青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ファイナルファンタジーからローリング・ストーンズまで、みんなミュシャが大好き! | main | 「トルコ至宝展」 >>

吉岡徳仁さんがデザインした「東京2020オリンピック聖火リレートーチ」

東京オリンピック開幕まで500日を切りました。


東京 2020 オリンピック聖火リレーエンブレム
https://tokyo2020.org/jp/

2019年3月20日に「東京2020オリンピック聖火リレートーチ」が発表になりました。この日はギリシャのアテネから宮城県の航空自衛隊松島基地に聖火が到着する丁度一年前に当たります。

ニュースでご覧になられた方も多いと思います。何よりも美術ファンを驚かせそして、喜ばせたのはその大事な大事な「東京2020オリンピック聖火リレートーチ」のデザインを吉岡徳仁さんが手掛けたことです。


「東京2020オリンピック聖火リレートーチ」

デザインだけでなく、製造まで共同企業体を形成する仕組みで公募が実施されました。

選定の対象となるのは、優れたデザイン性は勿論ですが、聖火を点す燃焼機構の性能、持続可能性への配慮などさまざまな観点が要求されます。

有識者による2度に渡る審査会を経て選ばれたのが、吉岡徳仁さんのデザインし作り上げたこのトーチだったのです。


「東京2020オリンピック聖火リレートーチ」

≪東京2020オリンピック聖火リレートーチデザイン・特徴≫
東京2020オリンピック聖火リレーのトーチは、日本人に最もなじみ深い花である桜をモチーフとしています。

2020年3月、桜の季節の訪れとともに、オリンピック聖火は「Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。」という東京2020オリンピック聖火リレーのコンセプトと一体となり、日本全国を巡ります。



デザイン案


伝統と現代技術の融合 日本のかたち、桜紋。

東京2020オリンピック聖火リレートーチは、その伝統的な形を新幹線の製造にも使われている製造技術(アルミ押出成形)を用いて形作っています。


アルミ押出成形

継ぎ目のない、ひとつなぎのトーチ。 日本の伝統と高い技術力がひとつになることで生み出された、東京2020オリンピック聖火リレーを象徴するかたちです。


美しく、燃え続ける炎

東京2020オリンピック聖火リレートーチは、聖火の形もデザインされています。

花びらから生み出された5つの炎は、聖火リレートーチの中央でひとつとなり、より大きな輝きで「希望の道」を照らします。



聖火を灯す燃焼部には、聖火を保ち続けるために、火力の強い青い炎と、火のない燃焼(触媒燃焼)の2つの燃焼が、聖火の赤い炎を支える仕組みが採用されています。

121日間という長期に渡る東京 2020 オリンピック聖火リレー。 時間や季節、気候、地域によって大きく変化する日本の環境の中で、美しく、力強い炎を灯し続けます。

≪東京 2020 聖火リレートーチデザイナー≫

吉岡 徳仁(ヨシオカ トクジン)
1967年生まれ。デザイン、建築、現代美術の領域において活動し自然をテーマにした詩的な作品には、日本の美の根源が映し出されている。

光などの非物質的な要素を形象化した作品は、形という概念を超え、人間の感覚を超越するような、独自の表現を生み出している。 世界でも数々の国際的な賞を受賞している。


東京 2020 オリンピック聖火リレートーチの仕様

全長:710mm
重量:1.2kg(本体約 1 圈燃料部 200g)
色:桜ゴールド
主な素材:アルミニウム(仮設住宅由来の再生アルミニウム約 30%を含む)

©Tokyo 2020
https://tokyo2020.org/jp/


吉岡徳仁 ガラスの茶室―光庵

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5424

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/5424
この記事に対するトラックバック