青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『かわいい こわい おもしろい 長沢芦雪』 | main | 「『世』一場自願非願的遊浮−李真個展」 >>

「秘蔵の名品 アートコレクション展」オリジナル スイーツ&パン

ホテルオークラ東京にて、7月31日(月)から8月24日(木)まで開催中の「第23回 秘蔵の名品 アートコレクション展」


http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/events/art/

企業が所蔵する普段ほとんど目にすることの出来ない名画が観られるホテルオークラ東京で開催される夏の恒例イベントです。

今年は「佳人礼讃−うるわしの姿を描く−」と題し、女性を主題とした作品を中心にさまざまな肖像画・風俗画が展示されています。(西洋画、日本の洋画、日本画の73作品が公開されています。)

自分も毎年足を運び、美術館とは違う大人な雰囲気の漂うホテルの会場で名画に浸る贅沢な時間を毎年夏に過ごしています。

開催期間中、ホテルオークラ東京では今回の「アートコレクション展」のテーマに基づいたオリジナル商品が販売されています。今日はその中からオリジナルスイーツとパンを紹介します。


限定チーズケーキ「つかさ」

和三盆と椰子糖(ココナッツシュガー)を使用した、古今東西の絵画に表現された麗しき女性たちをイメージしたお菓子をご用意いたしました。シェフパティシエがアートコレクション展のテーマから創作した大人の味のチーズケーキです。

麗しき佳人からインスピレーションを受けた限定チーズケーキ「つかさ」は期間中140個限定販売とのことです。急がねば!1箱 ¥1,200とお値段もいい感じです。


手作りパンセレクション「摘麦(つむぎ)」

黒豆、オレンジ、ずんだを使用し、それぞれの素材を活かし、パン本来の小麦の風味も存分に味わっていただける詰め合わせとなっております。開催期間中のためだけに作られた、新作3種5個をセットにしました。

《黒豆鹿の子ぱん》丹波黒豆鹿の子の食感、風味を丁寧に包み、さっくりと焼きあげた菓子パン。
《オランジェ》口どけの良い、甘さ控えめのブリオッシュ生地に、クリームチーズと砂糖漬けにしたオレンジをトッピング。
《ずんだあんぱん》ずんだ餡をふんだんに包み、白くふんわりと焼きあげました。

【販売期間】2017年7月31日(月)〜8月24日(木)
【販売時間】10:00〜17:30
【場所】アートコレクション展会場 「アスコットホール」入口(地下2階)

また、スコティッシュバー ”バーハイランダー”ではこんなカクテルも!


《Twilight Sunset 〜黄昏の島々〜》

5月14日(日)に開催された「一般社団法人日本ホテルバーメンバーズ協会 東京支部主催 第10回 創作カクテルコンペティション」にて、バーハイランダーの高橋昌央が優勝した際に披露したカクテル。



会期中ガラリートークも充実しています。

絵画を鑑賞しながら、解説員が展覧会の見どころをご紹介。
【開催日】8月1日(火)、3日(木)、7日(月)、10日(木)、14日(月)、17日(木)、21日(月)
【開催時間】 15:00〜15:30 (受付 14:30)
【料金】 無料

学芸員が展覧会の見どころを解説する「ギャラリートーク」。作品の見どころや作家の生涯など、今回出展された数々の作品をひも解き、展覧会をより深く楽しめます。

作家の思いや、その作品が生まれた背景など「秘蔵の名品」のギャラリートークならではの裏話も聞けますよ!

「第23回 秘蔵の名品 アートコレクション展」は8月24日までです。美味しいものに舌鼓を打ち、名画の余韻にひたりましょう!


「第23回 秘蔵の名品 アートコレクション展」佳人礼讃(かじんらいさん)―うるわしの姿を描く―

開催期間:2017年7月31日(月)〜8月24日(木) 25日間 期間中無休
開催時間:10:00〜17:30(最終入場17:00) ※7月31日(月)は12:00〜
会場:ホテルオークラ東京 宴会場「アスコットホール」(地下2階)
主催:企業文化交流委員会
委員長: 銭谷 眞美 東京国立博物館 館長
委員:森田 富治郎 第一生命保険株式会社 特別顧問
委員:齋藤 宏   みずほフィナンシャルグループ 名誉顧問
委員:松下 正幸 パナソニック株式会社 代表取締役副会長
委員:村上 勝彦 公益財団法人 大倉文化財団 理事長
委員:池田 正己 株式会社ホテルオークラ東京 代表取締役社長
協賛:株式会社ホテルオークラ東京、ホテルオークラ共栄会
後援:文化庁、観光庁、港区、NHK、日本赤十字社、公益社団法人企業メセナ協議会、一般社団法人日本経済団体連合会
協力:公益財団法人大倉文化財団・大倉集古館、社会福祉法人NHK厚生文化事業団、株式会社山元、日本通運株式会社
監修:金原 宏行  (名都美術館 理事)
   熊澤 弘  (東京藝術大学 准教授)
学芸員:神津 瑛子、川合 真木子
学術協力:薩摩 雅登  (東京藝術大学 教授)
田中 知佐子 (大倉集古館 副主任学芸員)


「美人画」の系譜

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4813

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック