青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「オルセーのナビ派展」 | main | 上野国立3館は金土に夜間開館しています!! >>

『一度見たら忘れない奇跡の建物』

株式会社エムディエヌコーポレーションより刊行された『一度見たら忘れない奇跡の建物 異彩を放つ世界の名建築100』を読んでみました。


一度見たら忘れない奇跡の建物 異彩を放つ世界の名建築100
MdN編集部 (編集)

子どもの頃ワクワクしながら読んだ「未来の生活」や映画に登場する空飛ぶ自動車はまだ実現していませんが、それらに描かれていたよりももっともっとインパクトのある建物は世界中の至るところで目にすることが出来るようになりました。

とりわけ人々が集う、駅や空港、文化施設などに奇抜で目を引く奇妙な建築物が次々と建てられています。


ストックホルム地下鉄

クラシカルなイメージのあるヨーロッパの駅舎ですが、新しく開設された路線の駅や新駅などは、建築家が思うがままに(勿論利便性は考え)意匠した建物が目立ちます。

パリ、ベルギー、ドイツと列車移動した時も次の停車駅がどんな建物なのかが旅の大きな楽しみのひとつでした。


アトミウム・キッズ・スフェア・ホテル(ベルギー)

一度見たら忘れない奇跡の建物 異彩を放つ世界の名建築100』では、そのタイトル通り、一度目にしたらもう絶対に忘れられない奇妙で斬新なデザインの世界の建築を160ページにわたりオールカラーで紹介しています。

ベルギー、ブリュッセルへ初めて訪れた際に目の前に飛び込んできた万博の記念碑でもあるアトミウム・キッズ・スフェア・ホテルは今でも記憶に深く刻まれています。

落ち着いた街並みのブリュッセルの街中に突如現れる化学の分子模型を巨大化したような建物は、異様なまでの存在感を示していました。


ビルバオ・グッゲンハイム美術館(スペイン)

この本で紹介されている100の建築物の中で、美術館・博物館の占める割合が非常に高いことにページをめくっていると気が付きます。

美の殿堂としての美術館・博物館の建物が陳腐なものであっては台無しです。有名建築家もここぞとばかりにミュージアム建築には力を入れるものです。

因みに別の出版社から2年前に『建築がすごい世界の美術館』が出ています。


ロイヤル・オンタリオ博物館(カナダ)

一度見たら忘れない奇跡の建物 異彩を放つ世界の名建築100』目次

1 MUSEUM―感動や驚きを与えてくれる芸術・文化の殿堂
2 HOTEL―泊まる者をワクワクさせるドラマチックなホテルたち
3 STATION,AIRPORT―交通の要として機能するその町・国のランドマーク的存在
4 COMMERCIAL BUILDING,OFFICE BUILDING―多くの人が行き交い利用する日々の活動の場
5 THEATER,STADIUM―人々の興奮や憧れを包括する夢の舞台
6 LIBRARY―好きな本とともに静かに過ごせる居心地のいい空間
7 SCHOOL,RELIGIOUS BUILDING―都市設計や都市の価値に影響する公共施設
8 HOUSE,APARTMENT―日々の暮らしを快適に過ごす美しい住まい



ミレニアム・ドーム(イギリス)

一度見たら忘れない奇跡の建物』には一点、大きな難点があります。それは見れば見るほど写真では飽き足らず、実際に現地へ観に行きたくなってしまうことです。

掲載されている美麗な写真に勝る姿を現地へ行っても観られることはないと知りながらも、旅情おさえがたきものがたくなる危険な書物です。 

ご覧になるのは自己責任でお願いします(笑)


一度見たら忘れない奇跡の建物 異彩を放つ世界の名建築100
MdN編集部 (編集)

少し変わっているけれど美しい世界中の建物を100物件に厳選して収録した写真集。それ自体がアートとなっている美術館や博物館、宿泊客をワクワクさせるドラマチックなホテル、旅行者を驚かす大胆な造りの空港、さらには人々の熱狂を後押しする斬新な外観のスタジアムなど、見るものを圧倒するような独創的かつ美しいデザインの建物ばかりを一冊にまとめました。きれいな建物が好きな方、建物を芸術作品として楽しみたい方にオススメです!


南洋理工大学(シンガポール)

・ビルバオ・グッゲンハイム美術館/スペイン 建築家:フランク・ゲーリー
・芸術科学都市/スペイン 建築家:サンティアゴ・カラトラヴァ、フェリックス・キャンデラ
・ニテロイ現代美術館/ブラジル 建築家:オスカー・ニーマイヤー、ブルーノ・コンタリーニ
・ロイヤル・オンタリオ博物館/カナダ 建築家:ダニエル・リベスキンド
・マリーナ・ベイ・サンズホテル/シンガポール 建築家:モシェ・サフディ
・マルケス・デ・リスカル・ラグジュアリー・コレクション・ホテル/スペイン 建築家:フランク・ゲーリー
・アトミウム キッズ・スフェア・ホテル/ベルギー 建築家:アンドレ・ワーテルケイン
・オリエンテ駅/ポルトガル 建築家:サンティアゴ・カラトラヴァ
・アブダビ国際空港/アラブ首長国連邦 設計:パリ空港公団、コーン・ペダーセン・フォックス社
・銀河SOHO/中国 建築家:ザハ・ハディド
・ドイツ連邦議会議事堂/ドイツ 建築家:ノーマン・フォスター
・ヘイダル・アリエフ文化センター/アゼルバイジャン 建築家:ザハ・ハディド
・アリアンツ・アレーナ/ドイツ 建築家ユニット:ヘルツォーク&ド・ムーロン
・シュトゥットガルト市立図書館/ドイツ 建築家:ウン・ヨン・リ
・ピエールヴィーヴ/フランス 建築家:ザハ・ハディド
・南洋理工大学 The Hive/シンガポール 建築会社:ヘザウィック・スタジオ社
・スイス連邦工科大学ローザンヌ校 ロレックス・ラーニングセンター/スイス 建築ユニット:SANAA


Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4627

JUGEMテーマ:アート・デザイン



読書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック