青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 行くぜ東北!びゅうたび総選挙 投票キャンペーン 北東北編 | main | ルーブル・アブダビが508億円で落札されたダビンチの「救世主」を展示 >>

「国立美術館オリジナルカレンダー」を今年も注文しました。

昨年、一昨年に引き続き今年も「国立美術館オリジナルカレンダー」を注文してみました。


https://www.comody.jp/nma/

「国立美術館オリジナルカレンダー」は、月ごとの作品を自分で選べるカレンダーです。パソコンやiPhone、スマホの画面で好きな作品を選び簡単に注文出来ちゃいます。

日本に5つある国立美術館=東京国立近代美術館(千代田区)、京都国立近代美術館(京都市)、国立西洋美術館(台東区)、国立国際美術館(大阪市) 、国立新美術館(港区)が所蔵する作品約160点の中から12か月分(または6か月分)をまず選びます。



国内作家、海外作家、写真、工芸、ミュージアム(建物)に分類された160点の中から自分の部屋に飾りたいものを12点選びます。

クリックするだけですから簡単です。


今年(2017年)の6月は、福田平八郎《雨》1953年 東京国立近代美術館 でした。

この選ぶ作業がとにかく楽しいんです。季節にあった作品にするのもよし。逆に季節感は無視して自分の好きな作品を12枚選ぶのもよし。

選んだ後で、確認画面が出ます。そこで入れ替えも簡単に出来ます。



世界遺産に認定されたので、国立西洋美術館の特徴的な内観の写真を加えてみたりと、自分の好みで12か月が作れるのが何よりも嬉しいポイントです。

カレンダーの種類も壁掛けタイプ(大判サイズ、A4サイズ)と卓上タイプから選べます。

そうそう、昨年までの作品に加え、今年は新たに20点の作品が追加登録されました。数年前に購入された東京国立近代美術館のセザンヌも今年から登場です。



来年(2018年)はこのラインナップに決めました!

1月:東山魁夷《たにま》1953年 東京国立近代美術館
2月:茂田青樹《虫魚画巻(部分)(アザミ)》1931年 東京国立近代美術館
3月:小林孝亘 《House Dog》1995年 国立国際美術館
4月:セザンヌ、 ポール《大きな花束》1892-95年 東京国立近代美術館
5月:カルロ・ドルチ《悲しみの聖母》1655年頃 国立西洋美術館
6月:ヤノベケンジ 《アトムスーツ・プロジェクト タワー3》2002年 国立国際美術館
7月:河井_次郎《草花扁壺》1952年 京都国立近代美術館
8月:東京国立近代美術館工芸館 内観 撮影:アロートワークス
9月:クロード・モネ《セーヌ河の朝》1898年 国立西洋美術館
10月:ヴォルス 《版画集『ヴォルス』より 船》1962年 国立国際美術館
11月:加山又造《春秋波濤》1966年 東京国立近代美術館
12月:竹内栖鳳《春雪》1942年 京都国立近代美術館



https://www.comody.jp/nma/

送り先を自分以外にも設定できるので、この時季、プレゼントとしても最適です。

今年のカレンダーももうすぐ、役目を終えますが、日本国内の印刷工場で高画質でプリントしているので、使い終えた後も、絵を切り抜いてデスク脇に飾るなど、利用範囲はぐんと広がります。



都内の印刷所でひとつひとつ丁寧に作られます。以前、オルセー美術館展のオリジナルカレンダーも注文し、作ってくれた同じ印刷屋さんでした。

印刷屋さんに突撃取材を敢行し、実際にオーダーを受けてからオリジナルカレンダーが完成するまでの過程を紹介したレポートはこちらです。
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3695

めちゃめちゃ丁寧に、ひとつひとつ「手作り」しているのお分かりかと。今回の「国立美術館オリジナルカレンダー」も同じように丁寧に作製・梱包され発送されます。


https://www.comody.jp/nma/

世界に一つだけのオリジナルカレンダー。来年もまた素敵な一年になりますように。

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4946

JUGEMテーマ:アート・デザイン




Art Gallery 2018 Calendar
その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/4946
この記事に対するトラックバック