青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「旧遠山家住宅 重要文化財指定 記念シンポジウム」開催。 | main | 「ル・コルビュジエ展」 >>

東京国立博物館「博物館でお花見を」

桜の名所上野公園にある東京国立博物館で今年も「博物館でお花見を」が開催されます!


https://www.tnm.jp/

「博物館でお花見を」期間中は、桜にちなんだ名品を展示し、さまざまなイベントも開催されます。昨年は桜の開花が早過ぎましたが、今年はきっと(多分)タイミングバッチリでしょう。


「舞楽図屏風(ぶがくずびょうぶ)」(右隻)
狩野永岳筆 江戸時代・19世紀
場所:本館7室
期間:3月12日(火)〜4月21日(日)

満開の桜の下、厳かに舞楽が奉納されている様子を、京都御所の障壁画制作も行った狩野永岳が描いたものです。


「国宝 花下遊楽図屏風(かかゆうらくずびょうぶ)」
狩野長信筆 江戸時代・17世紀 六曲一双
場所:本館2室
期間:3月12日(火)〜4月7日(日)

花見を楽しむ様子を描いた国宝の名品です。左隻には、着飾った男女が踊る様子を、右隻には、高貴な女性たちが桜の木の下で音曲を楽しむ姿を描いています。右隻中央の二扇に描かれていた宴の主人の姿は、関東大震災で失われてしまいました。

展示室では名品に咲く桜、トーハク自慢の庭園では約10種類の桜が花を咲かせます。お花見客でごったがえす上野公園内にありながら、びっくりするくらい落ち着いて桜を愛でることができます。


普段は入れない庭園を桜の時季にあわせて開放。池のほとりにベンチを設置、臨時で桜カフェも出店。展示室で桜の作品を見たあとは、庭園でゆったりとお花見を!

<春の庭園開放>
期間:3月12日(火)〜5月19日(日)
時間:10:00〜16:00(ライトアップ実施日は19:30まで)

・桜ライトアップ
3月22日(金)、23日(土)・29日(金)・30日(土)、19:30まで
※悪天候により中止の場合あり

個人的にお勧めなのはこちらの鍋島焼。


「色絵桜樹図皿(いろえおうじゅずさら)」
鍋島 江戸時代・18世紀
場所:本館8室
期間:1月29日(火)〜4月21日(日)

佐賀の鍋島藩が、将軍家への献上や大名・公家などへの贈答用に焼いた、いわゆる色鍋島の優品です。


「打掛(うちかけ)鶸色縮緬地桜風景模様(ひわいろちりめんじさくらふうけいもよう)」
江戸時代・18世紀
場所:本館10室
期間:2月26日(火)〜4月21日(日)

武家女性の打掛は日常着でも華やか。桜の花が満開に咲く遠景模様が理想とされました。

一部を除き、東京国立博物館常設展示室では写真撮影が可能です。お気に入りを見つけたら、まず隅々までじっくり観て瞼に焼き付け、最後にアングルを考慮してパチリ。

こんな珍しいものも出ます。

「月に桜花図鐔(つきにおうかずつば)」
加納夏雄作 江戸〜明治時代・19世紀
クインシー・A.ショー氏寄贈
場所:本館13室
期間:2月26日(火)〜5月12日(日)

鉄地の黒を闇夜に見立て、月の光で浮かび上がる夜桜を表しています。

「博物館でお花見を」開催概要
期間:2019年3月12日(火)〜4月7日(日)
開館時間:9:30〜17:00 
※金・土曜日は21:00まで
※入館は閉館の30分前まで
休館日:3月18日(月)、4月1日(月)
https://www.tnm.jp/

そうそう、今年も桜スタンプラリーやるそうです。


「博物館でお花見を」期間中、本館展示室の5つのポイントでスタンプを押してください。5つ揃ったらオリジナル缶バッジをプレゼント!バッジは2種類から選べます。

台紙の配布・プレゼントの引換え場所:本館エントランス(バッジの引換えは10:00〜閉館時間)


井浦新の美術探検 東京国立博物館の巻

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5393

JUGEMテーマ:アート・デザイン



展覧会告知 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック