青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 知っているようで知らないアンディ・ウォーホル | main | 11月3日「文化の日」横浜美術館は開館記念日として観覧無料! >>

西洋美術、日本美術、現代美術をもっと楽しむための連続セミナー開催のお知らせ。

講談社『クーリエ・ジャポン』主催で11月下旬から12月上旬にかけて、「西洋美術」「日本美術」「現代美術」をもっと楽しむための連続セミナーを開催します。


https://courrier.jp/blog/65587/

様々なアートセミナー、トークイベント各所で開催されています。参加される方も多く美術に関する意識の高さ、それと本やwebでは得られない専門家の生の声を聴きたいとの思いが強く感じられます。

自分も時間が許す限りなるべく参加するように心がけています。絵画は観るだけでも十分楽しめますが、他者の観方、感じ方などを知ることでより一層深い鑑賞体験が可能となるからです。

今回の講談社『クーリエ・ジャポン』主催の西洋美術、日本美術、現代美術をもっと楽しむための連続セミナーは、古くからの友人であり現在クーリエの副編集長を務めている南さんと「どうせなら自分たちが聴きたい講座作っちゃおうか。」というのりからあっという間に決まった企画です。

会場も三越伊勢丹が最近、外苑前につくった雰囲気のいい会員制スペースを抑えることが出来ました。


3rd_PAGE
https://www.mistore.jp/group/3rd_page/index.html
東京都港区南青山2-27-18 PASSAGE AOYAMA 2F
東京メトロ銀座線「外苑前」駅徒歩約2分

西洋美術、日本美術、現代美術それそれの講師をどなたにお願いするか、南さんともあれこれ考えましたが、折角ならFacebookやTwitterで誰の講座を聞いてみたいか募り皆さんの意見を聞いてみることにしました。

魅力的な候補者多数紹介して頂いた中でそれぞれのジャンルで人気が高く、スケジュール的にOKな3名に講師をお願いすることになりました。



『西洋美術』の楽しみ方 海外の人とアートの話で盛り上がれるようになる!
11/18(金)19:00〜
講師:池上英洋(東京造形大学教授、『西洋美術史入門』など著書多数)

『日本美術』の楽しみ方 自分の国の美術を外国人に説明できるようになる!
12/2(金)19:00〜
講師:佐藤晃子(美術ライター、『画題で読み解く日本の絵画』など著書多数)

『現代美術』の楽しみ方 現代アートシーンの潮流を理解できるようになる!
12/8(木)19:00〜
講師:木村絵理子(横浜美術館 主任学芸員)




11月18日の池上先生による西洋美術講座はなんとすでに満席に!告知して数日で定員60名が埋まってしまいました。

日本美術講座の佐藤晃子さんは、名古屋在住のライターさんですが、今回無理を言ってわざわざこのために東京まで出てきて頂くことに。
佐藤晃子 (@akisato_) | Twitter

また、現代美術の木村絵理子学芸員さんには大変お忙しいスケジュールの中、時間を割いて頂きました。横浜美術館で開催された現代アートの展覧会のほとんどを手掛けていらっしゃいます。

今回の連続美術セミナーの特筆すべきは、セミナー終了後に懇親会を設けている点です。(佐藤晃子さんは名古屋にお帰りになる都合ご参加叶いません)

お話しを伺った後に、ざっくばらんに飲食をともにしながら、さらに深くアートについてのトークができる場を設けているのです。これいいでしょ!!



ご興味のある方、ご都合のつく方はお早めに!
https://courrier.jp/blog/65587/

ここで得たちょっとした知識をもって展覧会へ出かけると、今まで以上の面白さを発見することができるはずです。皆さまのお越しお待ち申し上げております。


画題で読み解く日本の絵画
佐藤晃子


君や 僕に ちょっと似ている
奈良美智 (著), 木村絵理子 (寄稿), 高橋しげみ (寄稿), 加藤磨珠枝 (寄稿), 冨澤治子 (寄稿)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4513

JUGEMテーマ:アート・デザイン



お知らせ | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

このたびは、お声をかけてくださり、
まことにありがとうございます。
懇親会ですが、東京に泊まることにしましたので、
参加いたします! 今からとても楽しみです。
どうぞよろしくお願いいたします。
佐藤晃子 | 2016/10/26 10:00 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/4513
この記事に対するトラックバック