青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『週刊ダイヤモンド』に「見るべき展覧展」を紹介しました。 | main | 年末年始に読みたい10冊のアート関連本 >>

「高校生ニッポン文化大使2017」

文化庁と朝日新聞社が高校生の「文化大使」を募集をしています。


http://www.asahi.com/ad/ambassador/

「高校生ニッポン文化大使2017」は、2020年に向けた取り組みの一環として、次代を担う国内外の高校生が国際交流をしながら日本の文化資源を再発見し、自ら伝道師役として活動するプロジェクトのひとつです。

2017年度は日仏友好160周年を記念して2018年にフランスで開催される「ジャポニスム2018」との連携も視野に入れ、日本とフランスの高校生を対象に、クリスマスから募集が始まりました。
“大好きな日本文化を、外国の高校生と一緒に学んで、歩いて、作って、体験して、世界に向けてその魅力をPRする“そんな「ニッポン文化大使」として活躍する高校生を募集します。
2017年度は、ゴッホやドガらフランス近代絵画の巨匠にもインパクトを与えた天才絵師「北斎」をテーマに、フランスと日本の高校生を募集します。

葛飾北斎「冨嶽三十六景 尾州不二見原

ゴッホやドガらフランス近代絵画の巨匠にも影響を与えた絵師「北斎」をテーマに、東京都内の国公立ミュージアム等の協力のもと、特別な教育・交流プログラムを無料で提供するそうです。

これはなんとも羨ましい企画です。



1日目:1月27日(土) 10:00〜15:30
すみだ北斎美術館、東京都江戸東京博物館、墨田区内
「オリエンテーション」「文化プログラムについて」「北斎を知ろう」(以上、すみだ北斎美術館)
世界的な画家として知られる葛飾北斎は墨田区で生まれ、90年の生涯のほとんどを「すみだ」で過ごしながら、数々の傑作を描きました。展示作品を見ながら画業をたどります。

「日本絵画と西洋絵画の違いを考えよう」(東京都江戸東京博物館)
19世紀後半、北斎の作品をはじめとする日本の美術品が、印象派の画家をはじめとするヨーロッパの人々に注目されました。その理由を、日本と西洋の絵画の比較を通して考えます。

「北斎ゆかりの地を歩こう」(墨田区内)
北斎が描いた場所や、大だるま絵を描くパフォーマンスを行った寺院など、北斎に関連する場所をコンパクトに歩いて回ります。

2日目:2月2日(金) 17:00〜21:00
東京国立博物館・本館地下1階「みどりのライオン 教育普及スペース」
「浮世絵と日本美術をお皿にデザインするワークショップ」
東京国立博物館の日本美術の展示を鑑賞し、浮世絵などさまざまな伝統美術の構図やモチーフをヒントにお皿に絵付けを行います。出来上がった作品は、自分で解説を書いて、後日、東京国立博物館内に展示します。



3日目:2月5日(月) 17:00〜20:00
アダチ伝統木版画技術保存財団 常設展示場(東京都新宿区下落合3-13-17)
「浮世絵版画制作の実演見学と摺り体験」
東京都江戸東京博物館と(公財)アダチ伝統木版画技術保存財団の共同企画で、プロの摺り師による多色摺りの実演を見学し、工程の一部を体験します。

4日目:2月10日(土) 10:00〜16:00
東京都江戸東京博物館、墨田区内
「発表準備、PR動画撮影」

5日目:3月16日(金) 17:00〜18:00
東京国立博物館・平成館大講堂
「発表会・大使任命式」

超充実した5日間ですね、文化庁と朝日新聞社の為せる技…自分も「保護者」として同伴したいです。

高校生の諸君!こんなすごい機会を逃すこと勿れ。(調査書に記載してもらえてAO入試や推薦入試にプラスになるのでは…なんてさもしいこと考えていると選ばれませんよ〜)


高校生ニッポン文化大使
High School Student Ambassador of NIPPON Culture


2017年度募集
活動期間:2018年1月〜3月(東京都内で実施される計5日間のプログラムに参加)
募集人数:高校生12名(日本人6名、フランス人6名を想定)
参加料:無料※会場までの交通費、昼食費用等の諸雑費は自己負担とします。
主催:文化庁、朝日新聞社
協力:東京国立博物館、東京都江戸東京博物館、すみだ北斎美術館、東京国際フランス学園、
外務省、独立行政法人国際交流基金、公益財団法人アダチ伝統木版画技術保存財団
活動場所:東京都内(東京国立博物館、東京都江戸東京博物館、すみだ北斎美術館、アダチ伝統木版画技術保存財団常設展示場、墨田区内の北斎ゆかりの地)
詳細・申込方法:下記朝日新聞デジタル内特設ホームページの応募フォームから
http://www.asahi.com/ad/ambassador/

大人はこちらで我慢しましょう。
(また買ってしまいました。やるな〜海洋堂)


カプセルQミュージアム 葛飾北斎 浮世絵立体図録 [全5種セット(フルコンプ)]

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4962

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/4962
この記事に対するトラックバック