青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「草間彌生―永遠の現在」展 | main | 「非情のオブジェ―現代工芸の11人」展 >>

「木村伊兵衛展」

「草間彌生展」を観終えて、常設展へと・・・
常設展示室の2階から4階の3つのフロアの一部をそれぞれ使い
写真家・木村伊兵衛の展覧会が開催されていました。どうやら常設展示作品と合わせて観ていくようになっている仕組みらしいです。わざわざ3つのフロア使って小分けして展示しいているのも意味あるのですね。


木村伊兵衛については・・・
1901年(明治34年)東京・下谷生まれ。子供のころ、おもちゃカメラを手にして写真に興味を持ち、成人してアマチュア写真クラブに入って頭角をあらわす。
 1930年(明治5年)花王石鹸広告部に嘱託として入社、プロフェッショナルとして活動を開始、ライカでリアルな広告写真を撮ることで注目される。1933年(明治8年)名取洋之助、伊奈信男らと日本工房を設立。生活に根付いた新鮮なリアリズムの表現を、小型カメラの特性を生かして切り開いた。
 戦後、1950年に創立された日本写真家協会の初代会長に就任。また、アマチュアの指導者として、土門拳とともに「リアリズム写真運動」を推進した。1956年、日中文化交流協会発足と同時に常任理事に就任、日中国交回復前後の中国を度々訪れ、日中友好に尽力した。
 1974年、74歳で死去。
昨年の冬に有楽町朝日ギャラリーで
「近代写真の生みの親 木村伊兵衛と土門拳」展がありそこで初めて
木村氏の作品をまとめて観ました。
 

その時と今回で感じたことの違い。
それは「時代」です。
同時代の写真家と展示されていた時はさして気にすることはなかったのですが、
今回は草間さんを観た後だったので、同じ「時代」でも表現方法に
これだけの違いがあるものなのか・・・と。

例えば1950年代に撮影されたモノクロの写真。
それは当り前のように50年前の日本の庶民のありのままを写しています。
それは当然私の生まれる前の風景です。
時折雑誌やTVなどで見て知っている「昭和」という時代。
紙芝居を真剣に見ていたり、駄菓子屋の前で楽しそうにしている子供たち。
たった50年前なのにとても昔に思えるそんな時代。
この写真だけ見たのでは、未経験のノスタルジアに浸って終わってしまいかねませんでした。が、しかし。

この同じ時代に草間さんは単身アメリカへ渡って創作活動を展開していたのです。
草間彌生年譜
草間さんの作品を一階で見た後の「木村伊兵衛展」
それぞれの作品を高めあい、昇華させる組み合わせ。

草間展も木村展も12月19日(日)まで開催。
どちらかだけでなく、どちらも観るときっと
片方だけでは得られない素晴らしい感動あるはずです。

 

以下プレスリリース
木村伊兵衛(1901-1974)は、昭和初期に『光画』同人として発表した作品などで名声を確立して以降、晩年に至るまで常に一線で活躍した、日本近代写真史上最も重要な写真家のひとりです。戦前・戦中期に携わった報道・宣伝写真、戦後の秋田やヨーロッパ外遊で撮影された一連の作品、また東京を中心とするストリート・スナップ、さまざまなポートレイト、舞台写真など、木村は多彩なテーマにとりくみ、多くの傑作を残しました。それらの作品は、卓越したカメラ・ワークと、機材や感材への深い理解によって生み出されたものであり、写真独自の視覚の追及を命題とした近代的な写真表現の、日本における最良の成果の一つと言えます。一方で、報道写真という新分野に取り組んだ木村は、印刷を媒体とするイメージの流通という、写真の社会的機能にきわめて自覚的だったという意味でも、近代写真のパイオニアとして重要な役割を果たしました。

 今回の展覧会では、戦後のいくつかの代表的なシリーズを中心に木村伊兵衛のカメラ・ワークのエッセンスを抽出・提示することを主眼とするメイン会場(ギャラリー4)に加え、当館の通常の所蔵品展示「近代日本の美術」のなかに数ヶ所、木村伊兵衛展の展示を組み込み、主に印刷物を通じて社会へと流通した仕事を紹介することで、社会や時代と関わりながらそれらの写真が生み出されたことを提示し、木村伊兵衛の仕事を立体的にたどります。


展覧会 | permalink | comments(4) | trackbacks(2)

この記事に対するコメント

Takさん、TBありがとうございました。

なるほど。草間さんの年譜と合わせながらご覧になったのですね。
アメリカへ渡った草間さんと、
木村さんがその当時の日本を写した日常の一コマ。
全然関係ないような時間の経過を複眼的に見るのって、
なんだか楽しそうです。
気がつかなかった・・・。
はろるど・わーど | 2004/12/06 8:12 PM
@はろるど・わーどさん
こんばんは。

たまたま気がついただけです。
草間さんの年譜を良く知らなかったので
いつも以上に詳しく見たのが幸いしたのでしょう。
普段ならきっと見落としています。
いつも大切な事忘れているような気がします・・・
(^^ゞ
Tak管理人 | 2004/12/07 8:31 PM
こんにちは。
私も草間、木村の作品展を続けてみたんですが、まったく別のものと思いこんで見ていました。takさんの鑑賞の考えは新鮮ですね。もう一度見に行きたいです。
うちのblogにつたない文を書いたので、TBさせてください。
自由なランナー | 2004/12/14 7:44 AM
@自由なランナーさん
コメント&TBありがとうございます。
たまたまこの写真展を観ていて「時代」を
とても意識してしまいました。ほんと偶然に。
でも、それで新しい見方ができたので
良かったかな〜と思ってます。
Tak管理人 | 2004/12/14 9:20 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
東京国立近代美術館(千代田区) 「木村伊兵衛展」 2004/10/9〜12/19 こんにちは。 先日、草間彌生展を見た時にあわせて、写真家の木村伊兵衛の展覧会も見ました。前回感想を書き損ねてしまったので少し記録に残しておこうと思います。 木村伊兵衛は、近代日本写真史
東京国立近代美術館 「木村伊兵衛展」 | はろるど・わーど | 2004/12/06 8:13 PM
自然な人の姿をとらえる、木村伊兵衛。
写真に魅了される木村伊兵衛展 | 単身赴任 杜の都STYLE | 2004/12/14 7:37 AM