青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「六本木クロッシング2019展」 | main | 「ヒグチユウコ展 CIRCUS〔サーカス〕」 >>

お台場「エプソン チームラボボーダレス」・豊洲「チームラボ プラネッツ」アップデート

チームラボが東京湾で展開する2つの大型鑑賞施設、お台場「エプソン チームラボボーダレス」と豊洲の超巨大没入空間「チームラボ プラネッツ」。


それぞれ、2018年6月21日、2018年7月7日にオープンして以来、連日大勢の人で賑わいをみせています。

一度行っただけでは全てを観ることは不可能、自分も見落としてしまった作品があったりします。また作品自体が常に変化しているので、何度訪れても新鮮な気分で楽しめてしまうのが、この2つの大型施設の特徴でもあります。

オープンからまだ1年も経過していませんが、この冬から春にかけて一部の作品でアップデートが行われます。

まずは、「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」から。


呼応するランプの森 - ワンストローク、桜 / Forest of Resonating Lamps - One Stroke, Cherry Blossoms
teamLab, 2019, Interactive Installation, Murano Glass, LED, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

3月から4月にかけて「呼応するランプの森」には、桜(さくら)の1色でランプが輝く「呼応するランプの森 - ワンストローク、桜」が。更に、山吹(やまぶき)、裏山吹(うらやまぶき)、青山吹(あおやまぶき)、花山吹(はなやまぶき)、桃(もも)の、5色の春の野山の色で輝く「呼応するランプの森 - ワンストローク、春の野山」が登場。


花の精霊 / Spirits of the Flowers
teamLab, 2018, Interactive Digital Installation


積層された空間に咲く花々 / Flowers in Layered Ultrasubjective Space
teamLab, 2018, Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi


地形の記憶 / Memory of Topography
teamLab, 2018, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

春の季節のあいだ、作品「花の精霊」には沈丁花(3月)や蓮華草(4月)、「積層された空間に咲く花々」には梅(2月〜3月)や牡丹(4月〜5月)、「地形の記憶」には春の景色(3月〜5月)が広がります。

森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス
MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless


所在地: 東京都江東区青海1-3-8(お台場パレットタウン)
開館時間:
月〜金 10:00 - 19:00
土日祝 10:00 - 21:00
※最終入館は閉館の1時間前
※開館時間はシーズンによって異なります。詳しくはウェブサイトをご確認ください。
休館日: 第2・第4火曜日
※2月は通常と異なり、2月18日(月)19日(火)20日(水)休館。2月12日(火)26日(火)は開館。
公式ウェブサイト:http://borderless.teamlab.art/jp

続いて、「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com


The Infinite Crystal Universe
teamLab, 2018, Interactive Installation of Light Sculpture, LED, Endless, Sound: teamLab

光の立体物の集合体によって表現された宇宙空間が、全方位に無限に広がるインタラクティブな作品「The Infinite Crystal Universe」には、新しい宇宙の構成要素が追加されました。チームラボのエキシビジョンアプリ「teamLab」を使い、スマートフォンから、宇宙の構成要素を投げ込むと空間は創られていき、永遠に変化してきます。



人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング - Infinity
Drawing on the Water Surface Created by the Dance of Koi and People - Infinity
teamLab, 2016-2018, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

移ろいゆく季節とともに、作品「人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング - Infinity」の花々は、2月28日までの期間限定で、冬の装いに変化します。

無限に広がる水面を泳ぐ鯉は、水の中の人々の存在に影響を受け、また他の鯉の影響を受けながら泳ぎ、人々にぶつかると、寒椿やサイネリアなど、冬の花々に変化し散っていきます。一年を通して、咲いていく花々は季節とともに移り変わります。

チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com

所在地:東京都江東区豊洲6-1-16 teamLab Planets TOKYO
開館時間:
平日 10:00〜22:00、土日祝 09:00〜22:00
※最終入館は閉館の1時間前
公式ウェブサイト: planets.teamlab.art/jp/

豊洲市場直送のスペシャルコラボメニューもあります!


5種魚介のブイヤベース ブレッド付

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5385

JUGEMテーマ:アート・デザイン



展覧会 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/5385
この記事に対するトラックバック