青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「高麗青磁―ヒスイのきらめき」 | main | 「マルセル・デュシャンと日本美術」 >>

若冲、蕭白、芦雪、又兵衛 揃い踏み!「奇想の系譜展」

2019年2月9日より、東京都美術館にて「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」が開催されます。

https://kisou2019.jp/



過日、観世能楽堂(GINZA SIX)で行われた報道発表会に参加して来ました。
1970年に刊行された美術史家・辻惟雄による『奇想の系譜』に基づく、江戸時代の「奇想の絵画」の決定版です。岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳に、白隠慧鶴、鈴木其一を加えた8人の代表作を一堂に会し、重要文化財を多数含む展示を予定しています。豊かな想像力、奇想天外な発想にみちた江戸絵画の魅力を紹介。現代の目を通した新しい「奇想の系譜」を発信します。

奇想の系譜―又兵衛-国芳 (1970年)


辻惟雄先生
秋の受勲、喜びの声 東大名誉教授の辻惟雄氏

1970年に刊行された『奇想の系譜』の存在なくして、現在の日本画(特に江戸絵画)ブームはあり得ません。

およそ50年前の日本美術史の中では、伊藤若冲や曽我蕭白は存在こそ知られてはいましたが、誰も見向きもしないいわばゲテモノでした。

しかし、そのゲテモノたちにこそ、日本美術の本流があると目を付けた辻先生の慧眼ぶりは、幾ら称賛してもしきれないものがあります。

著作『奇想の系譜』で取り上げた、岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳らは、今では押しも押されぬ日本美術界のスーパースターです。

今回開催される「奇想の系譜展」には彼らの作品(しかも国内外から優品のみを厳選!)が勢揃いします。「若冲展」に匹敵する圧倒的な破壊力を有した2019年代注目の展覧会であること間違いありません。


岩佐又兵衛《山中常盤物語絵巻 第四巻(十二巻のうち)》 紙本着色 一巻 34.1×1259.0cm 
江戸時代初期(17世紀前半) 静岡・MOA美術館 重要文化財 【展示期間:2月9日〜3月10日】


狩野山雪《梅花遊禽図襖絵》 紙本金地着色 四面 各184.0×94.0cm 寛永8年(1631) 
京都・天球院 重要文化財


伊藤若冲《紫陽花双鶏図》 絹本着色 一幅 139.4×85.1cm 江戸時代中期(18世紀) 
米国・エツコ&ジョー・プライスコレクション


曽我蕭白《雪山童子図》 紙本着色 一幅 169.8×124.8cm 明和元年(1764)頃 
三重・継松寺


長沢芦雪《白象黒牛図屏風》 紙本墨画 六曲一双 各155.3×359.0cm 江戸時代中期(18世紀) (部分)
米国・エツコ&ジョー・プライスコレクション


歌川国芳《宮本武蔵の鯨退治》 大判錦絵三枚続 弘化4年(1847)頃 
個人蔵

もし、仮にこの6点だけの展覧会であったとしても十分観に行く価値があります。今回出る蕭白の作品など滅多に展覧会ではお目にかかれないですしね。

やはり、辻惟雄先生プレゼンツ「奇想の系譜展」だからこそ実現した豪華な布陣。普段は開催したくても出来ない内容です。

東京大学で教鞭を執っていらした時代の教え子である、山下裕二先生が全面的にバックアップし監修を務められるのも実に心強い点です。



さらに、今回の展覧会開催に向け調査を行った際に新たに発見された伊藤若冲と長沢芦雪の作品もこの展覧会で初お披露目となります。

 
伊藤若冲《梔子雄鶏図》 絹本着色 一幅 85.8×43.1cm 江戸時代中期(18世紀) 個人蔵
長沢芦雪《猿猴弄柿図》 絹本着色 一幅 104.0×37.7cm 江戸時代中期(18世紀) 個人蔵

心待ちにしている展覧会山ほどありますが、この「奇想の系譜展」は中でもダントツ、来年最も注目が集まる展覧会であること間違いありません。

だって、今すぐにでも観たいですよね。夢のような展覧会を。


鈴木其一《百鳥百獣図》 絹本着色 双幅 各138.0×70.7cm 天保14年(1843) 
米国・サンアントニオ美術館

アメリカの美術館へ所蔵されてから初めて日本に帰国し、「奇想の系譜展」でお披露目となる鈴木其一の「百鳥百獣図」や、こちらの岩佐又兵衛《妖怪退治図屏風》個人蔵など、早くこの目でじっくりと観たい作品も出ます!



逸る気持ちを抑えて、まずはこちらのトークイベントに参加して参ります。(でも鎮火するどころか余計にメラメラと火が…しまいそうです。)

日本美術応援団 奇想の系譜展を応援する
<山下裕二×山口晃トークイベント>


開催日時:2018年11月10日(土)19:00
会場:日経ホール
詳細及び申込は公式サイトから。
https://kisou2019.jp/


「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」

会期:2019年2月9日(土)〜4月7日(日)
休館日:月曜日、2月12日(火)
※ただし、2月11日(月・祝)、4月1日(月)は開館
開館時間:9:30〜17:30(入室は閉室の30分前まで)
夜間開館:金曜日、3月23日(土)、30日(土)、4月6日(土)は9:30〜20:00(入館は開館の30分前まで)
主催:東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、日本経済新聞社、NHK、NHKプロモーション
共催:朝日新聞社
協賛:凸版印刷、トヨタ自動車、三井物産
https://kisou2019.jp/


奇想の系譜 (ちくま学芸文庫)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5285

JUGEMテーマ:アート・デザイン



展覧会告知 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/5285
この記事に対するトラックバック