青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 高雄に行って来ました! | main | 小学館文化講演会【クリムトが見たウィーンの夢と現実】 >>

第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展 日本館「Cosmo-Eggs | 宇宙の卵」

2019年5月11日から11月24日にかけて開催される「第58回ヴェネチア・ビエンナーレ 国際美術展」日本館の展示「Cosmo-Eggs | 宇宙の卵」。


Biennale di Venezia
https://www.labiennale.org/en

キュレーターを務めるのは服部浩之氏。美術家下道基行氏、作曲家安野太郎氏、人類学者石倉敏明氏、建築家能作文徳氏という異なる専門分野で活躍する4名のアーティストによる作品展示となっています。

現地の展示風景画像が届きましたのでご紹介します。


展示風景
下道基行による映像《Tsunami Boulder》と、安野太郎によるバルーンとリコーダーの様子
撮影:ArchiBIMIng


日本館ピロティ風景
安野太郎による音の作品《COMPOSITION FOR COSMO-EGGS “Singing Bird Generator”》の一部であるバルーンの設計は能作文徳が手がけた
撮影:ArchiBIMIng


展示風景(部分)
左:安野太郎による作品《COMPOSITION FOR COSMO-EGGS “Singing Bird Generator”》(部分)
右: 石倉敏明による創作神話《宇宙の卵》が刻み込まれた壁
撮影:ArchiBIMIng


展示風景(部分)
右:下道基行による映像作品、中:安野太郎による音楽作品、奥:石倉敏明による創作神話
撮影:ArchiBIMIng


石倉敏明による神話物語が刻み込まれた壁(部分)
撮影:ArchiBIMIng


下道基行《津波石》(2015年〜)


展示風景
下道基行による映像《Tsunami Boulder》と、安野太郎によるバルーンとリコーダーの様子
撮影:ArchiBIMIng

キュレーターからのステイトメント:
協働における共振や不協和の折重なりから共存のエコロジーを問う本プロジェクトは、美術家、作曲家、人類学者、建築家という4名の表現者を中心とした協働により、私たちはどこでどのように生きることができるかを思考し、人間と非人間が共存するエコロジーを想像するためのプラットフォームを築く試みだ。日本列島は自然災害の多発地帯で、2011年の東日本大震災では大津波による原発の大破という近代化の歪みを経験した。資本主義が地球を覆い、人間活動の爆発的な増大がもたらす新たな地質時代の到来に関する議論が活発化するなかで、地表面の薄皮程度の空間に暮らす人間の活動が地球環境に甚大な影響を与えていることを、いかに考えるべきだろうか。

本展は、美術家下道基行が沖縄の宮古列島や八重山諸島で出会い、数年間撮影を重ねてきた《津波石》を起点とする。津波石とは、津波によって海底から地上へと動かされた巨石で、人々の生活の隣にありながら、植物が育ち、渡り鳥が巣をつくるコロニーとなるものもある。

作曲家安野太郎は、人間の呼吸不在でリコーダーを自動演奏する音楽《ゾンビ音楽》で鳥のさえずりのような音楽を奏でる。日本館ピロティから展示室まで突き抜ける巨大なバルーンが、リコーダーへ空気を供給する肺の機能を果た
す。

「宇宙の卵」というタイトルは、世界各地に伝わる卵生神話に由来する。神話研究を専門とする人類学者石倉敏明は、琉球や台湾などアジア各地に伝わる生成や崩壊にまつわる津波神話を参照し、人間と非人間の関係を再考する新たな神話を創作する。

吉阪隆正設計の日本館は、正方形平面の中央の屋根に天窓、床に孔が穿たれ、周囲に4本の柱が螺旋状に配された構成で、ル・コルビュジエの無限成長美術館を想起させる。建築家能作文徳は、この建築を読み解き、異分野の作品群をつなぐとともに、それらと建築空間との応答関係を築き、統合的な空間体験へとひらく。

《津波石》の映像は1点ずつ独自の時間でループし、《ゾンビ音楽》は自動生成により常に変化し、複数の場所に多様な共存の物語が刻まれる。映像・音楽・言葉や空間全体が見事に調和し共振することもあれば、逆に全てが不協和音を奏でるようにせめぎあい衝突する瞬間もあるだろう。異なった能力をもつ表現者による異質な創作物を異質なまま重ねることで生成変化を続ける場をひらく「協働」を通じて、共生・共存のエコロジーを問う。


能作文徳が設計した、安野太郎による音の作品《COMPOSITION FOR COSMO-EGGS “Singing Bird Generator”》の一部であるバルーン
撮影:ArchiBIMIng


下道基行による《津波石》作品一覧
撮影:ArchiBIMIng


安野太郎《COMPOSITION FOR COSMO-EGGS “Singing Bird Generator”》(部分)
撮影:ArchiBIMIng


展示風景(部分)
右:下道基行による映像作品、中:安野太郎による音楽作品、奥:石倉敏明による創作神話
撮影:ArchiBIMIng

第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展 日本館「Cosmo-Eggs | 宇宙の卵」

会期:2019年5月11日(土)〜11月24日(日)
会場:カステッロ公園内 日本館
(Padiglione Giapponese Giardini della Biennale, Castello 1260, 30122 Venezia)
キュレーター:服部浩之(Hiroyuki Hattori)キュレーター、秋田公立美術大学大学院准教授
アーティスト:下道基行(Motoyuki Shitamichi)美術家
安野太郎(Taro Yasuno)作曲家
石倉敏明(Toshiaki Ishikura)人類学者、秋田公立美術大学准教授
能作文徳(Fuminori Nousaku)建築家、東京電機大学准教授
主催:国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
特別助成:公益財団法人石橋財団
協賛:一般財団法人窓研究所、gigei10
協力:キヤノンマーケティングジャパン株式会社、キヤノンヨーロッパ、大光電機株式会社
「Cosmo-Eggs | 宇宙の卵」オフィシャルウェブサイト
https://2019.veneziabiennale-japanpavilion.jp/


日本館入口風景
撮影:ArchiBIMIng


日本館ピロティ風景
安野太郎による音の作品《COMPOSITION FOR COSMO-EGGS “Singing Bird Generator”》の一部であるバルーンの設計は能作文徳が手がけた
撮影:ArchiBIMIng

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5472

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/5472
この記事に対するトラックバック