青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「国宝展」 | main | 「美の巨人たち」国宝特集 >>

「池田学展」

日本橋タカシマヤで開催中の
「池田学展 The Penー凝縮の宇宙ー」に行って来ました。



佐賀県立美術館、金沢21世紀美術館を経てようやく東京へやって来ました。池田さんの故郷・佐賀や金沢での展示も観たかったのですが、何かと野暮用多く結局行けず仕舞い。



自分と同じように「池田学展」@東京を待ち望み、恋焦がれていた方が大勢いるらしく、会場は大賑わい。現代アートの展覧会でしかも日本橋高島屋でこんなに人を集められるのって池田さんしかいないのではないでしょうか。

池田学さんの魅力をあらためて語る必要はないので割愛しますが、とにかく彼の作品は老若男女を問わず、絵の世界にグイグイと惹き込ませる魅力を湛えています。

自然物の美しさを細かい線で表したかと思うと、大作「予兆」のように、それはそれは観ているだけで後ずさりしてしまいそうな迫力に満ちた作品を描きます。

展覧会の構成は以下の通りです。

Chapter1:エピソードの始まり
Chapter2:想像の旅人
Chapter3:自然と文明の相克
Chapter4:ミクロコスモス
Chapter5:様々な断片
Chapter6:誕生




筆にその人の性格が現れるように、絵画にも作家の人となりが出てくるものです。敵を作らない、敵対しない、自然なありのまなの姿のにこやかな池田さんの姿が作品を観ていると頭の片隅に浮かび上がってきます。

「これ、ここ観て、面白いでしょ!」と話しかけてくるようです。

現代アート作品で、こした対話が成立する場面は非常に稀です。逆にどちらかと言えば、鑑賞者を突き放し、置いてきぼりにするのが佳しとしている作品がほとんどです。(だから人気が出ないんですけどね。)

実際の池田さんも全然気取らない人で、子どもの心を持ち続けているような方です。それでいて、ペン画でこれだけの作品を生み出してしまうのですから、やはり只者ではありません。


池田学 the Pen

池田学
1973年、佐賀県多久市生まれ。1998年、東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。卒業制作にて紙に丸ペンを使用した独自の細密技法を確立。2000年、同大学院修士課程を修了。2011年より文化庁芸術家在外研修員としてカナダ、バンクーバーに滞在。2013年よりアメリカ、ウィスコンシン州マディソンにあるチェゼン美術館の招へいを受け、滞在制作を行う。圧倒的な緻密さとともに、ユニークな感性と創造力あふれる作風で国内外を問わず高い評価を得ている。


いつも貧相な発想しかできない自分には、池田さんの豊か過ぎる想像力がどのようにして生まれ出るのか皆目見当もつきません。

精緻な画面を食い入るように観ていると、離れていた時には気が付かなった物や人が「見つかっちゃった。」と頭をかきながら出てきます。そして更に目線を進めると…

幾ら時間があっても観きれないのが池田学作品です。何年もかけて描き上げた作品を数十分ではとてもとても隅々まで観きれません。しかし、絵の前に立ちその圧倒的な存在感にわが身をゆだねることは決して悪くないどころか、とても心地の良いものです。

「池田学展」は10月9日までです。混雑していますが是非是非!


「池田学展 The Penー凝縮の宇宙ー」

会期;2017年9月27日(水)〜10月9日(月・祝)
時間:10:30〜19:30(最終日は18:00閉場、入場は閉場の30分前まで)
会場:日本橋高島屋 8階ホール
主催:朝日新聞社
企画協力:ミヅマアートギャラリー
協力:ヤマトロジスティックス株式会社
展覧会ディレクション:仲世古佳伸
https://www.takashimaya.co.jp/tokyo/special_event/ikeda/index.html


≪誕生≫が誕生するまで The Birth of Rebirth

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4871

JUGEMテーマ:アート・デザイン



極めて細いペン先から壮大な世界を描き出すアーティスト、池田学(1973-)。1日に握りこぶしほどの面積しか描くことができないという画面は、緻密な描写や壮大な構成によって裏打ちされた、現実を凌賀するかのような異世界の光景を現出させ、米国をはじめ世界的に大きな評価を得ています。本展は、池田の画業の全貌を紹介する、初めての大規模な個展です。中でも米国ウィスコンシン州のチェゼン美術館の滞在制作プログラムにより3年にわたって制作された新作《誕生》は必見です。
展覧会 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

ペン画での其の入念な作業工程は気の遠くなる程では無いかと思われます。デザイン科なのでそう言った細部への限りない拘りが在るのでしょう。靉光の眼のある風景のような得体のわからなさが加わると更に凄いと想われますがー。
pinewood | 2017/10/09 7:46 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/4871
この記事に対するトラックバック