青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【クラウドファンディング】安藤忠雄建築の五つ星ホテルを舞台に、芸術祭を開催したい | main | 「日本刀の華 備前刀」 >>

印象派の巨匠、クロード・モネが描いた家がホテルに!

生前のクロード・モネが所有し彼の作品にも描かれている家に宿泊出来ちゃいます。


https://ima.goo.ne.jp/column/article/7040.html

こちらがその物件「Maison Bleue」

ジヴェルニー印象派美術館やモネのアトリエから徒歩数分の場所にあるこのホテルは、2016年に完全に内装が改装され、200屬離螢咼鵐哀好據璽垢砲魯皀瀬鵑焚閥颪肇▲鵐謄ーク家具が揃っています。

Maison Bleueは画家Claude Monetの村Givernyの中心にあります。 この家は彼のものだった。 1500屬猟躅爐飽呂泙譟美術館やレストランから数分です。

2016年に完全に改装された200屬離螢咼鵐哀好據璽垢あり、モダンな家具とアンティーク家具が揃っています。

この家はカップル、ソロ旅行者、ビジネス旅行者、家族に最適です。ジベルニーの中心にありますが、数分のところにある印象派博物館やお店が並ぶ非常に観光的な場所より静かな場所です。


クロード・モネが描いた家に泊まってみませんか



このモネの作品に描かれている家です。

ホテルから歩いて数分の場所にモネの庭園もあります。





印象派の巨匠クロード・モネがこの豊かな自然に魅せられ、43歳から亡くなるまで人生のほぼ半分を過ごしたジヴェルニー。

50歳の時にアトリエ兼邸宅を構えました。誰もが知る名作の一つ、「睡蓮」の絵もこの庭園で描かれたものです。この庭園や村にはモネの絵の世界そのものがのこされており、モネの世界観に想いを馳せながら優雅なひとときを過ごせます。ク

ロード・モネ財団が運営する美術館にある、モネの浮世絵コレクションも必見です。


住所: 84 Rue Claude Monet, 27620 Giverny
開館時間:3/24〜11/1 09:30〜18:00 (閉館日: 11/2〜3/23冬期間)


モネ作品集
安井 裕雄 (著)

印象派の名前の由来となった歴史的作品「印象、日の出」から、名作「サン・ラザール駅」、最も知られる代表作のひとつ「散歩、日傘をさす女性」、目に触れることの少ないモネの静物画や夜景、そして連作「ポプラ並木」「積み藁」「ルーアン大聖堂」、晩年の代表作「睡蓮」まで、印象派を代表する光の画家クロード・モネの多彩な作品を、画家の生涯を追いながらわかりやすく解説する。

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5453

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/5453
この記事に対するトラックバック