青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「珠玉の香合・香炉展」 | main | 「アルチンボルド展」 >>

至福の浮世絵に酔う「鈴木春信展」開催!

2017年9月6日より千葉市美術館を皮切りに全国4か所を巡回する大規模な「鈴木春信展」が開催されます。



「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」

千葉市美術館:2017年9月6日〜10月23日
名古屋ボストン美術館:11月3日〜2018年1月21日
あべのハルカス美術館:4月24日〜6月24日
福岡市博物館(予定):7月7日〜8月26日


鈴木春信(1725?〜1770)は、多色摺木版画、すなわち錦絵の創始期に活躍した浮世絵師です。

白黒テレビからカラーテレビへ移行した当時の人々の驚きや感動は今の我々には知るすべもありませんが、エポックメーキングな出来事であったことは間違いありません。

所謂、浮世絵はカラー摺りが一般的ですが、それは鈴木春信を境に起こったことです。多色刷りの浮世絵(錦絵)を世に広めたのが春信です。

しかし、年代的に歌麿や北斎、広重といった後世の浮絵師に比べると春信の作品は残存作品が 極めて少なく、しかも8割以上が海外に所蔵され日本国内で見る機会は限られています。



「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」では、質・ 量ともに世界最高の春信コレクションを誇るボストン美術館の所蔵品から、初の里帰り作品や世界で唯一 知られる作品など選りすぐりの作品を紹介する久々の春信展です。

「江戸のカラリスト登場」と題した春信展が開かれたのが2002年のこと。この時の図録は宝物のように大切に本棚にしまっています。それから久しく春信展が開催されてこなったので「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」はまさに僥倖です。


鈴木春信―江戸の面影を愛おしむ (ToBi selection)

シンプルで純粋な線の美しさ、透明感のある優しい色調、紙の風合い…春信作品の魅力は江戸後期の北斎や広重たちにはない繊細な魅力があります。

まとめて春信作品を観る(しかもコンディションの良い作品を!)機会は、日本では残念ながら叶いません。海外の美術館が所蔵する優品を借りて来るしかないのが現状です。

今回の「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」規模の展覧会は、もし次があったとしても15年後、25年後…とかなり先のことになってしまいます。

お見逃しなきように!


「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」

千葉市美術館:2017年9月6日〜10月23日
名古屋ボストン美術館:11月3日〜2018年1月21日
あべのハルカス美術館:4月24日〜6月24日
福岡市博物館(予定):7月7日〜8月26日


Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4760

JUGEMテーマ:アート・デザイン



展覧会告知 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

拝復
150の展示作品の内、春信は100点ほど、3分の1は別の絵師。看板にイツワリあり。春信の作品展示数を正確に表示する必要があります。では 雁高
酒井雁高 | 2017/10/10 9:05 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/4760
この記事に対するトラックバック