青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 日本万国博覧会(EXPO‘70)記念切手 | main | 「塩田千春展」 >>

「PIXARのひみつ展」

六本木ヒルズ展望台 東京シティビューで開催中の
「PIXARのひみつ展 いのちを生み出すサイエンス」に行って来ました。


https://www.tokyocityview.com/pixar-himitsu-ten/

ノートの端っこに描いたパラパラ漫画のように、セル画を一枚一枚描き色を塗って一本のアニメ作品を作る工程は、昔々のお話となりつつあります。

CGアニメーションは、セル画のそれには動きや表現等で勝てないと言われていましたが、それももう過去のこと。



キャラクターの微妙な腕の動きなど簡単にモニター内で作られ、そして自由自在に動かせてしまいます。

勿論、色や形、光のあたり加減なども自由自在です。「トイ・ストーリー」「モンスターズ・インク」「カーズ」などの個性豊かなキャラがどのように生み出されたのかを学べる展覧会です。


モデリング

実際のアニメーション制作のカギとなる8つの工程を通してPIXARアニメーションを支える科学について学べるハンズオン展示です。

この説明が観に行くまでイマイチよく分からなかったのですが、百聞は一見に如かずとはまさにこのこと。会場へ一歩足を踏み入れると、そこかしこにハンズオンが用意されています。


ハンズオン展示体験の様子

丁寧な解説もなされているのですが、まずは実際にやってみることがこの展覧会の鍵。操作しながら、なるほど〜とアニメ作りを知っていくのです。

ウォルト・ディズニー関連の展覧会これまでも数多く見てきましたが、「ピクサーの秘密展」は別格です。原画などは展示されていませんが、それこそ映画製作の「秘密」が目の前にわんさかあるのです。


ウォーリー

展覧会で体験できるアニメーション制作のカギとなる8つの工程

モデリング:3Dモデルでキャラクターの形をつくる
リギング:キャラクターを動かす筋肉や関節をつくる
サーフェイス:髪や服などの外見を決める
セット&カメラ:物語の世界を撮影する
アニメーション:キャラクターを動かしてみる
シミューレーション:キャラクターの髪や服を動かす
ライティング:昼や夜などの明りを調整する
レンダリング:映画館などで楽しめる状態にする




アメリカとカナダで150万人以上(合計8箇所)を動員しただけのことはあります。一つ一つの工程をトライしていくと2時間はかかるのではないでしょうか。

こんな面白い展覧会ならもっと早くに行っておけばよかったとちょっと後悔したほどです。



展示会場内は写真撮影可能です。土日は流石に混雑しているようなので、平日もし行ける日があれば是非。

アニメーションの概念ががらりと変わります。そして惜しげもなく「ひみつ」を見せ体験さえてしまうピクサー畏るべし……

「PIXARのひみつ展」は9月16日までです。休館日はありません!


「PIXARのひみつ展 いのちを生み出すサイエンス」

会期:2019年4月13日(土)〜 9月16日(月・祝)
※会期中無休
会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)
https://tcv.roppongihills.com/jp/
開館時間:10:00〜22:00(最終入場21:30)
主催:東京シティビュー、NHKプロモーション
企画制作:ドリームスタジオ
特別協力:ウォルト・ディズニー・ジャパン
協賛:ハウス食品グループ ロート製薬
後援:J-WAVE 81.3FM
https://www.tokyocityview.com/pixar-himitsu-ten

「PIXARのひみつ展」はボストンサイエンスミュージアムがPIXARとの協力により開発したものです。
The Science Behind Pixar was developed by the Museum of Science, Boston in collaboration with Pixar Animation Studios. © Disney/Pixar. All Rights Reserved. Used Under Authorization.


ピクサー クロニクル全史』 (DISNEY FAN MOOK)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5517

JUGEMテーマ:アート・デザイン



六本木ヒルズ展望台 東京シティビューは、2019年4月13日(土)〜9月16日(月・祝)までの期間にて、ピクサー・アニメーション・スタジオの映画を生み出す「技法と科学」に迫る展覧会『PIXARのひみつ展 いのちを生み出すサイエンス』を開催します。

本展は、『The Science Behind PIXAR』と題して2015年にボストンサイエンスミュージアムで初開催され、その後アメリカおよびカナダで140万人以上(合計8箇所)を動員した展覧会で、今回の東京シティビューでの開催は、アジア初となります。

『PIXARのひみつ展 いのちを生み出すサイエンス』は、実際のアニメーション制作のカギとなる8つの工程を通してPIXARアニメーションを支える科学について学べるハンズオン展示です。モデリングやリギング、アニメーションといった専門的な知識や技術を、『トイ・ストーリー』や『ファインディング・ニモ』などPIXARアニメーションの人気キャラクターを使って体験することができ、自由研究などにもお勧めです。
展覧会 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/5517
この記事に対するトラックバック