青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今年こそ単眼鏡デビュー! | main | 産経新聞で『いちばんやさしい美術鑑賞』が紹介されました。 >>

「アジア・アフリカの難民・避難民展」

聖心女子大学(聖心女子大学4号館/聖心グローバルプラザ)で「アジア・アフリカの難民・避難民展」が9月17日より開催されます。


http://kyosei.u-sacred-heart.ac.jp/

昨年(2017年)9月から、難民・避難民展の企画展を約半年毎に小テーマを変更し開催してきました。最初は「日本にいる難民・避難民」、次に「中東の難民・避難民」、そして今回最後の企画が「アジア・アフリカの難民・避難民」となります。


「ドカン」、バングラデシュのコンビニエンスストアを再現

国立民族学博物館、えひめグローバルネットワーク、網中昭世氏(アジア経済研究所)の特別協力により今回の展示が成立しました。

タンザニアのニャルグス・キャンプ、バングラデシュのロヒンギャ・キャンプに関する展示を中心に、写真・動画、民具、楽器、マーケット再現展示などを通して、日々たくましく生活する難民の人びとの暮らしを紹介します。


ケスター作《肘掛椅子》2012年 国立民族学博物館蔵
特設展示「武器をアートに」《肘掛椅子》の展示期間:2018年9月17日(月)〜2019年4月27日(土)

特設展示「武器をアートに」では、アフリカ南東部モザンビークで回収された武器から制作された作品(武器アート)を紹介。

国立民族学博物館所蔵の「肘掛椅子」(ケスター作)を聖心グローバルプラザエントランスに展示。

10月31日には特設展示を拡充。国立民族学博物館から2点、えひめグローバルネットワーク2点、網中昭世氏1点の計5点の(武器アート)作品を追加展示します。


サントス作《フルートを吹く男》2012年
国立民族学博物館蔵

モザンビークでのアートに結実した平和構築の営みと内戦を経て平和な未来を希求するアフリカの人びとの様子を感じられる展覧会です。


「アジア・アフリカの難民・避難民展」 

開催期間:2018年9月17日(月)〜2019年3月15日(金)
特設展示「武器をアートに」《肘掛椅子》の展示期間
:2018年9月17日(月)〜2019年4月27日(土)
特設展示「武器をアートに」小アート5点の展示期間
:2018年10月31日(水)〜2019年3月15日(金)
・開室時間:9:00〜17:00 (平日)
・会場:聖心女子大学グローバル共生研究所
東京都渋谷区広尾4-2-24 聖心グローバルプラザ(4号館)
http://kyosei.u-sacred-heart.ac.jp/
・主催:聖心女子大学グローバル共生研究所
・特別協力:国立民族学博物館、特定非営利活動法人えひめグローバルネットワーク、網中昭世(日本貿易振興機構 アジア経済研究所)


アラブ、祈りとしての文学 【新装版】
岡 真理 (著)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5231

JUGEMテーマ:アート・デザイン



展覧会告知 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/5231
この記事に対するトラックバック