青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「アジア・アフリカの難民・避難民展」 | main | 最も良かった今まで行った美術館・博物館は? >>

産経新聞で『いちばんやさしい美術鑑賞』が紹介されました。

2018年9月16日(日)発売の産経新聞朝刊にて、拙著『いちばんやさしい美術鑑賞』が紹介されました。



「いちばんやさしい美術鑑賞」はあなた専属の先生!美術館に持って行こう!

これまで、webやラジオ番組では取り上げてもらえることの多かった『いちばんやさしい美術鑑賞』が、発売後ひと月を経て新聞の紙面で紹介されに至りました。

自分が本を出すことも夢のまた夢と思っていたのが、気が付けば新聞の書評欄で紹介されるまでに。こんなに上手く事が進んでしまってよいのでしょうか。

いずれにしても、大変光栄で有難いことです。



しかも嬉しいのが、しっかりと読まれていることが分かる内容となっている点です。

【書評】
上手さを知るために見る部分は… 『いちばんやさしい美術鑑賞』青い日記帳著


産経新聞とってないよ〜という方、ご安心あれ、webにも掲載されています。

これを切っ掛けに、朝日、讀賣、毎日、日経と新聞紙面を『いちばんやさしい美術鑑賞』で埋め尽くしたい野望がふつふつと。いやでも欲を出してはいけませんよね。人間謙虚に生きないと。

さて、今週の産経新聞さんの書評欄は芸術の秋到来を予感させるかのように、この本の他にもう一冊アート本が大きく取り上げられていました。

それがこちらの『うらめしい絵』です。


うらめしい絵: 日本美術に見る 怨恨の競演
田中 圭子 (著)
「うらめしや〜」の決まり文句とともに現れる幽霊。思い詰めたような険しい表情の女性。乱世のなかで非業の死を遂げた者たち。このような負の感情を描いた絵に秘められた物語をひもとき、画家たちが描いた恐ろしくも人を惹きつけてやまない「うらみ」の世界を紹介します。


自分も「いまトピ」でこの本を紹介するコラムを書いています。

恐ろしくも人を惹きつけてやまない「うらめしい絵」とは
https://ima.goo.ne.jp/column/article/6243.html

じっくり読ませる『うらめしい絵』もお勧めです!!


いちばんやさしい美術鑑賞』 (ちくま新書)
青い日記帳

ブログ「青い日記帳」Takさんにいろいろインタビューしてみた!〜新書『いちばんやさしい美術鑑賞』出版によせて〜(前編)

ブログ「青い日記帳」Takさんにいろいろインタビューしてみた!〜新書『いちばんやさしい美術鑑賞』出版によせて〜(後編)

はろるどさん

「青い日記帳」のTak(@taktwi)さんが、8月6日、ちくま新書より「いちばんやさしい美術鑑賞」を上梓されました。

かるびさん

これは良書!アート鑑賞入門書のオススメ決定版:『いちばんやさしい美術鑑賞』(ちくま新書)

KINさん

これが美術を好きになる近道。ちくま新書『いちばんやさしい美術鑑賞』はアートファン必見です!



筑摩書房特設サイト
http://www.chikumashobo.co.jp/special/bluediary/

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5232

JUGEMテーマ:アート・デザイン



『いちばんやさしい美術鑑賞』 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/5232
この記事に対するトラックバック