青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「挿絵本の楽しみ」 | main | 「ウォルター・クレインの本の仕事」 >>

東京国立博物館の貴賓室へ入って来ました。

東京国立博物館にて開催された「東京国立博物館 文化財修復 プレミアム・ミュージアム・ビューイング」に参加してきました。



アメリカン・エキスプレス(アメックス)メンバーシップ・リワード(R)の交換アイテム「東京国立博物館 文化財修理寄附」にポイントを交換。抽選で選ばれ貴重な体験をしてきました。

クレジットカードを利用しているとポイントがいつの間にか溜まりますが何に交換していますか?

欲しい商品も沢山ありますが、アメックスだと文化遺産・芸術保護として東京、京都、奈良の国立博物館の文化財修理費として寄付することができるのです。

「東京国立博物館 文化財修復 プレミアム・ミュージアム・ビューイング」は文化財修理費として寄付した人を対象にした特別なイベントです。



当日は、東京国立博物館(トーハク)平成館にある小講堂でまずトーハク学芸研究部長の田沢裕賀氏と同保存修復課長である冨坂賢氏から文化財の修理修復についての特別講座をして頂きました。

普段滅多に観聴きすることのできない文化財の修理修復のリアルな現場の話しをスライドを用いて説明後、実際の展示室へ場所を移動し直に作品を観ながら、どのような目的でどのような修復が行われたかの説明を受けました。



見慣れたトーハクの展示室も文化庁にかつて籍を置いていた冨坂賢氏のギャラリートークを聴きながら作品に目を遣るとより今まで気付かなかった側面もうかがい知ることができました。

さて、今回のアメックスさんの東京国立博物館 文化財修復「プレミアム・ミュージアム・ビューイング」の参加者だけにもうひとつスペシャルな特典が待っていました。

それは東京国立博物館を訪れた皇族や海外の要人のみが使用できる「貴賓室」に入ることができたのです!


貴賓室の扉が開いた!

トーハク本館2階にある貴賓室は期間限定で公開されることはあっても中へ入ることは叶いません。これまで拝見するたびに一度でいいからあの椅子に座ってみたいな〜との願いが叶いました。

写真撮影も可能だったので興奮しながらパシャパシャと貴賓室内を撮影してきました。素人写真ですが何枚か掲載しておきますね。











非常に贅沢で有意義なトーハクでの一日を過ごせました。

次回は井浦新さんと一緒にトーハクの展示を見てまわるリアル井浦新の美術探検を企画開催してください!アメックスさん!!(イベント一覧はこちら←チェックしてみて下さい!)


井浦新の美術探検 東京国立博物館の巻

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4689

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/4689
この記事に対するトラックバック