青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「ヨルク・シュマイサー展」 | main | 寺田倉庫「マイ・コレクション展2018」 >>

2019年「カラヴァッジョ展」開催!

バロック絵画の先駆者であるカラヴァッジョ(Caravaggio)の展覧会が2019年〜2020年にかけ日本国内で開催されます。


オッタヴィオ・レオーニが描いたカラヴァッジョの肖像画(1621年頃)

カラヴァッジョの現存する真筆作品は、約60点と言われています。教会に飾られた祭壇画なども含まれるため、移動可能な作品は非常に限られています。

加えて、カラヴァッジョの故郷イタリアをはじめ、ヨーロッパ各地で彼の人気は絶大で、どこの美術館でも「カラヴァジョ展」を開催出来ないかと常に画策しています。

日本では、2001年に東京都庭園美術館「カラヴァッジョ 光と影の巨匠―バロック絵画の先駆者たち」、2016年に国立西洋美術館での「日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッジョ展」が開催されました。


カラヴァッジョ展

これまでいずれも都内での美術館だけでの開催でしたが、2019年の「カラヴァッジョ展」は何と、札幌(北海道立近代美術館)、名古屋(名古屋市美術館)、大阪(あべのハルカス美術館)の3か所のみです。

そう、東京を避けるかのように開催されるのです!

しかも全ての会場で日本初来日となるカラヴァッジョの超メジャーな作品が展示されます。まさに衝撃の初来日を果たすのです。

では、そのラインナップをとくとご覧下さい。

日本初公開

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「病めるバッカス」1594年
ボルゲーゼ美術館蔵
※札幌(北海道立近代美術館)のみ出品
自身をギリシャ神話の酒の神に見立てて。バッカスは画家自身。「病める」とあるが、芸術家特有のメランコリー気質を表すものといわれる。

日本初公開

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「ゴリアテの首を持つダヴィデ」1610年
ボルゲーゼ美術館蔵
※名古屋(名古屋市美術館)のみ出品
斬られた首は、カラヴァッジョ自身!斬られたゴリアテの首は、画家の顔を表している。自身の破天荒な人生の悔恨なのか、改悛なのか。

日本初公開

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「ホロフェルネスの首を斬るユディト」1599年
バルベリーニ宮国立古典美術館蔵
※大阪(あべのハルカス美術館)のみ出品
リアルな惨劇の一コマ。斬首の情景をリアルに描写。ルーベンスなど、カラヴァッジョ以降の画家に大きな影響を与えた作品。
「病めるバッカス」、「ゴリアテの首を持つダヴィデ」、「ホロフェルネスの首を斬るユディト」各会場限定のこれらの作品はあまりにも有名であるため画像で見ると既視感がありますが、実物を目にしたことはありません。それが日本で叶うとは!


ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「マグダラのマリア」1606年
個人蔵
※3会場共通

現在まだ最終的な詰めの段階でしょうが、少なくともカラヴァッジョ作品が10点は来日します。これは画期的なことです。特に各会場限定出品の作品は門外不出とされ今まで日本で公開されたことはありません。

また同時代の画家やカラヴァッジョ派の作品も約30点、海外からやって来るかなりガチな「カラヴァッジョ展」です。

札幌、名古屋、大阪三都市全て観てまわる計画今のうちから立てねばなりません。各会場の日程は以下の通りです。しっかりメモしておきましょう。

「カラヴァッジョ展」

札幌展
会期:2019年8月10日〜10月14日
会場:北海道立近代美術館
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/knb/

名古屋展
会期:2019年10月26日〜12月15日
会場:名古屋市美術館
http://www.art-museum.city.nagoya.jp/

大阪展
会期:2019年12月26日〜2020年2月16日
会場:あべのハルカス美術館
https://www.aham.jp/


絵画の歴史を変えた天才であり、ならず者で破天荒であった画家、ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(伊: Michelangelo Merisi da Caravaggio、1571年9月28日 - 1610年7月18日)の展覧会。首を長くして待つことにしましょう。


カラヴァッジョ巡礼 (とんぼの本)
宮下 規久朗(著)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5278

JUGEMテーマ:アート・デザイン



展覧会告知 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

名古屋市美術館に行ってきました。たくさんの人が見に来ていました。2016上野の西洋美術館の展示も見ましたが、初心者に分かりやすい展示になっていました。
星の王子様 | 2019/11/04 3:47 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/5278
この記事に対するトラックバック