青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「工事中!」 | main | 「ムーミン展」 >>

XLARGEのゴリラが国芳の浮世絵に!

1991年設立。LA発のストリートブランド「XLARGE (エクストララージ)」のブランドアイコンであるゴリラロゴが浮世絵にジャックされました!


https://xlarge.jp/

幕末に活躍した絵師「歌川国芳」の代表的な3作品と、XLARGEのブランドアイコンであるゴリラロゴを掛け合わせ、まさしく浮世絵をストリートカルチャーに落とし込んだアイテム。これはめちゃ欲しい!




歌川国芳「相馬の古内裏

今更説明する必要もありませんが、国芳は、江戸時代が輩出した数多くの絵師の中でもユニークな視点を持った人物。妖怪画、美人画、だまし絵など幅広い作品を描いています。

展覧会も頻繁に開催され浮世絵師の中でも葛飾北斎と並ぶ人気絵師です。




歌川国芳「其のまま地口 猫飼好五十三疋

猫好きな国芳は、東海道にある53の宿場をたくさんの猫の姿とダジャレで描いた作品「其のまま地口 猫飼好五十三疋」といったユニークな作品も残しています。

おどろおどろしい妖怪から可愛らしい猫まで実に多種多様な作品を描いた国芳。クリエーターとしての才能には目を見張るものがあります。




歌川国芳「東海道五十三対 桑名 船のり徳蔵の伝

XLARGEと浮世絵とのコラボが秀逸なのは、最後のこちらを見れば分かるかと思います。誰でも知っているような北斎の富士山の作品を使うのではなく、国芳作品でも敢えて船のり徳蔵を使うあたりにセンスの良さを感じずにはいられません。


歌川国芳「東海道五十三対 桑名 船のり徳蔵の伝
桑名屋徳蔵は無双の船のり之 大晦日には船を出さぬ法之けるにある年大晦日に船を出し沖中にて俄に大風大波立て大山の如大坊主先へ出でける徳蔵少しも恐れずいかちを取りに行にくだんの化物いかに徳蔵こわくはなきやと尋るに徳蔵びくともせず渡世より外にこはきものはなしと大おんによ ばわりたれはかの化物此の一言におそれけん雪霜のごとくきえうせ波風なく本の如くに船はしりとなん徳蔵が大たんのほどこれにてしるべし。
浮世絵×ストリートカルチャーを表現したグラフィックTシャツは4月12日(金)より、日本国内のXLARGE、XLARGE/X-girl 直営店舗とオンラインストア「calif」「ZOZOTOWN」にて販売スタートしています。

https://xlarge.jp/


北斎のむすめ。 (3) (まんがタイムコミックス)
松阪 (著)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5448

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック