青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『新版 奇想の系譜』 | main | お台場「エプソン チームラボボーダレス」・豊洲「チームラボ プラネッツ」アップデート >>

「六本木クロッシング2019展」

森美術館で開催中の
森美術館15周年記念展「六本木クロッシング2019展:つないでみる」に行って来ました。


https://www.mori.art.museum/

2004年以来、森美術館が続けてきた「六本木クロッシング展」では、多くの現代アーティストを知ることが出来ました。

3年に一度、日本の現代アートを紹介する「六本木クロッシング展」も今回で第6回目となります。今回は、1970-80年代生まれを中心とした日本のアーティスト25組の作品が並びます。



「六本木クロッシング2019展」のテーマは「つないでみる」。様々な場面で「分断」を強く意識させられる現代人が、今最も求めているのが「つながり」です。

孤独や分断はひとりでは感じることはありません。他者の存在があって初めて露見してくるものです。

言うまでもなくSNSがこれだけ盛況なのは誰もが「つながり」を求めているからに他なりません。その盛況ぶりはどう考えても異常としか思えない状況にあるのは数字を示す必要も特にないかと。


津田道子「王様は他人を記録するが」2019年

『鏡の国のアリス』の主人公のように、次々と起こる不条理な出来事に対して寛容に受け止める心の余裕など、現代人には欠片も残されていないばかりか、疑心暗鬼を日々募らせる一方です。

「つながり」は求めれば求めるほど指先から遠ざかる、風がなく晴れた暑い日に見える「逃げ水」のようです。

現代アート作品は観てもよく分からないかもしれませんが、「六本木クロッシング2019展」では「つながり」を念頭に置いておけば、分からないどころか、めっちゃ面白い展覧会となります。

25組のアーティスト作品の中には意味不明の作品もありますが、それはスルーで。皆と分かり合えないのと同じことです。


花岡伸宏

【出展アーティスト】※アーティスト、アーティスト・グループの姓のアルファベット順
アンリアレイジ(2003年設立、東京拠点/森永邦彦:1980年東京生まれ)
青野文昭(1968年宮城生まれ、宮城在住)
万代洋輔(1980年東京生まれ、東京在住)
土井 樹+小川浩平+池上高志+石黒 浩×ジュスティーヌ・エマール
(土井 樹:1989年兵庫生まれ/小川浩平:1982年愛知生まれ/池上高志:1961年長野生まれ/石黒 浩:1963年滋賀生まれ/ジュスティーヌ・エマール:1987年クレルモン=フェラン〔フランス〕生まれ)
毒山凡太朗(1984年福島生まれ、東京在住)
榎本耕一(1977年大阪生まれ、神奈川在住)
花岡伸宏(1980年広島生まれ、京都在住)
林 千歩(1988年愛知生まれ、神奈川在住)
平川紀道(1982年島根生まれ、東京在住)
ヒスロム(2009年結成、京都拠点)


目「景体」2019年

飯川雄大(1981年兵庫生まれ、兵庫在住)
今津 景(1980年山口生まれ、バンドゥン〔インドネシア〕在住)
磯谷博史(1978年東京生まれ、東京在住)
川久保ジョイ(1979年トレド〔スペイン〕生まれ、ロンドン在住)
前田征紀(1971年生まれ、京都在住)
前谷 開(1988年愛媛生まれ、京都在住)
目(2012年結成、埼玉拠点)
佐藤雅晴(1973年大分生まれ、茨城在住)
杉戸 洋(1970年愛知生まれ、愛知/東京在住)
竹川宣彰(1977年東京生まれ、埼玉在住)
田村友一郎(1977年富山生まれ、静岡在住)
土屋信子(神奈川生まれ、神奈川在住)
津田道子(1980年神奈川生まれ、神奈川/東京在住)
佃 弘樹(1978年香川生まれ、東京在住)
山内祥太(1992年岐阜生まれ、神奈川在住)

さてさて、気になった作家・作品を何点かご紹介しておきますね。


磯谷博史「花と蜂、透過する履歴」2018年
磯谷博史「母親の子、祖母の孫」2019年

六本木ヒルズを支える柱に2600メートルもの真鍮製のチェーンを巻き付けています。一部には母親と祖母が使っていたネックレスも用いられており、本来起こり得ない巨大建造物との交わりが鈍い輝きと共に不思議と観る者を魅了します。

そしてもう一点、床に置かれた夜釣りで使用する灯り。オレンジ色に輝く中身は何と蜂蜜!イカ釣り漁船が海上で使う明りに蜂蜜を満たし地上約230m(53階)に置くとクマでなく人が吸い寄せられていきます。


飯川雄大「デコレータークラブ―ピンクの猫の小林さん―」2017年

蛍光ピンクが塗られた巨大な猫。これは写真映えするといざiPhoneを構えてどこから撮ろうとしても、必ず「邪魔」が映り込んでしまい、ピンク猫の全体像をスッキリ収めることができません。

部分だけしか見聞きせずに全体を語るようなことは、日常会話レベルだけでなく学問の世界にも及んでいる昨今。また他人に自分の全ては決して見せない我々の借りの姿がこの不敵な笑みをもらすピンク猫です。


竹川宜彰「猫オリンピック:開会式」2019年

猫好きには1300匹もの猫が集う「猫オリンピック」も必見。この作品が制作された背景や経緯は、さして深いものはありませんが、数の力は絶大です。


川久保ジョイ「アステリオンの迷宮―アステリオンは電気雄牛の夢をみるか?」2019年

アステリオンとはアメリカ最大の新興企業向け株式市場、ナスダック指標の今後20年の予測グラフだそうです。人工知能によってはじき出されたその予測グラフが巨大な森美術館の壁面いっぱいに描かれています。

「描かれている」というのは、間違いであるとキャプションを見て気が付きました。このグラフは壁を削って作り出したものなのです。


川久保ジョイ「アステリオンの迷宮―アステリオンは電気雄牛の夢をみるか?」(部分)

「ちょっと何言ってるか分からない」と思われますが、これまで森美術館で開催され色を塗り重ねられてきた壁を削り「色」や「模様」を出しています。そう絵画ではなく、研磨されたギャラリーの壁面自体なのです。


林千歩「人工的な恋人と本当の愛-Artificial Lover & True Love-」2016/2019年
「社長室にみたてた空間に、陶芸教室を営む既婚のAIロボット「アンドロイド社長」が、人間の女生徒と恋に落ちるというユーモア溢れる設定の映像が流れるインスタレーションです。」
石黒浩と池上高志によるアンドロイド「オルター2」が近くに展示してあるので、比較せずにはいられませんが、圧倒的に今回はこちらに惹かれました。

一見、荒唐無稽な設定ですが「アンドロイド社長」という語呂や非常に性的なイメージがあちこちに散見する作品は、堅苦しく難解な現代アートとは一線を画しています。

渋谷慶一郎さんが同作品内のメイン映像の音楽の作曲を担当しているのもこれまた佳し。


アンリアレイジ「A LIVE UN LIVE」2019年

サカナクション、ライゾマティクス・リサーチとのコラボなどを展開するアンリアレイジの新作。この服、生きているように変化します。あることがきっかけで。

「六本木クロッシング展」にどの作家を出すか学芸員さん自身が、実際に個展やギャラリーに足を運んで選んだだけあり、25組それぞれ見応えがあります。

現代アートはとても身近なテーマを扱っているので、ハマってしまうとこれほど面白いものはありません。心動かされる作品・作家たちに必ず出逢えるはずです。

「六本木クロッシング2019展:つないでみる」は5月26日までです。是非是非〜


森美術館15周年記念展
「六本木クロッシング2019展:つないでみる」


開催期間:2019年2月9日(土)〜 5月26日(日)
会期中無休
開館時間:10:00〜22:00(最終入館 21:30)
※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)
※ただし4月30日(火)は22:00まで(最終入館 21:30)
※「六本木アートナイト2019」開催に伴い、5月25日(土)は翌朝6:00まで(最終入館 5:30)
会場:森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
https://www.mori.art.museum/
主催:森美術館
協賛:株式会社大林組、公益財団法人現代芸術振興財団
協力:シャンパーニュ ポメリー
制作協力:株式会社 七彩
企画:椿 玲子(森美術館キュレーター)
山拓一(森美術館アソシエイト・キュレーター)
熊倉晴子(森美術館アシスタント・キュレーター)


音声ガイドナビゲーターは秋元梢さんです。


[アンリアレイジ]トートバッグ A LIGHT UN LIGHT TOTE BAG Black

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5383

JUGEMテーマ:アート・デザイン



「六本木クロッシング」は森美術館が3年に一度、日本の現代アートシーンを総覧する定点観測的な展覧会として2004年以来開催してきたシリーズ展です。第6回目の開催となる今回は、シリーズ初の試みとして、森美術館の3人のキュレーターで共同キュレーションを行い、1970-80年代生まれを中心とした日本のアーティスト25組を紹介します。

「六本木クロッシング2019展:つないでみる」は、現代の表現を通して見えてくる「つながり」に注目します。情報通信技術など、さまざまなテクノロジーが加速度的に進化し、私たちの生活が便利になっていく一方で、それに起因する新たな問題も浮かび上がっています。価値観の多様性が認められるようになった一方で、オープンであるはずのインターネットが、特にSNSにおいて、意見や認識の同調や共感を助長し、逆説的に閉鎖的なコミュニティを生み出してしまう問題、偏った政治観によって引き起こされる軋轢や拡がり続ける経済格差など、さまざまな「分断」が顕在化しているようです。

こうしたなか、対極のものを接続すること、異質なものを融合すること、本来備わっている繋がりを可視化することなど、アーティストたちは作品を通じてさまざまな「つながり」を提示します。それらは現代社会に対する批評的な視点や発想の転換でもあり、「分断」と向き合うためのヒントとなるかもしれません。新たな「つながり」を通して、本展が日本の今に向き合う有意義な機会となることを期待します。
展覧会 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/5383
この記事に対するトラックバック