青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ポーラ美術館開館以来初となる現代アートの展覧会「シンコペーション」 | main | 「みんなのミュシャ」展 スイーツビュッフェ >>

特別講座「夢の西洋美術史500年」

美術館に行くのが、もっと楽しくなる。特別講座「夢の西洋美術史500年」を5回連続講座として開催します。


https://courrier.jp/event/art500/

海外の美術館を訪れると、子供たちが絵の前に座り「絵画の見方」を教わっている光景をよく目にします。一方、日本ではそういう機会を一度も得ることなく社会人になってしまった人も少なくないようです。

そこで、クーリエ・ジャポンと、三菱一号館美術館は美術を体系的に学びたいビジネスパーソンに向けて「集中講座」を開講することにいたしました。

中世以降の西洋美術を5人の専門家から学んだ後、内覧会にお招きし、成果を実感していただく内容です。受講後は、きっと美術館を訪れることがこれまで以上に楽しくなるに違いありません。



https://courrier.jp/event/art500/

2016年に、講談社『クーリエ・ジャポン』主催で、「西洋美術」「日本美術」「現代美術」をもっと楽しむための連続セミナーを開催しました。
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4513

3講座とも司会進行役を務め、トーク後の懇親会で多くの方々から様々なご意見を伺ったなかで、最も多かったのが「西洋美術を体系的に学ぶ講座に参加したい」との要望でした。

今年に入り、講談社さんと開講に向け話を進める中で、可能ならば講座で学んだ知識をすぐに展覧会で活かせる形に持って行きたいとの結論に達し、白羽の矢を立てたのが三菱一号館美術館で10月30日から始まる「印象派からその先へ―」展でした。


印象派からその先へ ―世界に誇る吉野石膏コレクション
会期:2019年10月30日(水)〜2020年1月20日(月)
主催:三菱一号館美術館 https://mimt.jp/

講談社さん、三菱一号館さんそして自分の三者であれこれと意見を出し合い、幾多の苦難を乗り越え?!ようやく実現する運びとなったのが、今回の特別講座「夢の西洋美術史500年」です。

ビジネスに役立つとか、絵の見方が一目で分かるといった今流行りのライトな講座ではなく、大学で教鞭を執られていたり、美術館で学芸員を務めていらっしゃる方々に講師をお願いしました。

しかも、とびきりのこれ以上ないという人選です。(ここは大きな声で自慢したい!)西洋美術史をきちんと学びたい人にとってはまたとない貴重な機会だと思います。



【日時】
8月24日 (土)16:00-17:30 
中世─近代絵画に霊感を与えた伝統(講師:加藤磨珠枝 / 立教大学教授)

8月31日 (土)16:00-17:30 
バロック(講師:宮下規久朗 / 神戸大学大学院教授)

9月 7日 (土)16:00-17:30 
ロココ(講師:小林亜起子 / 東京藝術大学講師)

9月28日 (土)16:00-17:30 
新古典・ロマン主義〜マネ(講師:井口俊 / 昭和女子大学、立教大学非常勤講師)

10月 5日(土)16:00-17:30 
印象派〜マティス(講師:岩瀬慧 / 三菱一号館美術館学芸員)

10月29日(火)午後(時間未定)
『印象派からその先へ―世界に誇る吉野石膏コレクション』内覧会ご招待

※ 講座の開始時刻は16:00、終了時刻は17:30になります。
各回のモデレーターは人気の美術ブログ「青い日記帳」を主宰するTakが務めます。



全5回の講座と三菱一号館美術館の内覧会への招待がセットで破格の12000円!(※クーリエ・ジャポン会員は3,000円キャッシュバック)

この講師陣でこの受講料で本当に大丈夫なのかと、企画している自分でも心配になってしまいますが、やってしまうそうです。赤字覚悟で。

会場も大手町駅からすぐの3×3 Lab Futureという素敵な場所をご用意。定員100名で本日から申込スタートです。奮ってご参加下さい!


特別講座「夢の西洋美術史500年」

【会場】3×3 Lab Future
(千代田区大手町1-1-2 大手門タワー・JXビル1階)
http://www.33lab-future.jp/
【定員】100人
【主催】講談社クーリエ・ジャポン編集部、三菱一号館美術館
【協力】青い日記帳
https://courrier.jp/event/art500/

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5503

JUGEMテーマ:アート・デザイン



講演会 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2019/06/07 2:54 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/5503
この記事に対するトラックバック