青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「渡辺力展」 | main | 「ニューヨーク・バーク・コレクション展」 >>

「ニューヨーク・バーク・コレクション展」記念講演「生き続ける日本美術」

東京都美術館で2月5日に行われた
辻惟雄先生の記念講演「生き続ける日本美術」に参加して来ました。

「日本の美 三千年の輝き ニューヨーク・バーク・コレクション展」
Enduring Legacy of Japanese Art:The Mary Griggs Burke Collection




※当日の「無謀な計画」はこちらです。

しっかりとした内容のレジメが配布されたので
それに従って講演会の内容をざーと振り返っておきます。

《タイトル》
バーク・コレクションの魅カ−日本に恋したアメリカ女性の宝物

1)アメリカ人の日本美術蒐集
・ヨ一ロッパでの日本美術熱は、1867年のパリ万博を契機に広まる。
アメリカではそれに遅れて19世紀の終り頃に始まるが、
財力にものをいわせて質量ともヨーロッパを抜いた。

当時の主なコレクターとして
フリーア、スポールディング、ルドー、バッキンガムなどの名前があげられる。

哲学者フェノロサは1878年(明治11年)に来日。
英人医師アンダーソンの蒐集に刺激され日本絵画蒐集を始める。
フェノロサ個人での蒐集は金銭面で負担が大きいため金持ちのビゲローを招く
蒐集品はボストン,フリアーなどに寄付。

・浮世絵、根付は質量とも本場日本にまさる
印籠と根付
「印籠と根付」 東京国立博物館

・ハッパー(Happer,J.S.1936没)は広重を大変愛好した。
東岳寺の広重の墓の隣に自分の墓を作らせた。

ウォーナーは『永続する日本美術』(Enduring Art of Japan)という講演を戦後間もなくアメリカで行った。

・第二次大戦後進駐軍の軍属や留学生として東洋美術の研究者が多数来日した。
ケイヒル、シャーマン・リー、パカードなど。

また富豪や日本通たちによる蒐集も活発化した。(第二次コレクションブーム)
ロックフェラー、教科書会社社長のパワーズ、江戸時代の作品ばかりを集めたプライス(若冲好きでも有名)、経済学者のドラッカーなど。
これらのコレクターの中に今回の展覧会のバーク氏も含まれる。

2)バークコレクションの成り立ちと特色
・戦後の蒐集でありながら、日本とアメリカが親密で対等であった戦前の「よき時代」の香りを残す、上品で質の高いコレクション、東部の富裕階級(エスタブリッシュメント)の洗練された趣味が反映されている。

バーク女史はアメリカの日本美術コレクターのなかでもっとも教養ある人の一人、自ら講演や回想録などの著述がある。

・メアリー・バーク女史、独立戦争に功績のあった名門ノレヴィングストン家を母方の先祖に持つ。
教養ある一族は美術に深い理解をもつ、伯父は工一ル大学で日本人留学生二人と友達になり、関東大震災のあと日本を訪れてかれらの家族に歓待される。
白衣観音図」は、伯父が帰国してまもなく、かれらのうち一人の娘さんがアメリカ留学のため渡米し、そのとき土産に持参したもの。

・母親が1902年(明治35)、一家で日本を観光旅行着物を買って帰る別荘に日本庭園をつくる。中国陶磁その他の古美術品蒐集に熱心画家オキーフと親交があった。
ジョージア・オキーフ―崇高なるアメリカ精神の肖像
「ジョージア・オキーフ―崇高なるアメリカ精神の肖像」ローリー・ライル

・バーク女史はアメリカやヨーロッパの大学や研究所で美術史を学ぶ。

1954年:日本への旅から掃った建築家ワルター・グロピウスのすすめで目本を訪問、建築家吉村順三の案内で日本庭園を見てまわる。美しい日本の田舎の風景に魅せられ、日本に「恋する」(fell in 1ove with Japan)

1955年:ジャクソン・バークと結婚。氏はすぐれた文字のデザイナー。

1956年:江戸時代の源氏物語図屏風を購入,最初のコレクション
日本美術の勉強を本格的に始める。コロンビア大学の村瀬実恵子教授を助言者に得る。

1962年:浮世絵のコレクションを入手。琳派を集める 源氏物語を読破。

1965年:夫のデザインでニューヨークのアパートに「ミニ・ミュージアム」をつくる。

以後、1973年までの間に仏像、仏画、大和絵、書、水墨画などコレクションの範囲をひろげる。

1967・68年に大量の南画を購入陶器、漆器・各時代、分野にわたって広い視野から蒐集日本美術全体の流れがつかめるようにバランスのとれているのがバークコレクションの特色。

1975年:夫君を失った後も蒐集に情熱を燃やす、仏像、茶室のためにギャラリーを増設。

・コレクションの特色
ー舛旅發機…彊賣・一流揃いの美しいコレクション とくに仏像がよい
女性らしいきめ細かな美的感性が作品の選択にあらわれている。
縄文土器から始まる巾広い選択、若冲、蕭白など現代的視点も含む。

3)バークコレクション展の経緯
・1985東京国立博物館その他でバーク展122点
・2000メトロポリタン美術館Bridge of Dreams展168点
Bridge of Dreams: The Mary Griggs Burke Collection of Japanese Art
「Bridge of Dreams: The Mary Griggs Burke Collection of Japanese Art」Miyeko Murase

・2005日本でニューヨーク・バークロレクション展116点
東博展に出てないもの69点(約6割)、メトロ展に出てないもの23点(約2割)

・「里帰り展」の意義 「流失」か「流出」か?
文化交流に果す日本美術の役割貴重な存在としてのバークコレクション

4)私たち目本人にとってのバークコレクションの意義
・日本美術の国際的普遍性のあかし
・日本美術を映す鏡
    ↓
西洋から見れば離れ小島にある日本。
日本とは何者であるのかを考えるよい材料となる。
バークコレクションは、いじましい日本を映す鏡。

5)スライド解説
こちらは「バーク・コレクション展」の記事に織り込みます。

日本美術の歴史
『日本美術の歴史』辻 惟雄

上記レジメ以外の「こぼれ話」

1970年代に先生がバークさんとNYでお会いした時
漢字で「ジャクソン」と書かれた「はっぴ」を着ていたそうです。

邪苦損? 蛇狗鱒? 寂村? 弱孫?

この展覧会の監修者として作品の選別にあたったが
量的にもっと展示したかったという思いと
「あれも展示したかった」という思いがある。

この展覧会の会場は彫刻作品の照明がとても良い。

他の作品も粒揃いの作品ばかりなのでじっくり見てもらいたい。

展覧会に足を運んでくださるお客様にどういう雰囲気や環境を
提供できるかがこれからの美術館の課題。
(混雑していて絵を観にきたのだか人を見にきたのだか分からないようでは困る)

バークさんは蕭白の「牛」の絵をあまり好きではなく
一旦は手に入れたものの売ろうと思ったこともあったそうです。

日本人が西洋の進んだ文明にぶつかった場合萎縮してしまう。
日本人のそれがいじましい点ではあるが。

世界に対して誇れる立派な文化を持っていることを
日本の自分自身を映す鏡として作品に向かいあい証明して欲しい。

日本に恋したバーク氏のコレクションに向かい
「自分(日本)は美しいか?」と問いただす「鏡」にして欲しい。



講演会を聴いた後、この日に限り再入場が出来るとのことで
再度展覧会会場で辻先生から解説のあった作品を観てまわりました。


※思いがけず会場ではるるどさんとばったりお会いして
(っというか妻が目ざとく見つけた)
一緒にこの講演聴き展覧会も観ることできました。

あれこれ感想を言い合いながら鑑賞するのも楽しいものです。
お付き合い下さいましてありがとうございました。
講演会 | permalink | comments(8) | trackbacks(3)

この記事に対するコメント

Takさん

こんばんは。
Takさんも講演会が続いてお疲れ様で〜す♪
でも、行きだすととても面白いし勉強に
なりますよね〜☆

来月はまたブリジストン美術館でイタリア系の
土曜講座もあるので楽しみです!
村瀬氏の講演会のほうにTBさせて頂きます。
Julia | 2006/02/08 9:21 PM
@Juliaさん
こんばんは。
TBありがとうございます・

講演会楽しいですね。
人の話をじっくり聴くのも悪くないです。
勉強にもなりますしね。

立て続けですね〜毎週。
4回目はtoshi館長も行かれるそうです。
私は土曜日でなければいいのですけどね・・・
そこがネックです。
Tak管理人 | 2006/02/08 10:15 PM
こんばんは、先程コメントをいただいたので気軽にお邪魔いたしましたが、ぎょぎょぎょっ となりました。
す・ば・ら・し・い!!!

本当に充実なさってて驚くばかりです。
私がこの先見に行かねばならない展覧会の情報なども多く、過去に心に残った展覧会も多く、何日もかけてTakさまの世界を探検しなければ!とたった今、海馬に言い聞かせたところです。
早速リンクを貼らせていただこうと思います。

また、曜変天目についても安宅コレクションのがないのは何故かなとか色々なナゾが湧いては一人でワクワクしています。ダメだ、興奮している。
失礼いたしました。


わたしは蕭白の『石橋図』が大好きで、あの仔獅子がシャワーの飛沫か、虹の欠片のように見えて、その本物を見たいがために二月上京を決めたのです。
来週末には見に行きますので、ぜひTBさせていただこうと思います。

ほんとうに失礼いたしました。
遊行七恵 | 2006/02/08 10:58 PM
Takさん、こんにちは。
楽しみにしておりましたので、
じっくり拝読させていただきました。
辻先生が千葉市美術館の館長をしていらしたときの展覧会に2度行きましたが、(ひとつは簫白)場の佇まいがとてもよかったのを記憶しています。
私は「寂村」に一票(笑)。
tsukinoha | 2006/02/09 5:55 AM
私もこの日、バーク・コレクション展を見ていました。
会場でTakさんたちを発見できず、残念です。
思いのほか空いててサクサク鑑賞できたため、
隣の動物園にまで行っちゃったからな〜
(連れがアウトドア派だったので… -_-#)

源氏物語図屏風はゴージャスでしたね。
簡易版のモノクロの絵巻物も、現代のコミック
「あさきゆめみし」を見ているような親近感が。
源氏関係の展示が充実してるなーと思ったら、
バーク女史は原作を読破してるんだぁ、すごい!
秋津(Arthur-co. in mixi) | 2006/02/09 6:57 PM
@遊行七恵さん
こんばんは。

お褒めいただきありがとうございます。
褒めなれていないので、素直に嬉しいです(^^♪
絵を観ることと文を書くことが好きなものでついつい。
でも変てこな感想ばかりですから適当に
受け流してくださいね。所々。

曜変天目は謎だらけです。
でも近年、再現が出来るようになりつつあるようです。

蕭白の「石橋図」は辻先生も面白い作品だと絶賛して
いらっしゃいました。ディズニーランドのようだと。
また実際にご覧になられたら是非TB送ってください。

失礼なんてとんでもないです。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

@tsukinohaさん
こんばんは。

千葉市美術館は結構いい作品を持っているんですよね。
浮世絵にしても若冲にしても。
あの建物のつくりも独特です。

「寂村」ですか。
この為に漢和辞典引っ張り出してきてあれこれ
考えてみたのですがジャクソンという音は
どうもマイナスの漢字ばかりで・・・困りました。

@秋津さん
こんばんは。

動物園かい!!
その組み合わせは今まで流石にしたことないな〜
やろうとおもってもみなかった。
どうだった?パンダは??
(あれ、パンダってまだいるのかな)

>簡易版のモノクロの絵巻物も、現代のコミック
>「あさきゆめみし」を見ているような親近感が。
素晴らしい!!
私は白黒でイマイチかなと思ったのですが
辻先生は少女マンガみたくて面白いと
仰ってました。同じですね。秋津さん。

バーク女史は日本に恋してますからね。
Tak管理人 | 2006/02/09 9:00 PM
Takさん、こんばんは。
改めまして先日はどうもありがとうございました。

今「日本美術の歴史」を読んでますが、
これは確かに面白いです!
所々に織り交ぜられた先生の視点がとても斬新ですよね。

こんな教科書だったら文化史も好きになれたのになあと思います。
今更ですが…。
(どうも文化史は暗記科目の印象がありまして…。)
はろるど | 2006/02/09 9:12 PM
@はろるどさん
こんばんは。
先日は強引にお誘いしてしまってすみません。
見つけたかみさんがいけないのですよ。

「日本美術の歴史」は全然美術に普段
関心の無い方まで読んでいるので驚きです。
新聞の書評をのちのちupする予定です。

青山ブックセンターで辻先生が仰っていたのですが
この本に使われている図版の色がとても良いですね。
3000円以下でこれなら絶対お得です。
一家に一冊。
でも、所々校正ミスもあるそうです。
Tak管理人 | 2006/02/09 9:18 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/536
この記事に対するトラックバック
先日、観に行きました  「ニューヨーク・バーク・コレクション展」ですが、日
東京都美術館講堂(台東区上野公園8-35) 記念講演会 「バーク・コレクションの魅力 -日本に恋したアメリカ女性の宝物- 」 2/5 14:00〜 講師 辻惟雄(展覧会監修者) 先日東京都美術館で開催された、バーク・コレクション展の記念講演会です。講師はこの展覧会を監
今日(2/24Fri)は朝早く目が覚めてしまったので、いつもの二度寝&#63910;もせずにそのまま起きて、日本美術品コレクターのアメリカ人女性バーク夫人のコレクションを見に上野まで出掛けた。 上野公園の桜はどの木々も寒々しく裸で「まだ春は遠いよ~」と言っている
●ニューヨーク・バーク・コレクション展@東京都美術館 | 映画とアートで☆ひとやすみひと休み | 2006/02/24 6:23 PM