青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ナム・ジュン・パイク追悼「トウキョウ・レクイエム」開催 | main | 「水の上のオフェリア」 >>

「アルルの女」の落札価格は?

ゴッホの「アルルの女(ジヌー夫人の肖像)」(1890年)が
5月にニューヨークのクリスティーズでオークションにかけられるそうです。


Christie's to offer Van Gogh’s
Christie’s New York will lead the impressionist and modern art collecting world to new heights when Van Gogh’s magnificent painting L’Arlésienne, Madame Ginoux, will be offered.

落札予想価格はなんと$40m!!(40メートルではないですよ)
4000万ドルです!

今日の為替レート「117.9」で計算して何と!47億1600万円!!

ただしこれはあくまでも予想価格。
ゴッホのこれだけちゃんとした油彩画となると
果たして幾らになるのか皆目見当がつきません。

さて、皆さん、果たして幾らになると思いますか?
予想記事を書かれたらどうぞトラックバック送って下さいね。

詳細を伝えるBBCのニュースはこちらです。

因みに、ゴッホといえば、ゴーギャン。
そのゴーギャンの作品も先日オークションにかけら落札されました。



こちらはロンドンのサザビーズで行われたオークション。
?12.3millionで落札されたそうです。(約25億円)

でも、事前予想では…Gauguin painting could fetch ?14m

どちらにしても縁遠い世界のお話ですが。。。

さて、さてゴッホの「アルルの女」は果たして
幾らでハンマープライスとなるのか、興味だけはありますね。お金は無いけど。


Rare Van Gogh painting for sale

Both Van Gogh and Gaugin used the local people in Arles as models
A rare painting by Van Gogh, due to go under the hammer at Christie's auction house in New York in May, is expected to fetch more than $40m (£22.5m).
その他 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

6月にはターナーの水彩画がChristie'sでオークションにかけられるそうですし、アート業界もなんだか賑わってますね。

私の金銭感覚ではついていけませんが、保険だけでも相当な額になるんだろうなぁと想像するだけで冷や汗がでます〜(^-^;
Megurigami | 2006/02/17 12:10 AM
@Megurigamiさん
こんばんは。
急な用事で出かけていてお返事遅くなってしまいました。

クリスティーズのtopページに
載っていましたね、ターナー。
ちょっと前まではこの「アルルの女」でしたが。

絵は描けない、買えない、手に負えない。私ですが
観るだけは機会があれば。
目の保養で十分です。
Tak管理人 | 2006/02/19 12:26 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック