青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 動画「松林図屏風」 | main | 八海山「金剛心」 >>

「博物館に初もうで」

東京国立博物館で開催中の
「博物館に初もうで 新春特集陳列「吉祥」」に行って来ました。



円山応挙はずるいです。

こんなに可愛く仔犬の絵を描くなんて。

朝顔狗子図杉戸

これくらい、カワイイ子犬描かれたらイチコロです。
合コンで「特技」として凄い威力発揮するでしょうね。

ずるいな〜応挙。

でも、可愛い絵が描けるというのは実は凄い力量あってのことだと
今回博物館の2階展示室で知らされました。

8室に展示してあった同じ応挙の「写生帖(丁帖)」を
この目で初めてじっくり観ましたが、腰抜かすほどです。
だってこれですよ!これ!!「写生」の域はるかに超えてます。

産毛の一本一本まできちんと描いてあります。

それに「鳥」を本当によく観察して描いているんだな〜ということ分かります。
わがやにも鳥がいるので。


鸚鵡だってほらこの通り↑

昆虫も「気持ち悪い」くらいにリアルに描いてあります。

カブトムシの「腹」の部分観ていたら子供の頃にタイムスリップしそうな錯覚さえ覚えます。


若冲の「菜蟲譜」に匹敵する名品です。
これが平常展示で観られるのですからスゴイ!!

円山応挙
円山応挙
星野 鈴

これだけ「写生」に徹し、描く力もあった応挙のことですから
朝顔狗子図杉戸」に描かれた可愛い仔犬を描くなんて造作ないことでしょう。

でも、やっぱり応挙はずるいです。

リアルに描こうとすればいくらでも描けるのに
合コンで「昆虫」や「鷲」の絵を描くのではなく
「仔犬」を描いてしまうのですから…そりゃ〜もてます。ラブ
京都で敵無しだったでしょうね。。。きっと。

でも、もう一人京の町にはずるい人がいました。
青果問屋のぼんぼん。天涯独身。ずるさはこちらの方が上手かも。。。
そう、若冲です。

伊藤若冲もずるいです。

松樹・梅花・孤鶴図

この鶴を見よ!
キャプションに「綿棒のような鶴」に「ゲジゲジのような松」と解説がありました。

思わずふき出してしまいそうです。
(っというかふき出しました)




常々思うのですが、若冲という人はとても頭のやわらかな人だったと思います。
そうでなければ、こんな斬新な造形美で鶴や松を表すこと出来ません。

そして若冲も徹底的に「写生」にこだわった画家さんです。

この本に面白いこと載っていました。
すぐわかる日本の絵画
すぐわかる日本の絵画
守屋 正彦

若冲は「目に見えないものは描かない」といった写実主義のギュスターヴ・クールベに共通する感覚を持った日本の画家だと。

若冲の言葉です。
「今の世に天翔る麒麟だとか、故事人物のだぐいがこの眼で見られるはずもない」

「天使を見たことがない」と言い放ったクールベさんとは
良いお友達になれたでしょうね、きっと。

そして、そして、写生を元に徹底的な精密画を描いた若冲。
それらの作品はここで紹介するまでもなく国外でも高い評価を受けています。

それなのに・・・「綿棒とゲジゲジ」を描いてしまうんです。。。
そりゃ〜もてますって。。。ラブ
ずるいなーー若冲も。

「博物館に初もうで」に行き二人の『ずるい』絵描きさんの真髄を観て来ました。

目をみはる伊藤若冲の『動植綵絵』
目をみはる伊藤若冲の『動植綵絵』
狩野 博幸

若冲の目
若冲の目
黒川 創

長谷川等伯「松林図屏風」の記事はこちら
戌(いぬ)年にちなみ犬を表した作品、吉祥のモチーフを扱った作品を集め、新年の門出を祝います。犬は古くから狩猟を通じて日本人とかかわりの深い動物で、埴輪(はにわ)をはじめとする考古遺物にその姿をみることができます。江戸時代以降は愛玩動物としての性格が強まり、絵画・工芸の分野でペットとしての犬を表した作品が増えてゆきます。また松竹梅、鶴亀、獅子牡丹、富士山、鷹などの吉祥のモチーフは、古くから日本の美術工芸品のなかに取り込まれているものです。犬の埴輪や、応挙の子犬の絵、松竹梅の屏風など、館蔵品・寄託品の中から選ばれた作品で、お正月をお迎え下さい。
展覧会 | permalink | comments(9) | trackbacks(4)

この記事に対するコメント

Tak様、ほんと!!応挙も若沖もずるい!!

写生帖、私もじと〜〜〜っと呆れて見てきました。
(よだれ垂らしていたかもしれません・・・)

でも、写生帖をデジカメで撮っている外人イケメンがいたのです。
え!!??撮っちゃっていいの??!!
でも、そりゃ、撮りたくなるわなぁ・・と心広く彼を許しつつ、今回の掘り出し物だと感激してきました。

イケメンは、また、若沖の鶴も撮ってました。
おぬし〜〜と思いつつ、しょうがない、すごい絵を描いた人なんだから、と認めてあげました。

鶏を描かせたら、若沖の右に出る人はいません。そう信じています。連日、嬉しいお話、最高です!!

あべまつ | 2006/01/17 10:39 PM
Takさん、こんばんは。
応挙の犬(むしろ「わんちゃん」とでも言うべき?)は本当に可愛いですよね。
それでもって「写生帖」ですか!もう言葉も出ません…。

伊藤若冲は今更ながらハマって来ました。
全作品鑑賞制覇(?)をしてみたいです!
はろるど | 2006/01/18 12:21 AM
応挙の犬、かわいいですよね。我ながら見入ってしまいました。
この「初詣企画」とてもよかったと思います。
自由なランナー | 2006/01/18 7:52 AM
TBありがとうございます。
可愛かったですね〜ワンコ。
印刷物でよく目にしてましたが、ほんもの見たのははじめてです。
写生画のすばらしさがあればこそ引き立ちますね。
感動が蘇ります。ありがとうございます。

宗達も光琳もワンコを描いてますが、
この時代の絵師のあたたかな眼差しを感じる一コマです。
帰りがけにだめ押しで、西郷さんと犬を見て帰りました。
tsukinoha | 2006/01/18 12:33 PM
東博はずるいです。
応挙と若冲を並べて初もうでだなんて。
さりげなく松林図も公開だなんて。
平然と平常展と言ってのけるなんて。

斜め後ろで「書の至宝展」。
手前左手奥でもうじき「天寿国繍帳公開」。

ついでに週に二日以上は乗り換える上野駅すぐ。

いったい今年は何回行くんだろう。
というわけで素直にパスポートを購入します(笑)。
mizdesign | 2006/01/18 7:38 PM
こんばんは.

ふかふか,ころころの応挙犬,かわいすぎ.
めろめろ,とろとろになってしまいます.

合コンで使えますかね・・・

おけはざま | 2006/01/19 12:17 AM
@あべまつさん
こんばんは。

写生帖を観ないで素通りしてしまっている方が
意外と多かったのですが、あれ観ない手はありません。

常設展示はフラッシュをたかなければ
撮影OKですから、私も撮ってきました。
撮らずにはいられませんでした。

若冲はもうすぐ始まるバーグコレクション展にも
出展されます。楽しみにしています。

それにして、、、ずるいな〜応挙も若冲も!

@はろるどさん
こんばんは。

「わんちゃん」戌年にぴったり。
狙い的中ですね。

若冲にまはった?!それはそれは・・・
散在覚悟しなくては。相手はボンボンですから(^.^)

@自由なランナーさん
こんばんは。

企画に応挙のこの犬をもってきたのは大正解。
動物しかも仔犬なら万人受けしましものね。
一番ずるいのは東博かもしれません。

@tsukinohaさん
こんばんは。

無条件にかわいいですよね。
それを見事に絵に表してしまうのですから
応挙はやっぱりすごいです。
あしをあげているわんこいましたよね?!
あれ描かれたらイチコロです。

>帰りがけにだめ押しで、西郷さんと犬を見て帰りました。
ナイスです。

帰りにペットショップ寄ろうと思いましたが
欲しくなってしまうとまずいので自粛しました。

@mizdesignさん
こんばんは。

>東博はずるいです。
おっしゃるとおり!!
ずるいです。
いいものいっぱい持っていて
それを小出しに使います。
ついつい行ってしまいます。

私もパスポート持ってます。
あれを安価で販売しているので
いくらずるくても許してしまいます。

京成の博物館駅が懐かしいです。
この際ですから復活希望します。

@おけはざまさん
こんばんは。

合コンで…さらさらとこんな可愛いわんこ描けたら。。。
下手に面白トーク出来るよりこっちの方がインパクト大です。

あんまんのようだと思ってしまいました。
仔犬たちを観て・・・(^_^;)

Tak管理人 | 2006/01/19 10:45 PM
Takさん、こんにちは。
先日はコメントとTBありがとうございました。

私は今日(1/21)もまた上野に行ってきました。
「書の至宝」そのほかを見てきたのですが、
何よりも雪景色の東博が素敵でした!

ロビーの窓から見える裏庭は、人の気配も足跡もなく、
雪だけがどんどん積もっていく光景がよかったです。
jchz | 2006/01/21 8:25 PM
@jchzさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

今日博物館や美術館に行かれた方は
いつもと違った面持ちの建物が
ご覧になれてさぞかし良かったでしょうねー
午前中仕事さえなければ。。。
悔やまれます。

「書の至宝」展も記事お書きになられましたら
TB送ってください!!
Tak管理人 | 2006/01/22 1:08 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/516
この記事に対するトラックバック
東京国立博物館の初もうで展(1/29まで)を観てきた。会場でばったりおけはざまさ
東博の初もうで展 | いづつやの文化記号 | 2006/01/17 11:02 PM
東京国立博物館(台東区上野公園) 「博物館に初もうで 新春特別展示『犬と吉祥の美術』」 1/2〜1/29 東京国立博物館の通称(?)「初もうで展」では今、新春特別展示の「犬と吉祥の美術」が開催されています。出品作品は、戌年やお正月にちなんだ埴輪や絵画、工芸な
「博物館に初もうで」 東京国立博物館 1/2 | はろるど・わーど | 2006/01/18 12:17 AM
東京のいくつかの公立博物館や美術館は、正月2日から開館しています。東京国立博物館
博物館に初もうで | 単身赴任 杜の都STYLE | 2006/01/18 7:53 AM
ってことで東京国立博物館の「新春企画 博物館に初もうで」へ行ってきました。 例の
博物館に初もうで | WaDSblog | 2006/01/18 1:19 PM