と妄想を働かせるのが又楽しい。。。です。
seedsbook | 2005/11/14 3:18 PM
@seedsbookさん
こんばんは。

根拠が「レースを編む女」とキャンバスが一致したから
という点がどうもしっくりきません。
大きな声では言いませんがあの絵は一番怪しいと
思っている作品なんです。大きな声では言えませんが・・・
Tak管理人 | 2005/11/14 10:42 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック