青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< フェルメールの “牛乳を注ぐ女”のスープ | main | 冬季限定:千住博画伯が描く名画ラベル 「THE軽井沢ビール 冬紀行プレミアム」 >>

山本タカト展「ノスフェラトゥ」開催

タワーレコード渋谷店 SpaceHACHIKAIにて10月26日よりTAKATO YAMAMOTO EXHIBITION -NOSFERATU- 山本タカト展「ノスフェラトゥ」が開催されます。


http://towershibuya.jp/

タワーレコード渋谷店8階の催事場“SpaceHACHIKAI”にて、「平成耽美主義」を打ち出す画家、山本タカトによる作品展「TAKATO YAMAMOTO EXHIBITION -NOSFERATU-」開催との嬉しいニュースが。

タワレコしばらく足を踏み入れていませんが、山本タカトの原画や下絵が観られるとあらば行かねばなりません。



山本タカト
1960年生まれ。東京造形大学卒業。
1980〜1990年代は主に企業広告のイラストレーションと小説の挿絵、本の装画などを手がける。
2000年以降は「平成耽美主義」と銘打って思春期の少年少女をモチーフにして幻想的で耽美主義的なオリジナル作品を描き、画集の刊行とそれに併せたギャラリースペースでの作品発表が活動の中心になる。




独自の唯美主義に貫かれたグロテスクとアラベスクの鬼才である山本タカト。6年前2012年に刊行した画集『ネクロファンタスマゴリア』は今では入手困難でプレミア価格が付けられています。

“血も滴る世にも怪奇で美しい少年少女の吸血鬼たち”

描き下ろし作品から、旧作、下絵、漫画などの貴重な展示の他、新旧画集、オリジナルラベルワイン、Tシャツ、下絵帖をはじめとする新作グッズなどがタワレコ渋谷店で販売されます。



転売屋さんが行列を作るかもしれませんね、土地柄…

画集『緋色のマニエラ』(1998)による、鮮烈なデビューから20年目の節目を迎えた山本タカト。


緋色のマニエラ 増補新装版: 山本タカト画集 (パン・エキゾチカ)

繰り返し描いてきた吸血鬼をあえてモチーフに選び、今回の「TAKATO YAMAMOTO EXHIBITION -NOSFERATU-」で「平成耽美主義」の大団円を飾ります。


TAKATO YAMAMOTO EXHIBITION -NOSFERATU-
山本タカト展「ノスフェラトゥ」

日程:10月26日(金)〜 11月11日(日)
場所:タワーレコード渋谷店8階 SpaceHACHIKAI
営業時間:平日 12:00〜22:00 土日祝 11:00〜21:00
※10月27日(土)、10月28日(日)各日21:00~22:00の時間帯は、照明を落として、手持ち光源で作品を鑑賞する「ハロウィン・ダーク・ナイト」となります。
入場特典 名刺サイズカード1枚付(4種ランダム)
内容:原画展示、下絵展示、漫画原稿展示、物販


入場特典:名刺サイズカード1枚(4種ランダム)


幻色のぞき窓

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5253

JUGEMテーマ:アート・デザイン



展覧会告知 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック