青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< すみだ 5つの博物館めぐりガイド | main | あの「ソール・ライター展」が再び渋谷にやって来ます! >>

フリーア美術館の北斎展 特別ギャラリートークを行います。

アジア美術の宝庫として知られるフリーア美術館(米国ワシントンD.C.)は、晩年の北斎の肉筆画を多数所有していることが、近年テレビや書籍でも紹介され、日本での認知度も高まってきています。


https://www.freersackler.si.edu/

フリーア美術館は、創業者チャールズ・ラング・フリーア(1854-1919)の遺言により、そのコレクションを美術館の外に持ち出すことが出来ません。

このたび京都文化協会とキヤノンが推進する「綴プロジェクト」により、フリーア美術館が所蔵する北斎の肉筆画コレクションの中から13点の高精細複製画が制作され、すみだ北斎美術館が所蔵する約130点の関連作品と共に展示する、展覧会が開催されます。


葛飾北斎「玉川六景図」(通期)
フリーア美術館蔵
Original: Freer Gallery of Art, Smithsonian Institution, Washington, D.C.:Gift of Charles Lang Freer, F1904.204-205
※展示は高精細複製画となります。

日本では見ることができない北斎の肉筆画を、高精細複製画ならでは展示方法で構成する展覧会、北斎の大作「玉川六景図」屏風が、制作当時の構成順で再現されたのも見どころです。

この展覧会に合わせて来日したフリーア美術館 日本美術学芸員 フランク・フェルテンス氏に、不肖このTakが案内役として切り込む、特別内覧会(鑑賞会)を下記の概要で開催することといたしました。


葛飾北斎「源氏物語 早蕨図」(前期)
フリーア美術館蔵
Original: Freer Gallery of Art, Smithsonian Institution, Washington, D.C.: Gift of Charles Lang Freer, F1904.184
※展示は高精細複製画となります。

「綴プロジェクト」―高精細複製画で綴る−
スミソニアン協会フリーア美術館の北斎展
来日中のフリーア美術館学芸員による特別ギャラリートーク


日時:2019年6月25日(火)17:30〜19:00 (受付開始 17:15)
場所:すみだ北斎美術館
解説:フランク・フェルテンス(フリーア美術館 日本美術担当学芸員)
案内:Tak(青い日記帳)
参加費:無料
申込:メールアドレス freer@annex-inc.jp
フリーア美術館広報東京事務局 まで、名前、ブログ・SNS名URL(記載できるものは全て)、E-mailアドレス、電話番号をご記入の上、お申込下さい。
締切:2019年6月16日(日)まで
※先着順ではなく抽選となります。当選された方にはフリーア美術館広報東京事務局より当選のメールを送ります。

フランク・フェルテンス氏は、日本人よりも日本美術に精通している人物で、流暢な日本語でテンポよく解説をしてくれます。



参加者全員にフリーア美術館オリジナルクリアファイル(非売品)をプレゼントしてくれると約束してくれました!

そして、当日はスペシャルゲストも参加してくれるとの情報も入っています。こんな機会はまたとありません。お時間ある方、フリーア美術館の北斎展 特別内覧会に是非ご参加下さい!


葛飾北斎「波濤図」(通期)
フリーア美術館蔵
Original: Freer Gallery of Art, Smithsonian Institution, Washington, D.C.: Gift of Charles Lang Freer, F1905.276
※展示は高精細複製画となります。

「「綴プロジェクト」ー高精細複製画で綴るースミソニアン協会フリーア美術館の北斎展」では、六曲一双の大作「玉川六景図」に関する詳細な研究をはじめ、フリーア美術館所蔵の肉筆画の「波濤図」(※展示は高精細複製画)と、すみだ北斎美術館所蔵の版画の「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」の波の表現を比較展示するなど、最先端のデジタル技術と本物の作品の競演を通じ、北斎芸術の神髄に迫ります。


葛飾北斎「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」(通期)
作品を替えて通期で展示
すみだ北斎美術館蔵


「綴プロジェクト」ー高精細複製画で綴るースミソニアン協会フリーア美術館の北斎展

会期:2019年6月25日(火)〜8月25日(日)
 前期:6月25日(火)〜7月28日(日)
 後期:7月30日(火)〜8月25日(日)
※前後期で一部展示替えを実施
※休館日:毎週月曜日
会場:すみだ北斎美術館(墨田区亀沢2-7-2)
http://hokusai-museum.jp/
主催:文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会、墨田区・すみだ北斎美術館
特別協賛:キヤノン
特別協力:スミソニアン協会フリーア美術館
協力:京都文化協会


北斎の肉筆 HOKUSAI's Brush -スミソニアン協会フリーア美術館コレクション


フリーア美術館: アメリカが出会った日本美術の至宝

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5509

JUGEMテーマ:アート・デザイン



イベント | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/5509
この記事に対するトラックバック