青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「バスキア展」最新情報はフジテレビARTでチェック! | main | 『ポーランド・ポスターの光彩』 >>

「シャルル=フランソワ・ドービニー展」

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催中の
「シャルル=フランソワ・ドービニー展」に行って来ました。


https://www.sjnk-museum.org/

新宿副都心高層ビル群の中、42階にある東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催される展覧会も「ドービニー展」「レオ・レオーニ展」「FACE展2020」と残すところ3展となりました。(新しい美術館は2020年5月にビル敷地内に移転オープンする予定です。)

沢山の思い出が詰まった美術館が無くなりはしませんが、別の建物になってしまうのはやはり寂しいものがあります。


シャルル=フランソワ・ドービニー《池の風景》1847年頃
油彩/板 29.7×44.8
ランス美術館
©Christian Devleeschauwer

馴染んだビル内の美術館で行われる最後の西洋美術館の展覧会とあってでしょうか「ドービニー展」は思っていた以上に多くの人で賑わっていました。

失礼な言い方ですが「ドービニー展」を開催していると知っても「よし!すぐ観に行こう!!」とはならないはず。引きの弱い展覧会だと勝手に思い込んでいました。


シャルル=フランソワ・ドービニー《オワーズ河畔》1865年頃
油彩/板 32.2×56.8
ランス美術館
©Christian Devleeschauwer

その理由としてドービニーの描いた作品はどれも同じような風景画ばかりで変化に乏しいとの誤解があるからです。実際に展覧会会場へ行ってみるとそんなことはないことよく分かります。

なるほどもっとも同じような水辺の風景がメインであり、シスレーのような明るさはなく地味な印象の作品が並んでいます。

しかし、彼はそれを意図して描いたのです。


シャルル=フランソワ・ドービニー《ポルトジョアのセーヌ川
1868年頃 油彩/板
38.5×67
フランス、個人蔵
©Christian Devleeschauwer

こちらは少し印象派を意識してタッチを荒く、色調を明るく描いた作品ですが、こうなるととたんに魅力が薄れてしまうのです。やはりドービニーはドービニーらしさを貫徹した作品でないと魅力が低減してしまいます。

ここであらためて彼の生没年を確認しておきましょう。→シャルル=フランソワ・ドービニー(1817〜1878

「バルビゾン派から印象派への架け橋」とのサブタイトルはまさに言い得て妙。ドービニーを紹介するのにこれ以上シンプル且つ正確な表現はありません。

ウジェーヌ・ドラクロワ (1798〜1863)
カミーユ・コロー(1796〜1875)
ジャン=フランソワ・ミレー(1814〜1875)
エドゥアール・マネ(1832〜1883)

ポール・セザンヌ(1839〜1906)
クロード・モネ(1840〜1926)
オーギュスト・ルノワール(1841〜1919)
ファン・ゴッホ(1853〜1890)


【東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館】「ドービニー展」紹介アニメーション

この紹介動画はとても良く出来ていて予習にピッタリです。

基本的にドービニー作品で構成されていますが、必要に応じてバルビゾン派の作品なども並べて展示してあり、日本で初の「ドービニー展」として申し分のない内容です。


カミーユ・コロー《地中海沿岸の思い出
1873年頃 油彩/カンヴァス
57×73.5
ランス美術館
©Christian Devleeschauwer

展覧会の構成は以下の通りです。

序章:同時代の仲間たち
第1章:バルビゾンの画家たちの間で(1830〜1850)
第2章:名声の確立・水辺の画家(1850〜1860)
第3章:印象派の先駆者(1860〜1878)
第4章:版画の仕事



フィンセント・ファン・ゴッホ「ドービニーの庭」1890年
ひろしま美術館蔵
※「ドービニー展」には出展されていません。

バーゼル市立美術館やゴッホ美術館にも同じ庭を描いた作品が残されています。この庭こそドービニーの家の庭なのです。ゴッホが敬愛して止まなかったドービニーを亡くなる年に描きました。

バルビゾン派や印象派の展覧会に1,2枚紛れている程度の画家と思っていたら大間違いです。事実フランス国内ではドービニーの評価は美術史的に非常に高いものがあるそうです。


シャルル=フランソワ・ドービニー《ボッタン号
1869年頃 油彩/カンヴァス
171.5×147
フランス、個人蔵
©Archives Musées de Pontoise

この船に乗り込み、川を自由自在に行き来して水辺の風景を数多く描いたのです。有名なモネとルノワールがそれぞれ描いた「ラ・グルヌイエール」はドービニーをリスペクトした作品でもあるのです。

「クリムト展」とは違った意味で、まとめてドービニー作品を借り集めることは非常に難しいそうです。知名度の低さと難易度の高さの理由からこれまで展覧会が開催されませんでしたが、ようやく「ドービニー展」が実現しました。



待ってました!との声は上がらないかもしれません。でも、この展覧会を観ないと西洋絵画史のある部分が欠落したままになってしまいます。騙されたと思って新宿まで行ってみて下さい。

「シャルル=フランソワ・ドービニー展」は6月30日までです。是非!


「シャルル=フランソワ・ドービニー展」

会期:2019年4月20日(土)〜6月30日(日)
会場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
(東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階)
https://www.sjnk-museum.org/
主催:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、読売新聞東京本社
協賛:損保ジャパン日本興亜
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
協力:エールフランス航空
監修:ランス美術館 Exposition produite et gérée par le Musée des Beaux-Arts de la VILLE DE REIMS.
企画協力:ブレーントラスト


シャルル=フランソワ・ドービニー《ブドウの収穫
1863年頃 油彩/板
24.5×42.3
フランス、個人蔵
©Christian Devleeschauwer

美術館移転準備のため休館
休館日:2019年9月30日(月)〜 2020年2月14日(金)


日経おとなのOFF 2019年 6 月号

今月号で休刊です…

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5495

JUGEMテーマ:アート・デザイン



19世紀フランスを代表する風景画家シャルル=フランソワ・ドービニー(1817〜1878)の国内初の本格的な展覧会です。刻々と変化する水辺の情景を素早いタッチで描いたドービニーは、印象派の画家たちの指針となり、クロード・モネやフィンセント・ファン・ゴッホなど、次世代の画家たちに大きな影響をあたえました。

本展覧会では初期から晩年まで、ドービニーによる作品約60点、ならびにカミーユ・コロー、ギュスターヴ・クールベ、オノレ・ドーミエ、息子のカールといったドービニー周辺の画家たちによる作品約20点を展示します。フランスのランス美術館を中心に、国内外各地の美術館・個人が所蔵する作品で構成される展覧会です。
展覧会 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

アトリエを出て自然観察力で外光を或いは農村風景を点景としての繊細な人物描写と共に捉えた珠玉の作品群、葡萄園の風景も見事でした。確かに印象派及びポスト印象主義はこのバルビゾン派無しには産まれませんね。
pinewood | 2019/06/28 8:11 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/5495
この記事に対するトラックバック