青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「ドイツ写真の現在展」 | main | 広告King&Queen >>

スタンプラリー「アート・サークル2005」

横浜トリエンナーレ開催記念スタンプラリー「アートサーカス2005」



昨日行ってきた横浜トリエンナーレで無事達成できました。拍手

スタンプラリー「アート・サークル2005」って何??
それは横浜トリエンナーレ組織委員会がこっそり?
あまり宣伝せずに実施しているものです。くもり

横浜トリエンナーレ2005の公式サイトにも一番下にバナーがこっそりあります。


でも、はろるどさんのblogでは早々と取り上げられていました。流石イケテル

で、どんなものかといいますと。

今秋首都圏で開催される以下の美術展のうち、横浜トリエンナーレを含む5本の展覧会をご覧いただいた方には、その場で、本展参加アーティストのウィスット・ポンニミット(ソイ・プロジェクト)のイラストを掲載した特製オリジナルTシャツをプレゼントします。5個以上のスタンプが押された台紙と、各館の入場券を添えてお申し出ください。便箋

このうち横浜トリエンナーレは必ず行かなくてはなりません。
それ以外にあと4つの展覧会に行く必要があります。
神奈川にお住まいの方は「有利」です。県内だけで集まります。

↑の文中の「今秋首都圏で開催される以下の美術展」とは次の10展覧会。
1,横浜美術館 「李禹煥 余白の芸術」展
2,BankART 1929 「グローバル・プレイヤーズ」展/「BankART Life」展
3,横浜トリエンナーレ2005
4,神奈川県立近代美術館「篠原有司男」展(鎌倉)「シュヴァンクマイエル」展(葉山)
5,原美術館 「やなぎみわ−無垢な老女と無慈悲な少女の信じられない物語」展
6,東京オペラシティアートギャラリー「シュテファン・バルケンホール」展
7,森美術館 「杉本博司:時間の終わり」展
8,東京国立近代美術館「ドイツ写真の現在」展、「アウグスト・ザンダー」展
9,東京都現代美術館 「イサム・ノグチ」展
10,川村記念美術館 「ゲルハルト・リヒター」展

で、実際にスタンプを押した台紙の中を見てみると・・・こんな感じです。


上の列左から1〜5、下の列左から6〜10の展覧会のスタンプです。
押した順番は7「杉本博司展」、9「イサム・ノグチ展」、10「ゲルハルト・リヒター展」、8「ドイツ写真の現在展」、3「横浜トリエンナーレ」、1「李禹煥展」でした。

それぞれのスタンプがその展覧会や美術館の特徴表していて面白いですね。
因みに「李禹煥展」のスタンプは逆さまに押してしまいました・・・
気に入っているのはやっぱり「イサム・ノグチ展」のスタンプかな〜。

東京国立近代美術館「ドイツ写真の現在」展、「アウグスト・ザンダー」展のスタンプもザンダーの作品を上手く用いていて良い出来です。
ただここの美術館だけ自分で押すのではなく受付の方が押してくれました。
分かってないな〜マニア心。こういうのって「集める」のも楽しいけど
「押す」のもそれ以上に楽しいのに〜ムニョムニョ

子供が楽しみにしているポケモン・スタンプラリーのスタンプを
お父さんに押されてしまったような悲しさありました。ポロリ

ま、そんな悲しさ?乗り越えて、やっと昨日達成できました祝
(指定されたスタンプより多いけど汗
横トリでウィスット・ポンニミットのイラスト入りの特製オリジナルTシャツを
getできました。夫婦揃って。(サイズは2種類ありました)

 

めでたし、めでたし。
でも、こんな可愛いデザインのTシャツ着られないな。。。パクッ

まぁ、いいかな、スタンプ集めるの、スタンプ押すのが楽しかったから!
こういう企画他でも、もっとやって欲しいです。
その他 | permalink | comments(11) | trackbacks(2)

この記事に対するコメント

こんにちわ。
こちらからもTBさせていただきました。
Tシャツ、ゲットおめでとうございます。
スタンプを自分で押したいってのはわかりますね。そのほうが実感として残りますから。
あおひー | 2005/12/11 5:36 PM
うわ〜
なんか忘れてるとおもってました
確か今日まででしたよね〜
うらやまし!
| 2005/12/11 9:31 PM
すいません
名前かきこするの忘れました

しかも来週まででしたね
いくぞ〜
チェリー | 2005/12/11 9:33 PM
Takさん、こんばんわ。
実は、横トリ小4の息子と行ってきました、といっても、
10月半ばでしたが。
スタンプラリーがあったなんてつゆ知らず。
ちっともパンフを読んでない証拠ですよね。
イサム・ノグチのスタンプもおばさん友達と
これ、良いじゃない?!って、チケットか、メモか、何かに押して遊んでたし・・・押してる瞬間が一番楽しい!

横浜の倉庫までのなが〜〜い道のり、暑い日で、ふぅふぅいいながら母息子で歩いたのも良い思い出です。
あべ松 | 2005/12/11 10:24 PM
こんにちは。TBありがとうございました。
私もスタンプ押すのが楽しみでした。
どこも個性溢れるスタンプで、気に入ったスタンプは手帳にも押してみたりしました。
Tシャツはもらった翌日に早速着てしまいました。
こうゆう企画はまたやって欲しいですよね。


カリプソ | 2005/12/11 10:49 PM
@あおひーさん
こんばんは。

コメントありがとうございます。
Tシャツ嬉しいです。
展覧会に行くだけでもらえるなんて
もっともっとやって欲しいです!
でも、これ今寒くて着られません(^_^;)

@チェリーさん
こんばんは。

横トリへ行かれるなら。
スカート×
ブーツ×
動きやすい格好で。

参加型ですから思い切り楽しんでくるのが一番かと。
で、当然早めの行動。午後は混雑していました。

@あべ松さん
こんばんは。

小学生や中学生が無料なのはいいですね。
未来を担う少年少女には是非。
スタンプラリーは森美術館で知って開始。
でも記事には書かなかったのですが
紆余曲折ありました。実は。
スタンプ帳忘れたりとか・・・
だから、達成した昨日の喜びはそれなりのものでした。

倉庫までの道程。
あそこで気分もりあがりますよね。
ビュラン偉い!!

@カリプソさん
こんばんは。

コメントありがとうございます。
>気に入ったスタンプは手帳にも押してみたりしました。
なるほどーー
そういうナイスアイディアがありましたね!!
私もやればよかったな〜
Tシャツもう着られたのですか。
うちはしばらく飾っておきます。(寒いので)
間違っても夫婦揃っては着ませんけどね。
Tak管理人 | 2005/12/11 10:59 PM
こんばんは。
早速手に入れられましたか!
かわいいTシャツですよね。
今度お二人でペアルックなども!

スタンプラリーってなくならないですよね。
結構たのしめます。
台紙を忘れないようにしなくてはいけませんが…。
はろるど | 2005/12/12 12:20 AM
じゅんは、地元なので、10月には達成しちゃいました。
イサム・ノグチ、バルケンホール、篠原有司男、グローバル・プレイヤーズ。
横トリは、5回いきました。18日の最終日も行く予定です。
じゅん | 2005/12/12 7:28 AM
きょううーちゃんは、東京国立近代美術館は展覧しなかったよ。
BlogPetのうーちゃん | 2005/12/12 10:39 AM
イサム・ノグチ、シュテファン・バルケンホール、李禹煥、横浜トリエンナーレ、杉本博司 と5美術展はクリアしていますが、スタンプは五つありません(泣き)

シュテファン・バルケンホールは、もう一回行くと思う。
ヴォルフガング・ティルマンス(昨年、オペラ・シティーで見た)も見たいので、東近美にも行くと思うけど。
鼎 | 2005/12/12 9:30 PM
@はろるどさん
こんばんは。

かわい過ぎますね、うちの夫婦では。
もっともっと若ければ・・・
それでも着ないかな二人では。

スタンプラリー系やコレクション系のイベント
弱いんです。とっても、とても。
すぐのせられてしまいます。
台紙は忘れるとかなりへこみます。凹

@じゅんさん
こんばんは。

>10月には達成しちゃいました。
早い!
これってところでどれくらいの人が
手に入れているのでしょうね。
意外と少ないかな〜
引き換えの時ノートに名前書きましたが
なんか薄かったような気がします。

@うーちゃん
結構まともなコメントできてるね!偉いぞ!!

@鼎さん
こんばんは。

あれれ、、、どうして5つ行ったのに
スタンプないのですか〜?
途中で気づかれたとか??
でも、まだまだいけます。
鼎さんお勧めの展覧会
シュテファン・バルケンホールは
何としてでも今週中に行こうと計画してます。
(^_-)-☆
Tak管理人 | 2005/12/12 9:51 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/477
この記事に対するトラックバック
ようやく、終了しました。ふー。 正式には「横浜トリエンナーレ開催記念スタンプラリー アート・サークル2005」というのだそうです。 横浜トリエンナーレも含めて10ある美術展のなかから、5つでスタンプを押して集めるとTシャツが貰えるという企画です。 いかんせん
セミナーが予想以上に早く終わってしまったので、その足で横浜美術館の李禹煥 余白の芸術」を見に行きました。本当はBankART 1929に行くつもりでいたのを、横浜駅から歩いていくには少し遠いという理由で(だって寒いんだもん)こちらにしました。 石と鉄、白いキャ
余白に生きる | カリプソ___69ver. | 2005/12/11 10:47 PM