青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< あの「ソール・ライター展」が再び渋谷にやって来ます! | main | 『原田マハの印象派物語』 >>

【祝・開館20周年】諸橋近代美術館

磐梯朝日国立公園内にある諸橋近代美術館が今年で開館20周年を迎えたそうです。

福島の個性派美術館へ。世界規模のダリ美術館は必見!


http://dali.jp/

諸橋近代美術館は、サルバドール・ダリの作品を日本一多く所蔵している美術館として、世界的に見ても、非常に充実したダリコレクションを有しています。

シュルレアリスム好き、ダリ好きであれば諸橋近代美術館を何度も訪れていることでしょう。冬は雪に閉ざされてしまうような、決して交通の便の良くない立地にも関わらず、毎年毎年ダリやシュルレアリスムの企画展を20年に渡り開催してきたことは、称賛に値します。


Dear Ms.Crook 〜パメーラ・ジューン・クルック展〜」より、英国の現代芸術家パメーラ・ジューン・クルックのコメント。

【深イイ話】まさに白馬に乗った王子様!とある美術館のかっこ良すぎるエピソードが海外で話題に

こちらでも紹介しましたが、諸橋近代美術館はダリ以外にも積極的に現在活躍するアーティストを支援しているのです。これは中々出来ることではありません。

現在、20周年記念展の第一弾として、6月23日まで「シュルレアリスムとダリ」展を開催しています。そして7月13日からは第二弾展が控えており、こちら是非とも拝見したい内容となっています。


【開館20周年記念展 vol.2】四次元を探しに ダリから現代へ

会期:2019年7月13日(土)〜11月24日(日)
※9:30〜17:30(最終入館は30分前)
※11月は閉館が30分早まります。
ダリ×11人の現代アーティスト+はじまりの美術館
晩年のサルバドール・ダリ(1904-1989)はDNAや原子物理学に強い関心を抱き、反物質世界の表現への旺盛な探究心を決して失うことはありませんでした。また、彼は自著において「すでに現代絵画以降に、勇気あるグループが、全速力で絶対無つまり神秘主義前派的精神状態にとっての条件の縁に突進した」と書いています。ダリ芸術の主要素である心理分析、多重的形象、不可視的領域は、やがて神秘主義的精神性を帯びながら次元を超越するであろうと予見しているかのようです。本展はこの言葉を手掛かりに、ダリをメインとする当館コレクションと現代美術が織り成す新たな美のエネルギー領域を探しに行こうとする試みです。
はじまりの美術館と諸橋近代美術館は一日で観てまわれます。こちらを参考にして下さい。

福島の個性派美術館へ。世界規模のダリ美術館は必見!


サルバドール・ダリ「テトゥアンの大会戦
諸橋近代美術館

テレビ東京「新美の巨人たち」でもこの作品は大きく取り上げられました。
≪6/15放送内容(BSテレ東は6/22放送)≫
サルバドール・ダリ『テトゥアンの大会戦』×シシド・カフカ
https://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/
今回の放送では、ダリの作品を300点以上所蔵する福島の諸橋近代美術館を、シシド・カフカさんが訪ねます。ダリが自らの人生全てを描き込んだと言われる大作『テトゥアンの大会戦』(1962年作)を絵解きしていくと、妻ガラとの美しくも哀しい愛の物語が浮かび上がります。ガラによって才能を開花させたダリが、名声を得て成功していくまで。そしてガラの裏切りに会い嫉妬に苛まれていく後半生が、一枚の中に生々しく刻み込まれているのです。


なお、この番組でこれまで長く行方知らずだった、ダリの傑作絵画「ロートレアモンのカマキリの人肉食」(1934年頃作)の独占映像がテレビ初公開となりました。

研究者の間ではその存在を知られながら、行方不明となっていた幻の名品です。



ダリの残した記録をもとに、以前から研究者の間ではこの絵の存在が知られていましたが、1970年頃から実物は行方不明となっていました。それが日本で発見されたのは2015年。

ダリ研究の第一人者・村松和明さんが執筆のために国内のダリ作品を調べていく中で、個人蔵となっていたこの幻の名品に行き当たったのです。

発見後も、展覧会に出品されることなく、図版として印刷物でのみ紹介されてきたため、現物を目にした人は極めて限られています。



驚くのはそのサイズ。縦6.7cm、横5.2cmという、名刺よりも小さいサイズのパネルに、ダリ独特の精細な描写で、超現実の世界が描かれています。

実はこの作品の背景には、ダリの愛妻ガラのアドバイスがありました。ダリのミューズでもあったガラは「あなたの強みとする細密描写で闘っていくべき」とアドバイスをしたそうです。

現存するダリ作品の中でも最小規模の油彩というこの作品に、ダリとガラの強い絆が凝縮されているのです。



この作品もいずれ諸橋近代美術館で他の多くのダリ作品に囲まれ、公開される日が来ることでしょう。

諸橋近代美術館には、計340点ものダリ作品を所蔵されています。その中でもダリが手掛けた彫刻は39点所蔵しており、これはアジア最大の規模を誇ります。

音声ガイドも無料なので、美術に詳しくなくても、展示を十分に楽しめるのもポイントです。

今年の夏休みの予定に諸橋近代美術館を入れましょう。会津磐梯高原の雄大な自然に囲まれた一度は訪れたいそれはそれは美しい美術館です。(周辺観光のご案内


諸橋近代美術館
http://dali.jp/

住所:〒969-2701 福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ヶ峯1093番23
電話:0241-37-1088


ミュージアムカフェ

諸橋近代美術館とそのカフェは拙著で紹介しています!


カフェのある美術館 感動の余韻を味わう

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5512

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/5512
この記事に対するトラックバック