青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「ジョゼフ・コーネル展」 | main | 「印象派への旅」 >>

トークショー「キスリングの世界―華麗なるメランコリー」

津京都庭園美術館で好評開催中の「キスリング展」


https://www.teien-art-museum.ne.jp/

エコール・ド・パリを代表する画家、キスリング(Kisling 1891-1953)の回顧展。12年ぶりの開催となる日本での「キスリング展」です。


キスリング《シルヴィー嬢》 1927年
松岡美術館

1920年代のモンマルトルやモンパルナスで、ピカソ、ジョルジュ・ブラック、モディリアーニ、パスキン、藤田嗣治等と出会い「エコール・ド・パリ」の作家のひとりとして活躍したキスリング。

個人的にエコール・ド・パリの作家の中では一番好きなので、待ちに待った「キスリング展」なのです。


キスリング《カーテンの前の花束》1937年 
村内美術館

でも、世間的には評価や知名度が劣るのは事実。藤田嗣治と比べては可哀そうですが、もう少し人気があっても良いように思われます。

そこで、折角「キスリング展」が開催されるのですから、応援しちゃおうと庭園美術館さん主催のトークショーに出ることにしました。



「キスリング展」監修者である村上哲氏(アート・キュレーション代表)と共に、キスリングが大好きになるトークをします。物腰柔らかな九州男児である村上氏のとの打ち合わせもバッチリです!

キスリング作品に潜む二面性や彼が影響を強く受けたセザンヌやピカソの作品比較をしながら、彼の魅力に迫ります。

村上氏は、エコール・ド・パリ全般にお詳しく、当時の時代状況についてもよくご存知なので絶対に飽きることがありません。これは保証します。

トークショー「キスリングの世界―華麗なるメランコリー」

2019年5月26日(日)14:00-
講師:村上哲氏(アート・キュレーション代表、本展監修者)
中村剛士氏(美術ブロガー)
会場:新館ギャラリー2
定員:120名
参加費無料・ただし当日有効の本展チケットが必要

詳細及び申込はこちらから

先着順ですのでお早めにどうぞ!!(本日より受付スタートしています)


キスリング《サン=トロペでの昼寝(キスリングとルネ)》プティ・パレ美術館 / 近代美術財団、ジュネーヴ © Petit Palais / Art Modern Foundation, Genève、
100年前のパリで「モンパルナスのプリンス」と呼ばれ一世を風靡した画家キスリング(1891-1953)は、ポーランドの古都クラクフから印象派やセザンヌに憧れて1910年パリに出ました。ピカソや藤田嗣治、モディリアーニ等と交友を深め、キュビスムやフォービスムなど新しい絵画の潮流に触れながら独自のスタイルを模索し、やがてイタリアやフランドルの古典絵画に学んだ写実的な描写と華麗な色彩による独自の画風を確立していきます。

本トークショーでは、キスリングが影響を受けた作品の実例を取り上げながら、どのように独自の画風を深めていったのかを探るとともに、素朴な疑問も交えながら、キスリング作品の魅力を楽しく語り合います。

「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」

会期:2019年4月20日(土)〜7月7日(日)
会場:東京都庭園美術館(本館+新館ギャラリー1)
https://www.teien-art-museum.ne.jp/
休館日:第2・第4水曜日(4/24、5/8、5/22、6/12、6/26)
開館時間:10:00–18:00 (入館は閉館の30分前まで)
主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
協力:エールフランス航空
年間協賛:戸田建設株式会社、ブルームバーグ・エル・ピー
企画協力:株式会社ブレーントラスト

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5461

JUGEMテーマ:アート・デザイン



お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/5461
この記事に対するトラックバック